ユーザーフォーム入門
第1回.ユーザーフォームを挿入

Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説
最終更新日:2019-12-15

第1回.ユーザーフォームを挿入


ユーザーフォーム入門として基礎から解説します。
まずは、ユーザーフォームの挿入です。


ユーザーフォームの挿入手順

メニユーの「挿入」→「ユーザー フォーム」

VBA マクロ ユーザーフォーム

または、
左ウインドウのプロジェクト内を右クリックし、「挿入」→「ユーザー フォーム」

VBA マクロ ユーザーフォーム

「UserForm1」が挿入されます。

VBA マクロ ユーザーフォーム

これがユーザーフォームです。
サイズはドラッグで変更できます。

「ツールボックス」は、このフォームに配置する部品が並んでいるものです。

もし、「ツールボックス」が消えている場合は、
メニューの「表示」→「ツールボックス」で表示してください。
ツールボックスの使い方については、次回以降に順に説明していきます。

とにもかくにも、これでユーザーフォームが作られました。
ただし、何も機能の無い、ただのフォームだけですが・・・
それでも、これでユーザーフォームが出来た事に間違いはありません。

ユーザーフォームの表示方法

それでは、このユーザーフォームを表示してみましょう。
標準モジュールを追加して、以下のプロシージャーを作って下さい。

Sub FormShow()
  UserForm1.Show
End Sub

「UserForm1」が、先に作成したユーザーフォームの名前です。
.Show
これは、フォームを表示するメソッドになります。
それでは、このプロシージャーを実行してみましょう。

VBA マクロ ユーザーフォーム

このように表示されたはずです。

ボタンも何も配置してませんので、何も出来ませんが・・・
とりあえずは、右上の「×」で閉じて下さい。

プロパティの変更

名前が「UserForm1」では、あまりにそっけない。
何かそれらしい名前を付けましょう。


左下(場所が違う人もいると思いますが)のプロパティで変更します。
プロパティが表示されていない場合は、
「表示」→「プロパティ」・・・ショートカットはF4です。

マクロ VBA サンプル画像

ここの、(オブジェクト名)に好きな名前を入れます。
プリフィックスを付けておくと、後で管理しやすくなります。
frmSample
このように頭3文字を固定文字にして、その後に名前を付けてみてください。
また、
Captionには、ユーザーフォームのタイトルバーの表示文字を指定します。
ここではとりあえず、「サンプル」としてみます。

VBA マクロ ユーザーフォーム

このように指定して下さい。

ユーザーフォームを表示して確認

ユーザーフォームの名前を変更したので、標準モジュールも変更します。

Sub FormShow()
  frmSample.Show
End Sub

では実行してみましょう。

VBA マクロ ユーザーフォーム

タイトルが変わりました。


今回はここまでです。
次回は、(オブジェクト名)以外のプロパティについて詳しく解説します。
ではまた次回お会いしましょう。




同じテーマ「ユーザーフォーム入門」の記事

第1回.ユーザーフォームを挿入
第2回.フォームのプロパティ
第3回.コントロールの追加(コマンドボタン)
第4回.コントロールの位置・サイズ調整
第5回.ラベルの追加
第6回.テキストボックス(TextBox)の追加
第7回.テキストボックス(TextBox)の値をセルへ
第8回.セルの値をテキストボックスへ
第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しⅠ
第10回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しⅡ
第11回.コンボボックス(ComboBox)の追加


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ