VBA入門
第131回.テーブル操作のVBAコード(ListObject,DataBodyRange)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2020-09-01

第131回.テーブル操作のVBAコード(ListObject,DataBodyRange)


VBA テーブル ListObject

テーブル操作の具体的なVBAコードをパターン別に掲載します、


テーブルの全体的な構成は
・テーブル全体
・見出し行
・データ範囲
・集計列
・集計行
VBAでは、これらのオブジェクトを使い各要素にアクセスします。
テーブル全体のオブジェクトがListObjectで、
シート内に複数テーブルが作成可能なので、
シート内のListObjectのコレクションがListObjectsになります。

ListObjectsおよびListObjectのメンバー一覧(メソッド、プロパティ)については前回の、
第130回.テーブル操作の概要(ListObject)
テーブルのVBAでの操作で使用するオブジェクトの概要の説明です、テーブルは、セルの範囲を表(テーブル)に変換することで、関連するデータの管理と分析を容易にできるエクセルの機能で、以前はリストと呼ばれていました。テーブルを作成して書式設定することで、データを視覚的にグループ化して分析しやすくできます。
こちらを参照してください。

全体目次

テーブル操作のVBAサンプル使用例
テーブルに設定
テーブルスタイル一覧
テーブルの存在確認
テーブルを範囲に変換
テーブルの範囲を再設定
テーブルのセルに値を入れる
テーブルのセルの数式変更
テーブルの行・列のクリア
テーブルの列の数式設定
テーブルの行挿入・削除
テーブルの列挿入・削除
テーブルのオートフィルター
テーブルの並べ替え(ソート)
テーブルの集計行挿入・削除・非表示
テーブルの右端に集計列追加
テーブルに新しい行列を含めない
テーブルの使い方の基本
テーブル全件処理とデータ最終行(DataBodyRange) ・・・ 後日追加の別ページ
テーブルの全件処理と実際にデータが入っている最終行の取得について具体的なVBAを掲載します。注意点として、最新の365でテーブルが拡張されないパターンについても説明しておきます。テーブルの全体的な構成は ・テーブル全体 ・見出し行 ・データ範囲 ・集計列 ・集計行 VBAでは、これらのオブジェクトを使い各要素にアクセスします。

テーブル操作のVBAサンプル使用例

細かい説明は必要ないでしょう。
テーブル全体(ListObject)、行(ListRow)、列(ListColumn)
これらを意識して順にたどるように記述していくことで目的のオブジェクトにたどり着けます。
実際に動かして(時にステップイン(F8)で)確認してみましょう。

VBAサンプルとして意図的にいろいろな書き方をしていますので、VBAコードの書き方の参考にしてください。

以下では、基本的にはB2セル起点のセルの範囲を想定してVBAコードを書いていますが、
セル位置の指定は、適宜読み替えてください。

VBA テーブル ListObject

テーブルに設定

Sub テーブルに設定()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects.Add(xlSrcRange, ws.Range("B2").CurrentRegion, , xlYes)
  tbl.Name = "テーブル1"
  tbl.TableStyle = "TableStyleLight2"
End Sub

Sub テーブルに設定_汎用()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = fncテーブル化(ws.Range("B2").CurrentRegion)
  If Not tbl Is Nothing Then
    tbl.Name = "テーブル1"
    tbl.TableStyle = "TableStyleLight2"
  End If
End Sub

Function fncテーブル化(ByVal argRange As Range) As ListObject
  Set fncテーブル化 = Nothing
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = argRange.Worksheet
  Dim tbl As ListObject
  For Each tbl In ws.ListObjects
    If Not Intersect(argRange, tbl.Range) Is Nothing Then
      Exit Function
    End If
  Next
  If ws.AutoFilterMode Then
    If Not Intersect(argRange, ws.AutoFilter.Range) Is Nothing Then
      Exit Function
    End If
  End If
  On Error Resume Next
  Set fncテーブル化 = ws.ListObjects.Add(xlSrcRange, argRange, , xlYes)
  If Err Then
    MsgBox Err.Description
  End If
End Function

テーブルスタイル一覧

Sub テーブルスタイル一覧()
  Dim tblStyle As TableStyle
  For Each tblStyle In ThisWorkbook.TableStyles
    Debug.Print tblStyle.Name
  Next
End Sub 

テーブルの存在確認

Sub テーブルの存在確認1()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  If ws.ListObjects.Count > 0 Then
    MsgBox "テーブル有"
  End If
End Sub

Sub テーブルの存在確認2()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  If Not ws.Range("B2").ListObject Is Nothing Then
    MsgBox "テーブル有"
  End If
End Sub

テーブルを範囲に変換

Sub 範囲に変換()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  'Set tbl = ws.ListObjects(1)
  'Set tbl = ws.Range("B2").ListObject
  tbl.TableStyle = ""
  tbl.Unlist
End Sub

Sub 範囲に変換_シート全て()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  For Each tbl In ws.ListObjects
    tbl.TableStyle = ""
    tbl.Unlist
  Next
End Sub

テーブルの範囲を再設定

Sub テーブルの範囲を再設定()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.Range("B2").ListObject
  tbl.Resize ws.Range("B2").CurrentRegion
End Sub

テーブルのセルに値を入れる

Sub セルに値を入れる()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ListRows(4).Range(2) = "あ"
  tbl.ListColumns("列2").Range(6) = "い"
  tbl.ListRows(6).Range(tbl.ListColumns("列2").Index) = "う"
End Sub

テーブルのセルの数式変更

Sub セルの数式変更()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ListRows(4).Range(3) = "=[@列1]+[@列2]"
  tbl.ListColumns("列3").Range(6) = "=[@列1]+[@列2]"
  tbl.ListRows(3).Range(tbl.ListColumns("列3").Index) = "=[@列1]+[@列2]"
End Sub

@は同じ行を意味していますので、[@列1]は、「列1」の同じ行の値になります。

テーブルの行・列のクリア

Sub 列のクリア()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  Dim col As Long
  col = tbl.ListColumns("列3").Index
  tbl.DataBodyRange.Columns(col).ClearContents
End Sub

Sub 行のクリア()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  Dim col As Long
  tbl.ListRows(5).Range.ClearContents
End Sub

テーブルの列の数式設定

Sub 列の数式設定()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  Dim col As Long
  col = tbl.ListColumns("列3").Index
  tbl.DataBodyRange.Columns(col) = "=[@列1]+[@列2]"
End Sub

Sub 列の数式設定_個別1()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  Dim col As Long
  col = tbl.ListColumns("列3").Index
  Dim myRange As Range
  For Each myRange In tbl.DataBodyRange.Columns(col)
    myRange = "=[@列1]+[@列2]"
  Next
End Sub

Sub 列の数式設定_個別2()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  Dim col As Long
  col = tbl.ListColumns("列3").Index
  Dim myRow As ListRow
  For Each myRow In tbl.ListRows
    myRow.Range(col) = "=[@列1]+[@列2]"
  Next
End Sub

@は同じ行を意味していますので、[@列1]は、「列1」の同じ行の値になります。

テーブルの行挿入・削除

Sub 行挿入()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ListRows.Add Position:=5
End Sub

ListRowsオブジェクト.Add (Position, always insert)

最終行の下に追加する場合は、Positionを省略してください。
AlwaysInsert
テーブルの最終行より下のセルのデータを移動するかどうかを指定します。
Trueの場合、表の下のセルは1行下に移動します。
Falseの場合、テーブルの下の行が空の場合は、テーブルが拡張されて、その行を使用するようになります。ただし、テーブルの下の行にデータが含まれている場合、それらのセルは新しい行が挿入されるときにシフトされます。
省略時はTrueになります。

Sub 行削除()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ListRows(5).Delete
End Sub

テーブルの列挿入・削除

Sub 列挿入()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ListColumns.Add Position:=3
  tbl.HeaderRowRange(3) = "追加列"
End Sub

Position:=の直前列に追加されます。
最後列に追加する場合は、Position:=を省略してください。

Sub 列削除()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ListColumns(3).Delete
End Sub

テーブルのオートフィルター

Sub オートフィルター()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  With tbl
    With .DataBodyRange
      .AutoFilter Field:=tbl.ListColumns("列1").Index, Criteria1:=4
      If tbl.Range.SpecialCells(xlCellTypeVisible).Rows.Count > 1 Then
        .EntireRow.Delete
        'Application.DisplayAlerts = False
        '.Delete
      End If
    End With
    .AutoFilter.ShowAllData
  End With
End Sub

テーブルの並べ替え(ソート)

Sub ソート()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  With tbl
    With .Sort
      .SortFields.Clear
      .SortFields.Add Key:=tbl.HeaderRowRange(1), _
           SortOn:=xlSortOnValues, _
           Order:=xlDescending
      .Header = xlYes
      .Apply
    End With
  End With
End Sub

テーブルの集計行挿入・削除・非表示

Sub 集計行挿入()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.ShowTotals = True
  Dim col As ListColumn
  For Each col In tbl.ListColumns
    col.TotalsCalculation = xlTotalsCalculationSum
  Next
End Sub

Sub 集計行削除()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  tbl.TotalsRowRange.Delete
End Sub

Sub 集計行非表示()
  ActiveSheet.ListObjects("テーブル1").ShowTotals = True
End Sub

テーブルの右端に集計列追加

Sub 右端に集計列追加()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  With tbl.HeaderRowRange
    .Resize(1, 1).Offset(, .Count) = "集計列"
    .Resize(1, 1).Offset(1, .Count) = "=SUM([@[" & .Item(2) & "]:[" & .Item(6) & "]])"
  End With
End Sub

テーブルに新しい行列を含めない

このような使い方は良くないのですが、解説として一応載せておきます。

テーブルに隣接するセルに入力すると自動的にテーブル範囲が拡張されます。
これはオプションで止めることができます。

VBA テーブル ListObject

VBAで一時的にこれを停止して、セルに値をいれてから元に戻しておくVBAになります。

Sub 新しい行列を含めない()
  Dim ws As Worksheet
  Set ws = ActiveSheet
  Dim tbl As ListObject
  Set tbl = ws.ListObjects("テーブル1")
  Application.AutoCorrect.AutoExpandListRange = False
  Range("H6") = 1
  Application.AutoCorrect.AutoExpandListRange = True
End Sub

テーブルの使い方の基本

最後の「新しい行列を含めない」のような使い方は極めて良くない使い方になります。
テーブルを使う時の基本は、

・1シート1テーブル
・1行めに見出し、2行目からデータ
・表範囲以外に余分なデータは入れない


ここを守って使えば、テーブルはとても強力かつ便利な機能です。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第124回.Workbookのイベントプロシージャー
第125回.Worksheetのイベントプロシージャー
第130回.テーブル操作の概要(ListObject)
第131回.テーブル操作のVBAコード(ListObject,DataBodyRange)
第142回.テーブル全件処理とデータ最終行(ListObject,DataBodyRange)
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)
第128回.マクロをショートカットで起動(OnKeyメソッド)
第129回.レジストリの操作(SaveSetting,GetSetting,GetAllSettings,DeleteSetting)
第133回.引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)
第134回.Errオブジェクトとユーザー定義エラー
第138回.外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

pipコマンド(外部ライブラリのインストール)|Python入門(10月1日)
CSV読み書き(csvモジュール)|Python入門(9月29日)
「Excel 4.0 マクロ」の使い方|VBA技術解説(9月28日)
CSV読み込みとopen()関数とwith文|Python入門(9月28日)
フォルダとファイルの一覧を取得(os,glob,pathlib)|Python入門(9月26日)
import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ