ExcelマクロVBA入門
第86回.総合練習問題10

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-06-27

第86回.総合練習問題10

マクロVBA練習問題

表の見出しを残して、データ部分のみ消去してください。

A1セルを起点に1つのセル領域があります、
1行目は列見出しとして使用、A列は行見出しとして使用しています、
・つまりデータ部はB2セルから開始されています、
データ部のみ入力データを消去して下さい。
データ部のみ表示形式を文字列にして下さい。

※表範囲をはみ出して処理しないようにしてください。

ヒント!
※ResizeとOffsetを使用して下さい。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

マクロVBA練習問題解答へ

では解答へ進んでください。

エクセル厳選情報メールマガジン登録
登録は無料です。
こちらの登録で、専用メールアドレスにて質問が可能となります。

解答はこちら、「総合練習問題10解答」



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第83回.RangeのOffsetプロパティ

Offsetプロパティは指定されたセル範囲(Rangeオブジェクト)をオフセット(移動)しますオフセット(移動)したセル範囲を表すRangeオブジェクトを返します。Offsetとは「差し引きする」意味ですがOffsetプロパティで取得されるのは元のRange範囲を指定した行数・列数移動したRange範囲になります。
第84回.RangeのAddressプロパティ
Addressプロパティはセル範囲(Rangeオブジェクト)の参照範囲を表す文字列の値を返します。引数により参照方法($の付いた絶対参照)や形式(R1C1形式)を指定できます。AddressはVBAの中で処理の一環として使う事はあまり多くないかもしれませんがVBA作成過程ではRangeオブジェクト変数のアドレス確認に使う事もあり
第85回.結合セルの扱い
セルが結合されていると、マクロでは時に扱いづらい事があります、セル結合されている場合に、VBAでどのように取り扱うかを解説します。そもそも、やたらにセル結合すべきではないのですが、見た目重視で作られたシートでは、セル結合が頻繁に使用されているものです。
第86回.総合練習問題10
第87回.WorksheetFunction(ワークシート関数を使う)
VBA関数以外に、Excelワークシート関数をマクロVBAで使うことが出来ます、ワークシート関数は、VBA関数よりはるかに多くの関数があるので、ぜひ活用したいところです。。ワークシート関数を使う事で、VBAコードを非常に簡潔に記述することが出来る場合が多いものです。
第88回.並べ替え(Sort)
並べ替えは、データ処理の基本中の基本です、乱雑なデータを並べ替えることは、データ処理の第一歩です。マクロVBAで並べ替えを実行するには、シート操作の「並べ替え」の機能を使用することになります。そもそもデータを並べ替えるという事は、そのデータのキーが何かを考えるという事です。
第89回.オートフィルタ(AutoFilter)
オートフィルタはExcelのデータベースとしての非常に強力な機能を提供してくれていますVBAで必要なデータだけに絞り込んで他のシートにコピーしたり不要なデータを一括で削除したりする場合はとても高速に処理することができます。VBAでオートフィルタを操作するには以下のメソッド・プロパティおよびオブジェクトを使用します。
第90回.フィルタオプションの設定(AdvancedFilter)
ワークシートの操作「フィルタオプションの設定」のVBAの記述になります便利な機能ではありますがそもそもワークシートの操作が難しいこともありあまり有効に使われていないように感じます。フィルタ詳細設定の使い方 「データ」タブ→「並べ替えとフィルター」グループの「詳細設定」この機能を使う場合のVBAになります。
第91回.条件付き書式(FormatCondition)
条件付き書式はシート上で設定しておいた方が良いのですが事前に設定しておけない場合はVBAで条件付き書式を設定します。VBAで条件付き書式を設定する場合はセル(Rangeオブジェクト)のFormatConditionsコレクションにFormatConditionオブジェクトを追加することで行います。
第92回.名前定義(Names)
名前定義をマクロVBAで扱う場合の解説になります、名前定義は、複数セル範囲や単一セル範囲に対して名前を付けることで、そのセル範囲を参照する時に名前で参照できるようにするものです。名前で参照できることで、セル位置(行位置、列位置)を固定値でしなくて済むようになります。
第93回.ピボットテーブル(PivotTable)
ピボットテーブルをVBAで操作する事が良いかどうか少々疑問な部分もあります。しかしピボットテーブル(PivotTable)はエクセルでは必須機能になりますので少なくともピボットテーブルの基本くらいは知っておくべきでしょう。今回はピボットテーブル(PivotTable)のオブシェクトをざっと見てから


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行番号を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月12日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ|VBA入門(10月3日)
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ|VBA入門(10月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 総合練習問題10

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ