Excelユーザーフォーム入門 | 第1回.ユーザーフォームを挿入 | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第1回.ユーザーフォームを挿入


とにかく、まずは、ユーザーフォームの挿入です。



すると


このようになります。


これがユーザーフォームです。

サイズはドラッグで変更できます。

「ツールボックス」は、このフォームに配置する部品が並んでいるものですので、

次回以降に、徐々に説明していきます。

ともかくこれで、ユーザーフォームが作られました。

何も機能の無い、ただのフォームですが、

それでも、これでユーザーフォームが出来た事に間違いはありません。

では、このユーザーフォームを表示してみましょう。

標準モジュールを追加して、以下のプロシージャーを作って下さい。

Sub FormShow()
  UserForm1.Show
End Sub

それでは実行してみましょう。



このように表示されたはずです。

ボタンも何も配置してませんので、何も出来ないですけど(笑)

まあ、右上の「×」で閉じて下さい。

名前が「UserForm1」では、あまりにそっけない。

何か名前を付けましょう。

左下(場所が違う人もいると思いますが)のプロパティで変更します。

プロパティが表示されていない場合は、

「表示」→「プロパティ」・・・ショートカットはF4です。



ここで、

(オブジェクト名)に、好きな名前を入れます。

私は、プリフィックスを付けて、
frmSample
このように定義する事が多いです。

また、

Captionには、タイトルバー(青いヘッダー部分)の表示文字を指定します。

まあ、とりあえず、「サンプル」とします。



このように指定して下さい。

では、標準モジュールも変更して、

Sub FormShow()
  frmSample.Show
End Sub


では実行してみましょう。



タイトルが変わりました。

今回はここまで、ではまた次回にお会いしましょう。




同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第2回.フォームのプロパティ
第3回.コントロールの追加(コマンドボタン)
第4回.コントロールの位置・サイズ調整
第5回.ラベルの追加
第6回.テキストボックス(TextBox)の追加
第7回.テキストボックス(TextBox)の値をセルへ
第8回.セルの値をテキストボックスへ
第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しT
第10回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しU
第11回.コンボボックス(ComboBox)の追加

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
Colorプロパティの設定値一覧|VBA技術解説(3月12日)
APIとOLEオートメーション|MOS VBAエキスパート対策(3月11日)
エラーへの対処|MOS VBAエキスパート対策(3月10日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門



  • >
  • >
  • >
  • ユーザーフォームを挿入

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP