ExcelマクロVBA入門
第94回.コメント(Comment)

Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-23

第94回.コメント(Comment)


マクロVBAでセルにコメントを入れたり、編集したり、削除したりするVBAコードを解説します。
セルに対する注意書き等をコメントとして入れておくことで、使いやすいシートにします。


コメント(Comment)に関する各種オブジェクト

Rangeオブジェクト
RangeオブジャクトのCommentに関するプロパティとメソッド



名前 説明
プロパティ Comment セル範囲の左上隅のセルに関連付けられているコメントを表す Comment オブジェクトを取得します。
メソッド AddComment 範囲にコメントを追加します。
ClearComments 指定されたセル範囲からすべてのコメントを消去します。

Commentオブジェクト
セルのコメントを表すオブジェクトです。

名前 説明
プロパティ Application 対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。
対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。
OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。
値の取得のみ可能です。
Author コメントの作成者を示す文字列を返します。
値の取得のみ可能です。
文字列型 (String) の値を使用します。
Creator 現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を取得します。
値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。
Parent 指定されたオブジェクトの親オブジェクトを取得します。
値の取得のみ可能です。
Shape 指定されたコメントに結合される図形を表す Shape オブジェクトを返します。
Visible オブジェクトを表示するかどうかを表すブール型 (Boolean) の値を設定します。
値の取得および設定が可能です。
メソッド Delete オブジェクトを削除します。
Next 次のコメントを表す Comment オブジェクトを返します。
Previous 前のコメントを表す Comment オブジェクトを返します。
Text コメントの文字列を設定します。

Commentsコレクション
Commentオブジェクトのコレクションです。

複数セルのコメントを扱う場合に使うので、通常はあまり使う事はないと思います。



名前 説明
プロパティ Application 対象となるオブジェクトが指定されない場合は、Excel アプリケーション (Application オブジェクト) を返します。
対象となるオブジェクトが指定された場合は、指定されたオブジェクトを作成した Application オブジェクトを返します。
OLE オートメーションを使っていて、オブジェクトのアプリケーションにアクセスするときなどに、このプロパティを使います。
値の取得のみ可能です。
Count コレクションに含まれるオブジェクトの数を表す長整数型 (Long) の値を返します。
Creator 現在のオブジェクトが作成されたアプリケーションを示す 32 ビットの整数を取得します。
値の取得のみ可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。
Parent 指定されたオブジェクトの親オブジェクトを取得します。
値の取得のみ可能です。
メソッド Item コレクションから単一のオブジェクトを返します。

コメント(Comment)の挿入

Range.AddComment[(Text)]
Range("A1").AddComment "練習"
Textは、コメント テキストを指定します。
Textは省略可能です、その場合はコメントの枠だけが挿入されることになります。
既にコメントが挿入されている場合は、AddCommentはエラーとなります。

コメント(Comment)の削除

Range.ClearComments
または、
Range.Comment.Delete

Range("A1").ClearComments
Range("A1").Comment.Delete

どちらでもコメントは削除できます。

ただし、対象セルにコメントがない場合は、
Range.ClearCommentsは問題なく実行できますが、
Range.Comment.Deleteは、エラーとなります。

コメント(Comment)の編集

コメントを編集する為には、Commentオブジェクトを操作します。
Range.Comment
これでCommentオブジェクトを取得し、
そのCommentオブジェクトのプロパティ、メソッドを使います。
Range("A1").Comment.Text "練習"

コメント(Comment)実践例

Sub sample1()
  Dim cm As Comment
  With Range("A1").AddComment
    .Text Text:="yamaoka:" & vbLf & "コメント"
    .Visible = True
    .Shape.Select
    With Selection.Font
      .Size = 14
      .Bold = True
    End With
    .Visible = False
  End With
End Sub

マクロの記録を参考にして普通に書くとこんな感じになったりしますが、
.Shape.Select
With Selection.Font
この部分が、どうにもスッキリしていないです。
そこで、以下のようにします。

Sub samle2()
  Dim cm As Comment
  With Range("A1").AddComment
    .Text Text:="yamaoka:" & vbLf & "コメント"
    With .Shape.TextFrame
      .Characters.Font.Size = 14
      .Characters.Font.Bold = True
    End With
  End With
End Sub

Shape.TextFrame
コメントとは直接関係なくなってしまうのですが、
オートシェイプのテキストを変更する場合の指定です。
つまり、コメント(Comment)の実態部分はオートシェイプと同じShapeオブジェクトでできているという事です。
これさえ理解していれば、
後はオートシェイプ同様にShapeオブジェクトを操作すれば良いという事が分かります。
第97回.図形オートシェイプ(Shape)
マクロVBAで、オートシェイプ(図形)を扱う場合の解説です。オートシェイプ(図形)はShapeオブジェクトであり、ShapeオブジェクトのコレクションがShapesコレクションになります。Shapeオブジェクトは、多くのオブジェクトをメンバーに持った複雑なオブジェクトとなっています。

こちらもご参考に
コメントの位置を移動する
ホームページの検索にあったので、作成してみました。正直言って、使い道があるのかは、よく解りません。(笑) コメントの位置を、セルの右横ぴったりにくっ付けます。ただし、この位置は、コメントの表示で、常時表示する場合の位置です。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第91回.条件付き書式(FormatCondition)
第92回.名前定義(Names)
第93回.ピボットテーブル(PivotTable)
第94回.コメント(Comment)
第95回.ハイパーリンク(Hyperlink)
第96回.グラフ(Chart)
第97回.図形オートシェイプ(Shape)
第98回.Findメソッド(Find,FindNext,FindPrevious)
第99回.Replaceメソッド(置換)
第100回.InputBoxメソッド(インプットボックス)
第101回.Midステートメント


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • コメント(Comment)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ