ユーザーフォーム入門
セルの値をテキストボックスへ

Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説
最終更新日:2019-12-15

第8回.セルの値をテキストボックスへ


ユーザーフォーム入門として基礎から解説します。
フュームのテキストボックスにワークシートのセル値を表示します。
シートの実行ボタンを押下したら、アクティブセルの行の値をフォームに表示してみましょう。


Initializeイベントプロシージャーの追加

フォームのコードを表示しましょう。
右クリックします。

VBA マクロ ユーザーフォーム

フォーム上で右クリックでも良いです。
または、
「表示」→「コード」・・・ショートカットはF7です。

では、ここで、フォームのInitializeイベントを追加します。

VBA マクロ ユーザーフォーム

このUserFormをクリックすると、



Private Sub UserForm_Click()

End Sub

勝手にClickのイベントプロシージャーが追加されます。
目的のInitializeイベントではないですね。
右上のイベント選択でInitializeを選択します。

VBA マクロ ユーザーフォーム

これで、Initializeイベントが追加されます。

Private Sub UserForm_Initialize()

End Sub

UserForm_Clickは不要なので、削除しておきましょう。

InitializeイベントプロシージャーのVBAコード

では、このUserForm_Initializeを以下のように変更して下さい。



Private Sub UserForm_Initialize()
  Dim i As Long
  With Worksheets("顧客マスタ")
    i = ActiveCell.Row
    Me.txtコード.Text = .Cells(i, 1)
    Me.txt漢字名称.Text = .Cells(i, 2)
    Me.txtカナ名称.Text = .Cells(i, 3)
  End With
End Sub

これで、アクティブセルの行の内容がフォームに表示されたはずです。
前回作成した、

Private Sub btnOk_Click()
  Dim lastRow As Long
  With Worksheets("顧客マスタ")
    lastRow = .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row + 1
    .Cells(lastRow, 1) = Me.txtコード.Text
    .Cells(lastRow, 2) = Me.txt漢字名称.Text
    .Cells(lastRow, 3) = Me.txtカナ名称.Text
  End With
  Unload Me
End Sub

この代入方向を逆にしただけですね。
ここまでが、ユーザーフォームの基本になります。
後は、いろいろなコントロールの使い方を覚えれば良いです。

しかし、ActiveCell.Rowをフォーム側で使うのは、どうもスマートではないです。
なんとなく、いやな感じがします。
こういActive○○というような特殊なオブジェクトはなるべく使わないようにVBAを作成したいところです。

各モジュール間でのデータ受け渡し方法

ここまでラベルとテキストボックスについて説明しましたが、コントロールはまだまだ沢山あります。
しかし、他のコントロールの説明に入る前に、
フォームモジュール、標準モジュール、シートモジュール、
それぞれの間でのデータの共有方法、データの受け渡し方法をやります。

書籍やネットでは、なかなか書いてない方法も含めて、かなり高度な使い方まで踏み込みます。
ここを覚えてしまえば、各コントロールの使い方は、それほど難しいものではありません。



同じテーマ「ユーザーフォーム入門」の記事

第5回.ラベルの追加
第6回.テキストボックス(TextBox)の追加
第7回.テキストボックス(TextBox)の値をセルへ
第8回.セルの値をテキストボックスへ
第9回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しⅠ
第10回.標準モジュールとフォーム間のデータ受け渡しⅡ
第11回.コンボボックス(ComboBox)の追加
第12回.リストボックス(ListBox)の追加
第13回.チェックボックス(CheckBox)の追加
第14回.オプションボタン(OptionButton)の追加
第15回.ここまでの整理と全VBA


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法|VBA技術解説(2022-12-14)
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ