VBA入門
第83回.RangeのOffsetプロパティ

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-11-19

第83回.RangeのOffsetプロパティ


Offsetプロパティは、指定されたセル範囲(Rangeオブジェクト)をオフセット(移動)します、
オフセット(移動)したセル範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Offsetとは、「差し引きする」意味ですが、
Offsetプロパティで取得されるのは、元のRange範囲を、指定した行数・列数移動したRange範囲になります。
Offsetは、マクロVBAでは習得必須のRangeのプロパティになります。


Offsetプロパティの構文

Range.Offset(RowOffset, ColumnOffset)



RowOffset

オフセットする範囲の行数 (正、負、または 0) を指定します。
正の値は下方向、負の値は上方向のオフセットを表します。
既定値は 0 です。

ColumnOffset

オフセットする範囲の列数 (正、負、または 0) を指定します。
正の値は右方向、負の値は左方向のオフセットを表します。
既定値は 0 です。


名前付き引数ですが、名前付きを使用するまでもないでしょう。
戻り値
オフセット後のRangeオブジェクトになります。

Offsetの使用例

Range("A1").Offset(3, 3).Select
A1セルを、行方向に3、列方向に3移動した、D4セルになります。

Range("A1:A3").Offset(, 3).Select
A1:A3セル範囲を、列方向に3移動した、D1:D3セル範囲になります。

Range("A1:C1").Offset(3).Select
A1:C1セル範囲を、行方向に3移動した、A4:C4セルになります。

Offsetのネスト
Range("A1").Offset(3).Offset(, 3).Select
これと
Range("A1").Offset(3, 3).Select
これの結果は同じになります。

Offsetの注意点

A2セルのOffset(1)がA3セルになるとは限りません。

MsgBox Range("A2").Offset(1).Address

この結果は、"$A$3"になる場合と、違う結果になる場合があります。
A2セル~A4セルがセル結合されている場合、

VBA マクロ Offsetプロパティ

上記VBAの結果は、
$A$5
となります。
セル結合内部から移動する場合は、結合範囲は一つとして数えます。
しかし、結合範囲外からの場合、



Debug.Print Range("A1").Offset(2).Address

この結果は、
$A$3
となります。
セル結合外部から移動する場合は、セル結合の影響をうけません。

したがって、以下の2つのVBAは違う結果となります。

Debug.Print Range("A1").Offset(2).Address
Debug.Print Range("A1").Offset(1).Offset(1).Address

結果は、
$A$3
$A$5
となります。
前者は、セル結合外部からの移動であり結合の影響をうけません。
後者は、最初の.Offset(1)が結合内部になるので結合の影響を受けます。

列方向も同様になります。
A1セル~C3セルが結合されている場合、

MsgBox Range("A1").Offset(1).Address 

この結果は、"$D$1"になります。

※Addressはセル番地を文字列で取得するRangeのプロパティです。

Offsetのまとめ

Offsetは、非常に重宝するプロパティです。
使い方は簡単なので、ぜひしっかりと習得してください。
以下のページも参考にしてください。
Offset、Resizeを使いこなそう
OffsetとResizeは、エクセルVBAで非常に便利であり、ぜひ使いこなしてもらいたい機能です。Offsetはセル範囲の位置をずらし、Resizeはセル範囲のサイズを変更します。どちらも、RangeとCellsだけで記述することは可能ですが、OffsetとResizeを使う事で、簡潔にVBAを記述することができるようになります。

Rangeのプロパティは非常に沢山あります。
マクロVBA入門で重要なプロパティは一通り紹介していますが、他のプロパティにも目を通しておくと良いでしょう。
Rangeのプロパティ一覧 ・・・ 詳細解説ページへのリンクあり
エクセルの基本である、Rangeオブジェクトのプロパティの一覧です。太字リンク付きは、詳細解説ページ、または、応用したVBAコードがあるページにリンクしています。Excel2010までのRangeオブジェクトのプロパティ一覧 Excel2016で追加されたRangeオブジェクトのプロパティ一覧 CommentThreaded 範囲の左上隅のセルに関連付け…



同じテーマ「VBA入門」の記事

第80回.ファイル操作Ⅰ(その他)
第81回.総合練習問題9
第82回.RangeのResizeプロパティ
第83回.RangeのOffsetプロパティ
第84回.RangeのAddressプロパティ
第85回.結合セルの扱い
第86回.総合練習問題10
第87回.WorksheetFunction(ワークシート関数を使う)
第88回.並べ替え(Sort)
第89回.オートフィルタ(AutoFilter)
第90回.フィルタオプションの設定(AdvancedFilter)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

SQL関数と演算子|SQL入門(12月1日)
データの取得:集約集計、並べ替え(DISTINKT,GROUP BY,ORDER BY)|SQL入門(11月30日)
データの取得:条件指定(SELECT,WHERE)|SQL入門(11月29日)
データの挿入:バルクインサート|SQL入門(11月28日)
データの挿入(INSERT)と全削除|SQL入門(11月26日)
テーブル名変更と列追加(ALTER TABLE)とテーブル自動作成|SQL入門(11月25日)
テーブルの作成/削除(CREATE TABLE,DROP TABLE)|SQL入門(11月24日)
データベースに接続/切断|SQL入門(11月23日)
SQLiteのインストール|SQL入門(11月22日)
SQL入門:VBAでデータベースを使う|エクセルの神髄(11月22日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • RangeのOffsetプロパティ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ