Excelユーザーフォーム入門 | 第4回.コントロールの位置・サイズ調整 | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第4回.コントロールの位置・サイズ調整


とりあえず、OKボタンを追加しましょう。

「閉じる」ボタンも移動させましょう。


ツールボックスが非表示になっている場合は、

「表示」→「ツールボックス」で表示させて下さい。

コマンドボタンを追加して、

オブジェクト名:btnOk
Caption:OK


として下さい。



まず、サイズにしろ位置にしろ、グリッド線に合わせて自動的に調整されますよね。

このグリッド線の間隔や、自動的にグリッド線に合わせられているのは、

オプションで指定が可能です。

「ツール」→「オプション」→「全般」



これは、説明は不要でしょう、見たままなので、ここで変更して下さい。

ただし、特段変更の必要はありません、プロパティで細かく指定できますので。

標準では6twipになっているかと思います。

ここの数値は、好きな間隔で良いと思います。


さて、どうも、2つのボタンのサイズも、位置もバラバラですよね。

頑張って、マウスで調整しても良いのですが、

簡単に合わせる事が出来ます。

合わせたいボタンの

HeightWidthの数値を、合わせるボタンのプロパティに設定して下さい。

上位置も同様に、Topプロパティの数値を一致させれば良いです。




複数のコントロールに設定する場合は、

ドラッグで範囲指定して複数のコントロールを選択するか、

Ctrlを押しながら、次々にコントロールをクリックして複数のコントロールを選択します。

そして、プロパティを変更すると、選択されているコントロールが全て一括で指定可能です。

サイズ・位置調整は、このようにすれば簡単に合わせられます。

なお、複数のコントロールを選択した状態でのプロパティ表示は、

全てのコントロールが同一値の場合のみ、値が表示されています。

従って、プロパティが空欄の場合は、値の違うコントロールがあると言う事になります。

プロパティ値を設定する事で、選択されているコントロール全てに同一値が設定され、

そのプロパティ値が表示されるようになります。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第1回.ユーザーフォームを挿入
第2回.フォームのプロパティ
第3回.コントロールの追加(コマンドボタン)
第5回.ラベルの追加
第6回.テキストボックス(TextBox)の追加
第7回.テキストボックス(TextBox)の値をセルへ
第8回.セルの値をテキストボックスへ
第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しT
第10回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しU
第11回.コンボボックス(ComboBox)の追加

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)
APIとOLEオートメーション|MOS VBAエキスパート対策(3月11日)
エラーへの対処|MOS VBAエキスパート対策(3月10日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.まずはマクロVBAを使う準備|ExcelマクロVBA入門
10.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • コントロールの位置・サイズ調整

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP