ExcelマクロVBA入門
第95回.ハイパーリンク(Hyperlink)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-12

第95回.ハイパーリンク(Hyperlink)


マクロVBA ハイパーリンク

VBAでハイパーリンク(Hyperlink)を追加したり削除したりする場合を解説します。
ハイパーリンクは、Hyperlinkオブジェクトです、
そして、Hyperlinkオブジェクトの集まりであるコレクションが、Hyperlinksコレクションになります。


以下の説明や使用例を読む時、
コレクションとオブジェクトが分かりずらいかもしれません。
Hyperlinksは、Hyperlinkのコレクションです。
Hyperlinks(1)は、Hyperlinkオブジェクトです。
簡単に言えば、シートには複数のハイパーリンクが存在します、これがHyperlinksコレクション
1つのハイパーリンクを特定した時、それがHyperlinkオブジェクトになります。

Hyperlinksコレクション

Hyperlinksコレクションのメソッド、プロパティの一覧

メソッド Add 指定された範囲または図形にハイパーリンクを追加します。
Delete オブジェクトを削除します。
プロパティ Application 対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。
対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。
OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。
値の取得のみ可能です。
Count コレクションに含まれるオブジェクトの数を表す長整数型 (Long) の値を返します。
Creator 現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を取得します。
値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。
Item コレクションから単一のオブジェクトを返します。
Parent 指定されたオブジェクトの親オブジェクトを取得します。値の取得のみ可能です。

セルにハイパーリンクを追加する場合は、Addメソッドを使います。
Addメソッド
式.Add(Anchor, Address, SubAddress, ScreenTip, TextToDisplay)



Anchor ハイパーリンクのアンカーを指定します。
Range オブジェクトまたは Shape オブジェクトを指定します。
Address ハイパーリンクのアドレスを指定します。
SubAddress ハイパーリンクのサブアドレスを指定します。
ScreenTip ハイパーリンク上をマウス ポインターで指した場合に表示されるヒントを指定します。
TextToDisplay ハイパーリンクで表示されるテキストを指定します。

Hyperlinkオブジェクト

Hyperlinkオブジェクトのメソッド、プロパティの一覧です。

メソッド AddToFavorites ブックまたはハイパーリンクへのショートカットを "お気に入り" フォルダーに追加します。
CreateNewDocument 指定したハイパーリンクにリンクされた新しい文書を作成します。
Delete オブジェクトを削除します。
Follow 既にダウンロードしてある場合、キャッシュに格納されたファイルを表示します。
ダウンロードしていない場合、ハイパーリンク先にある目的のファイルをダウンロードし、適切なアプリケーションで表示します。
プロパティ Address 対象ドキュメントのアドレスを示す文字列型 (String) の値を取得、または設定します。
Application 対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。
対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。
OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。
値の取得のみ可能です。
Creator 現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を取得します。
値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。
EmailSubject 指定されたハイパーリンクのリンク先が電子メールの場合、メールの件名を表す文字列を設定します。
件名はハイパーリンクのアドレスに追加されます。
値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。
Name オブジェクトの名前を表す文字列型 (String) の値を返します。
Parent 指定されたオブジェクトの親オブジェクトを取得します。値の取得のみ可能です。
Range 指定されたハイパーリンクが割り当てられている範囲を表す Range オブジェクトを取得します。
ScreenTip 指定されたハイパーリンクにヒントを設定します。値の取得および設定が可能です。
文字列型 (String) の値を使用します。
Shape 指定されたハイパーリンクに結合されている図形を表す Shape オブジェクトを取得します。
SubAddress 指定したハイパーリンク先のドキュメント内の特定の位置を取得または設定します。
値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。
TextToDisplay 指定されたハイパーリンクに表示テキストを設定します。
既定値はハイパーリンクのアドレスです。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。
Type HTML フレームの場所を表す長整数型 (Long) の値を返します。
MsoHyperlinkType クラスの定数を使用します。

ハイパーリンクの追加

WEBページやファイルの場合

ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=セル, _
              Address:="URL等/ファイルのフルパス", _
              TextToDisplay:="表示名"

同一ブック内の他シートの場合



ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=セル, _
             Address:="", _
             SubAddress:="'シート名'!A1", _
             TextToDisplay:="表示名"

他ブックのシートの場合

ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=セル, _
             Address:="ブックのフルパス", _
             SubAddress:="'シート名'!A1", _
             TextToDisplay:="表示名"

シート名をシングルクォーテーションで囲みます。
これが無いと、シート名に空白やカナ記号があると正しくハイパーリンクが設定されません。
いずれも、
「セル」には、Rangeオブジェクトで、Range("A1")、Cells(1, 1)等を指定してください。

ハイパーリンクの削除

特定セルのハイパーリンクを削除

セル.Hyperlinks.Delete

セルはRangeオブジェクトを指定
複数セルの範囲を指定できます。

シートのハイパーリンクを全て削除

シート.Hyperlinks.Delete 

シートはWorkSheetオブジェクトを指定します。

追加されているハイパーリンクの扱い方

指定セルの隣に、ハイパーリンクのアドレスを書き出す

With Cells(1, 1)
  .Offset(0, 1) = .Hyperlinks(1).Address
End With

Hyperlinks(1)
これが解りづらいのですが、
Rangeオブジェクトはコレクションでもあります。
Hyperlinksコレクションの指定になっているので、要素の特定が必要になっています。
が、しかし、
当然先頭要素しかありえないので、ここでは常に(1)になります。

指定図形の左上のセルの隣に、ハイパーリンクのアドレスを書き出す

With ActiveSheet.Shapes("四角形 1")
  .TopLeftCell.Offset(0, 1) = .Hyperlink.Address
End With

こちらは、Shapeオブジェクト内のHyperlinkオブジェクトです。


以下も参考にして下さい。
ユーザー定義関数でハイパーリンクのURLを取得
練習問題26(全シート処理とハイパーリンク)

マクロVBA練習問題 全シートのハイパーリンク付き一覧を先頭シートに作成します。現在のブックの先頭に新規シートを追加し、既存シートのシート名一覧をハイパーリンク付きで作成して下さい。※これは実務においても非常に良く発生する要求です。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第92回.名前定義(Names)
第93回.ピボットテーブル(PivotTable)
第94回.コメント(Comment)
第95回.ハイパーリンク(Hyperlink)
第96回.グラフ(Chart)
第97回.図形オートシェイプ(Shape)
第98回.Findメソッド(Find,FindNext,FindPrevious)
第99回.Replaceメソッド(置換)
第100回.InputBoxメソッド(インプットボックス)
第101回.Midステートメント
第102回.Intersectメソッド


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • ハイパーリンク(Hyperlink)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ