VBA入門
第136回.フォームコントロール

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-11-16

第136回.フォームコントロール


リボンの開発タブにコントロールの挿入があります。
フォームコントロールをVBAで扱う場合の解説になります。


ワークシートでフォームコントロールを扱う事の是非はありそうですが、使用することで便利かつ見栄えの良いシートになる場合もあります。
フォームコントロールは、手動でシートに配置しセルにリンクすればVBAで特段に意識する必要もないものですが、時に動的に扱いたい場合も出てくるでしょう。
ワークシートにフォームコントロールを配置し、その情報を使う場合のマクロVBAについて解説します。

フォームコントロールを追加する

VBA マクロ フォームコントロール

Worksheet.コレクション.Add(Left、 Top、 Width、 Height)

戻り値は追加されたコントロールです。
コントロールに対応するコレクション
コントロールの種類 コレクション名
ボタン Buttons
コンボ ボックス DropDowns
チェック ボックス CheckBoxes
スピン ボタン Spinners
リスト ボックス ListBoxes
オプション ボタン OptionButtons
グループ ぼっくす GroupBoxes
ラベル Labels
スクロール バー ScrollBars

引数の説明


名前 必須 / オプション データ型 説明
Left 必須 Single 文書の左上隅を基準にしてテキストボックスの左上隅の位置をポイント単位で指定します。
Top 必須 Single 文書の上端を基準にしてテキスト ボックスの左上隅の位置をポイント単位で指定します。
Width 必須 Single テキスト ボックスの幅をポイント単位で指定します。
Height 必須 Single テキスト ボックスの高さをポイント単位で指定します。

フォームコントロールの追加の使用例
Dim sp As Shape
Set sp = ActiveSheet.Buttons.Add(0, 0, 100, 50)

フォームコントロールを削除/編集/情報取得

図形オートシェイプと同様にShapesとして扱えます

フォームコントロールの削除
ActiveSheet.Shapes(1).Delete
ActiveSheet.Shapes("ボタン 1").Delete

Shapesコレクションのインデックスを指定して削除します。
インデックスは数値または名称で指定します。

フォームコントロールの編集
With ActiveSheet.Shapes(1)
  .Name = "名前"
  .Top = 10
  .Left = 10
  .Width = 100
  .Height = 50
  .OnAction = "マクロ1"
End With

Shapeオブジェクトにはプロパティ・メソッドが多数存在します。
図形(Shape)関連のプロパティ、メソッド一覧
図形(Shape)を構成するオブジェクトには、以下のものがあります。Shapesコレクション…Shapeオブジェクトのコレクション Shapeオブジェクト…オートシェイプ、OLEオブジェクト、ピクチャなど、描画レイヤーのオブジェクトを表します。
ただしフォームコントロールでは使えないプロパティ・メソッドも多くあります。

チェックボックスのOnOffやコンボボックスの値を取得するには、
下記のフォームコントロールとして扱う必要があります。

フォームコントロールとして扱う

コントロールの書式設定
フォームコントロールは、基本的にはオートシェイプとして扱えるのですが、
「コントロールの書式設定」の「コントロール」については他のオートシェイプにはない独特のものになります。

コントロールを右クリック

VBA マクロ フォームコントロール

VBA マクロ フォームコントロール

上図はチェックボックスの画面になります。
フォームコントロールの種類ごとに設定できるものが変わります。
恐らくWEBで検索しても目的のプロパティににたどり着くのは結構苦労すると思います。
これらを扱う時のプロパティを調べるときは「マクロの記録」を使うと良いでしょう。
ただし、マクロの記録のままではSelectが入っていて、これを単純には消し込めません。

マクロの記録
ActiveSheet.Shapes.Range(Array("チェック 1")).Select
With Selection
  .Value = xlOn
  .LinkedCell = "$A$1"
  .Display3DShading = False
End With

このSelectとSelectionを単純に消し込んで、



With ActiveSheet.Shapes.Range(Array("チェック 1"))
  .Value = xlOn
  .LinkedCell = "$A$1"
  .Display3DShading = False
End With

これを実行してもエラーとなってしまいます。

VBA マクロ フォームコントロール

オブジェクトの指定にはコントロールの種類ごとのコレクションを指定します。
With ActiveSheet.CheckBoxes("チェック 1")
  .Value = xlOn
  .LinkedCell = "$A$1"
  .Display3DShading = False
End With

With ActiveSheet.CheckBoxes(1)
  .Delete
End With

その他のプロパティについては、Shapeオブジェクトと同様に扱えます。

With ActiveSheet.CheckBoxes(1)
  .Name = "名前"
  .Top = 10
  .Left = 10
  .Width = 100
  .Height = 50
  .OnAction = "マクロ1"
End With

つまり、
オートシェイプと共通のプロパティだけを扱うのであれば、Shapeオブジェクトとして扱えますが、
フォームコントロール独自のプロパティを扱う時は、フォームコントロールのコレクションを指定する必要があるという事です。

フォームコントロールの情報取得
フォームコントロールは、なるべくセルにリンクして使った方が良いでしょう。
セルにリンクしてあれば、VBAでは特にコントロールを意識することなく扱う事が出来ます。
しかし、セルにリンクされていない場合もあるでしょう。
以下ではコントロールから直接値を取得する方法になります。

Sub sample()
  Dim ctl As Object
  Dim rng As Range
  For Each ctl In ActiveSheet.DropDowns
    If ctl.ListFillRange <> "" Then
      Set rng = Range(ctl.ListFillRange)
      Debug.Print rng.Item(ctl.Value, 1)
    End If
  Next
End Sub

シートのすべてのコンボボックスの値をイミディエイトに出力しています。
ListFillRangeはコンボボックスの「入力範囲の指定になります。」

VBA マクロ フォームコントロール

.Valueで取得される値は、入力範囲内の選択位置になります。
したがって、ListFillRangeのValue番目がドロップボックスの値になります。
上記VBAの.Itemは.Cellsで書くこともできます。

フォームコントロールを特定する方法

シートにオートシェイプや各種のフォームコントロールが存在する場合、特定のコントロール(例えばチェックボックス)を特定する必要が出てくる場合もあります。
もちろん、できれば判別可能な名称を付けておくことが一番良いのですが、そうもいかない場合もあるでしょう

Sub sample1()
  Dim sp As Shape
  On Error Resume Next
  For Each sp In ActiveSheet.Shapes
    Debug.Print sp.Name _
          ; ",Type=" & sp.Type
  Next
End Sub

これを実行すると、シートにある全てのオートシェイプとフォームコントロールについての情報がイミディエイトに出力されます。
このTypeプロパティで判別できます。
この値が、msoFormControl(数値は8)がフォームコントロールになります。
このTypeはMsoShapeType列挙になります。
さらに、フォームコントロールの種別はFormControlTypeプロパティをXlFormControl列挙で判別します。

XlFormControl列挙
名前 説明
xlbuttoncontrol 0 ボタン
xlcheckbox 1 チェック ボックス
xldropdown 2 コンボ ボックス
xlEditBox 3 テキスト ボックス
xlgroupbox 4 グループ ボックス
xlLabel 5 ラベル
xllistbox 6 リスト ボックス
xlOptionButton 7 オプション ボタン
xlscrollbar 8 スクロール バー
xlspinner 9 スピン ボタン

フォームコントロールを扱う実践的使用例
Sub sample2()
  Dim sp As Shape
  For Each sp In ActiveSheet.Shapes
    If sp.Type = msoFormControl Then
      If sp.FormControlType = xlCheckBox Then
        sp.Left = sp.TopLeftCell.Left
      End If
    End If
  Next
End Sub

シートにあるすべてのチェックボックスについて、現在配置されているセルの左端に揃えています。
これは、以下と同じになります。

Sub sample3()
  Dim sp As CheckBox
  For Each sp In ActiveSheet.CheckBoxes
    sp.Left = sp.TopLeftCell.Left
  Next
End Sub

フォームコントロールの最後に

上でも書きましたが、フォームコントロールは手動でセルにリンクしておいて使うようにした方が良いでしょう。
単純にセル値を扱うだけなら、VBAも簡単になって特に苦労することもありません。
とはいえ、どうしても動的に扱いたいことも出てくることもありますので、そんな時に思い出してください。
そのような場合の事前知識として記憶にとどめておく程度で構わないと思います。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第95回.ハイパーリンク(Hyperlink)
第96回.グラフ(Chart)
第97回.図形オートシェイプ(Shape)
第136回.フォームコントロール
第137回.ActiveXコントロール
第98回.Findメソッド(Find,FindNext,FindPrevious)
第99回.Replaceメソッド(置換)
第132回.その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)
第135回.ジャンプの選択オプション(SpecialCells)
第105回.Callステートメント
第106回.Functionプロシージャー


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ