Excelユーザーフォーム入門
第18回.2段階コンボボックス

Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説
最終更新日:2013-09-04

第18回.2段階コンボボックス


2段階コンボボックスを作成します。


1つのコンボボックスの選択内容により、次のコンボボックスのリストを変更します。


ワークシートのセルの入力規則で実施する場合は、

入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成1
一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、「リスト」の選択結果により、となりの「リスト」の内容を自動で変化させます、さらに、一覧リストへの追加・削除に自動対応させるものです。入力規則のリストを、追加・削除に自動対応で作成一覧リストを使用して、「入力規則」,Excel関数の解説
入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成2
一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、「リスト」の選択結果により、となりの「リスト」の内容を自動で変化させます、「入力規則のリストを、2段階の絞り込みで作成1」こちらのリストの縦横を入れ替えたパターンになります。入力規則のリストを、追加・削除に自動対,Excel関数の解説

こちらを参考にして下さい。


では、業種のコンボボックスを以下のように作成します。

シート「業種マスタ」に以下のようなデータがあるとします。
Excelサンプル画像

このデータをもとに、コンボボックスを作成します。

Excelサンプル画像

最初のコンボボックスに、

業者A、業者B、業者C、業者D、業者E

このリストを追加し、コンボの選択内容により、

次のコンボのリストを変更します。

最初のコンボがcmb業種1、次のコンボがcmb業種2とします。

最初のコンボボックスを変更するたびに、ワークシートへアクセスするのは避けたいところです。

そこで、シート「業種マスタ」の内容を配列として取り込んで置きます。

その為の、モジュールレベル変数を定義します。

Private ary業種

Private Sub UserForm_Initialize()
  ・・・(省略)・・・
  
  ary業種 = Worksheets("業種マスタ").Cells(1, 1).CurrentRegion
  Dim i As Long
  With Me.cmb業種1
    .Clear
    For i = 1 To UBound(ary業種, 2)
      .AddItem ary業種(1, i)
    Next
  End With
End Sub

最初の


ary業種 = Worksheets("業種マスタ").Cells(1, 1).CurrentRegion

これで、配列として取り込んでおきます。

後は、配列の1行目(配列としては、1次元が1で)をコンボボックスのリストに追加します。

次に、

Private Sub cmb業種1_Change()
  Dim i As Long
  Dim j As Long
  j = Me.cmb業種1.ListIndex + 1
  With Me.cmb業種2
    .Clear
    For i = 2 To UBound(ary業種, 1)
      If ary業種(i, j) <> "" Then
        .AddItem ary業種(i, j)
      End If
    Next
  End With
End Sub

最初のコンボの選択位置をもとに、配列の2次元位置を決定しています。


ここは、処理内容により、いろいろやり方はありますが、

連続していることが前提ですし、最初に配列にいれているので、

Me.cmb業種1.ListIndexを使用して配列の2次元位置を取得するのが、この場合は最も簡単だと思います。


Clearメソッドについて

これを忘れてしまう事が時にあります。

これを入れないと、リストがどんどん増えていってしまいます。

AddItemを使う場合は、無条件で最初に入れるようにしましょう。

UserForm_Initializeは、この場合は1回しか動作しないので、

cmb業種1.Clearメソッドは無くても問題ないのですが、

無条件に実行するようにしておい方が良いでしょう。

コピペで他で使用する場合等も気にしなくて済みますので。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

コンボボックス(ComboBox)の追加
リストボックス(ListBox)の追加
チェックボックス(CheckBox)の追加
オプションボタン(OptionButton)の追加
ここまでの整理
アクティブコントロールに色を付ける
Enterキーで次のコントロールに移動する
2段階コンボボックス
テキストボックス数値編集
テキストボックスの各種イベント
ユーザーフォームの各種イベント

新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)
クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)|VBA技術解説(4月6日)
VBAでのタイマー処理(SetTimer,OnTime)|VBA技術解説(4月3日)
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理|VBA技術解説(4月2日)
エクセルの日付と時刻のまとめ|エクセル関数超技(3月6日)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
2.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 2段階コンボボックス

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ