Excelユーザーフォーム入門 | 第17回.Enterキーで次のコントロールに移動する | Excelマクロのユーザーフォームの基礎、エクセルVBAの入門解説



最終更新日:2013-02-18

第17回.Enterキーで次のコントロールに移動する


Enterキーの押下で、(タブ順が)次のコントロールに移動してほしいものです。

テキストボックスは、Enterキー押下で次のコントロールに進みます。

(MultiLineの場合は、テキストないの改行となります。)

しかし、他のコンボボックス・リストボックス・チェックボックス・オプションボタンでは、

Enterキーでは、次のコントロールに進みません。

実際に操作してみると、やはり違和感がありますね。

Windowsの規定では、Tabキーで次に進む事になっていますが、

やはり、Enterキーで進んだ方が操作性が良いと思います。

では、そのコードを実装してみましょう。

テキストボックスは、元々Enterキー押下で次のコントロールに進みますので、

その他のコントロールについてのみ記述を追加します。

Private Sub cmb区分_KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger, ByVal Shift As Integer)
  If KeyCode = vbKeyReturn Then
    Me.lst都道府県.SetFocus
  End If
End Sub
Private Sub lst都道府県_KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger, ByVal Shift As Integer)
  If KeyCode = vbKeyReturn Then
    Me.opt企業.SetFocus
  End If
End Sub
Private Sub opt企業_KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger, ByVal Shift As Integer)
  If KeyCode = vbKeyReturn Then
    Me.opt個人.SetFocus
  End If
End Sub
Private Sub opt個人_KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger, ByVal Shift As Integer)
  If KeyCode = vbKeyReturn Then
    Me.chk休止.SetFocus
  End If
End Sub
Private Sub chk休止_KeyDown(ByVal KeyCode As MSForms.ReturnInteger, ByVal Shift As Integer)
  If KeyCode = vbKeyReturn Then
    Me.btnOk.SetFocus
  End If
End Sub

特に解説も必要ないでしょう。

KeyDownイベントで、KeyCodeがEnterキー(Returnキー)かの判定をして、

Enterキーの場合は、次のコントロールにSetFocusしてやる
だけです。

細かい話としては、Shiftキー押下を判定して、Shiftキーが押されている場合は、

前のコントロールに戻るようにしてやる事もありますが、

その場合は、テキストボックスにも同様に、

Shiftキーが押されている場合の処理を書く必要があります。

試しにやってみるのも良いでしょう。


また、キー押下の判定を、

KeyPressイベントに入れているコードを見かける事もあります。

Private Sub cmb区分_KeyPress(ByVal KeyAscii As MSForms.ReturnInteger)
  If KeyAscii = 13 Then
    Me.lst都道府県.SetFocus
  End If
End Sub

こんな感じですね。

まあ、これでも正しく動作しますが、先々Shiftキー押下の判定もできませんので、

やはり本来は、KeyDownイベントで処理した方が良いでしょう。





同じテーマ「Excelユーザーフォーム入門」の記事

第11回.コンボボックス(ComboBox)の追加
第12回.リストボックス(ListBox)の追加
第13回.チェックボックス(CheckBox)の追加
第14回.オプションボタン(OptionButton)の追加
第15回.ここまでの整理
第16回.アクティブコントロールに色を付ける
第17回.Enterキーで次のコントロールに移動する
第18回.2段階コンボボックス
第19回.テキストボックス数値編集
第20回.テキストボックスの各種イベント
第21回.ユーザーフォームの各種イベント

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致|エクセル関数超技(10月5日)
エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
10.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • Enterキーで次のコントロールに移動する

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP