VBA入門
行・列の表示・非表示・列幅・行高

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2021-11-14

第141回.行・列の表示・非表示・列幅・行高


行または列を非表示にしたり、逆に表示したりする場合のマクロVBAについて説明します。
また、あるセルが表示されているか(可視セルか)の判定方法について解説します。


行や列はRangeオブジェクトです。
表示・非表示は、RangeオブジェクトのHiddenプロパティTrue/Falseを設定することで行います。
列幅はColumnWidth行高はRowHeightで設定します。

Rangeのプロパティ一覧 ・・・ 詳細解説ページへのリンクあり
・Excel2010までのRangeオブジェクトのプロパティ一覧 ・Excel2016で追加されたRangeオブジェクトのプロパティ一覧 ・スピルにより追加されたRangeオブジェクトのプロパティ一覧
Rangeのメソッド一覧 ・・・ 詳細解説ページへのリンクあり
・Excel2010までのRangeオブジェクトのメソッド一覧 ・Excel2013で追加されたRangeオブジェクトのメソッド一覧 ・Excel2016で追加されたRangeオブジェクトのメソッド一覧


セルの非表示

セル単独では非表示にすることはできません。

Cells(3, 3).Hidden = True

これは、実行時にエラーとなります。

VBA マクロ セルの非表示

行または列に対してのみ、表示・非表示を設定することができます。


行の表示・非表示

行の表示・非表示

Rows(行または行範囲).Hidden = True '非表示

Rows(行または行範囲).Hidden = False '表示


行の表示・非表示の使用例

3行目を非表示
Rows(3).Hidden = True

Cells(3, 3).EntireRow.Hidden = True

3行~5行を非表示
Rows("3:5").Hidden = True

Range("C3:E5").EntireRow.Hidden = True

上記のTrueをFalseに変更すれば表示になります。


列の表示・非表示

列の表示・非表示

Columns(列または列範囲).Hidden = True '非表示

Columns(列または列範囲).Hidden = False '表示


行・列の表示・非表示の使用例

C列を非表示
Columns(3).Hidden = True

Columns("C").Hidden = True

Cells(3, 3).EntireColumn.Hidden = True

C列~E列を非表示
Columns("C:E").Hidden = True

Range("C3:E5").EntireColumn.Hidden = True

上記のTrueをFalseに変更すれば表示になります。


セルが表示されているか(可視セルか)の判定方法

そのセルの行または列が非表示(不可視)かどうかで判定
If Cells(3, 3).EntireRow.Hidden Or _
  Cells(3, 3).EntireColumn.Hidden Then
  MsgBox "非表示"
Else
  MsgBox "表示"
End If

C3セルが可視セルか(表示されているか非表示か)を判定しています。


可視セル(SpecialCellsのxlCellTypeVisible)に含まれているかで判定

Sub sample()
  MsgBox isHidden(Range("C3"))
End Sub

Function isHidden(ByVal argRange As Range) As Boolean
  On Error Resume Next
  Dim myRange As Range
  Set myRange = argRange.SpecialCells(xlCellTypeVisible)
  If Err Then
    isHidden = True
    Exit Function
  End If
  If Intersect(argRange, myRange) Is Nothing Then
    isHidden = True
  Else
    isHidden = False
  End If
End Function

上記VBAの関数Functionは引数のセルが非表示の時Trueを返します。
・ワークシート関数の使い方 ・WorksheetFunctionで使用できる関数 ・個別の関数の使い方 ・関数の結果(戻り値) ・WorksheetFunctionの使用例. ・検索系の関数での日付の扱い ・WorksheetFunctionのエラー対処 ・最後に

滅多にないとは思いますが、全セルが非表示の場合には、SpecialCellsがエラーになります。
・ジャンプの選択オプションとは ・RangeオブジェクトのSpecialCellsメソッド ・SpecialCellsの使用例

これに対処するために、On Error Resume Nextをいれて判定しています。
引数のセルが可視セルと重なっているかをIntersect関数 で判定しています。
・Intersectメソッド ・Intersectの使用例 ・Intersectメソッドの最後に


列幅・行高

Dim ws As Worksheet
Set ws = ActiveSheet

'列幅:文字数で指定する
ws.Columns(2).ColumnWidth = 30
'列幅:列全体で自動調整
ws.Columns(3).EntireColumn.AutoFit
'列幅:セルで自動調整
ws.Cells(1, 4).Columns.AutoFit

'行高:ポイントで指定する
ws.Rows(2).RowHeight = 20
'行高:行全体で自動調整
ws.Rows(3).EntireRow.AutoFit
'行高:列とは違い、行全体で判定されます
ws.Cells(4, 1).Rows.AutoFit

列幅の1単位は、標準スタイルの1文字の幅です。
行高はポイントです。
列幅と行高では単位が違うため設定しづらくなっています。
列幅・行高をDPI取得しピクセルで指定する
・列幅・行高をピクセルで指定するVBA ・列幅・行高をピクセルで指定するVBAの使い方と解説




同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第99回.Replaceメソッド(置換)
第132回.その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)
第135回.ジャンプの選択オプション(SpecialCells)
第141回.行・列の表示・非表示・列幅・行高
第105回.Callステートメント
第106回.Functionプロシージャー
第107回.プロシージャーの引数
第108回.変数の適用範囲(スコープ,Private,Public)
第100回.InputBoxメソッド(インプットボックス)
第101回.Midステートメント
第102回.Intersectメソッド


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

抜けている数値を探せ|エクセル雑感(2022-07-01)
.Net FrameworkのSystem.Collectionsを利用|VBA技術解説(2022-06-29)
迷路ネコが影分身の術を体得したら…|エクセル雑感(2022-06-27)
迷路にネコが挑戦したら、どうなるかな…|エクセル雑感(2022-06-26)
サロゲートペアに対応した自作関数(Len,Left,Mid,Right)|エクセル雑感(2022-06-24)
「マクロの登録」で登録できないプロシージャーは?|エクセル雑感(2022-06-23)
オブジェクトのByRef、ByVal、Variant|エクセル雑感(2022-06-22)
コメントから特定形式の年月を取り出す|エクセル雑感(2022-06-19)
4,9を使わない連番作成|エクセル雑感(2022-06-17)
連番を折り返して出力|エクセル雑感(2022-06-16)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.並べ替え(Sort)|VBA入門
9.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
10.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ