ExcelマクロVBA入門
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)

Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-14

第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)


他のブック中にあるプロシージャー(Sub,Function)を実行する場合は、Application.Runメソッドを使います。
別々に作成されたマクロVBAの入ったブックを連携させる時には必須になります。


Application.Runメソッド

マクロの実行または関数の呼び出しを行います。
Application.Run(Macro, Arg1, Arg2, Arg3, ・・・, Arg30)



Macro オプション 実行するマクロを指定します。

他ブックのマクロの場合は、
ブック名!プロシージャー名

と指定します。
Arg1-Arg30 オプション 関数に渡す引数を指定します。

このメソッドの引数では、名前付き引数は使用できません。
Run メソッドは、呼び出したマクロが返す値をそのまま返します。

プロシージャーに渡すことができる引数は最大30個までとなっています。
Call Application.Run(ブック名!プロシージャー名, 引数1, 引数2, 引数3, ・・・, 引数30)

Application.Runの使用例

Book1.xls

Sub test1(arg1 As String)
  MsgBox arg1
End Sub

Book2.xls



Sub test2()
  Call Application.Run("Book1.xls!test1", "ブック間のマクロテスト")
  'または
  'Application.Run "Book1.xls!test1", "ブック間のマクロテスト"
End Sub

tset2を実行すると、
「ブック間のマクロテスト」
と、メッセージボックスに表示されます。

マクロ VBA 他ブックのマクロ起動

Application.Runの必要性

本来は、このようなブック間でプロシージャーを起動することは、あまり望ましい状態ではありません。
ブックの依存関係(親子関係)をしっかり設計して、動作順を考慮しておけばApplication.Runを使う必要性はかなり減らせるはずです。
例えば、ブックのイベントを使用して開いたときに実行する等での対応という事になります。
第124回.Workbookのイベントプロシージャー
Workbookのイベントプロシージャーは、ブックに対し特定の操作(これがイベント)が行われた時に実行されます。イベントは、手動でもVBAでも、どちらで操作が行われても発生します。Workbookのイベントは多数用意されています。
とはいえ、
後から追加していく形でシステムを拡張していったりとか、相応に大きなシステムになれば、
どうしてもこのような手段が必要になってくるものです。
そのような時のためにも、必ず抑えておきたい機能になります。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第122回.Shell関数
第123回.APIについて(Win32API)
第124回.Workbookのイベントプロシージャー
第125回.Worksheetのイベントプロシージャー
第126回.入力規則(Validation)
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)
第128回.マクロをショートカットで起動(OnKeyメソッド)
第129回.レジストリの操作(SaveSetting,GetSetting,GetAllSettings,DeleteSetting)
第130回.テーブル操作の概要(ListObject)
第131回.テーブル操作のVBAコード(ListObject)
第132回.その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • 他のブックのマクロを実行(Runメソッド)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ