VBA技術解説
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2020-05-01

オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス


マクロ VBA オートフィルタ クラス

ワークシートにオートフィルタが適用されていて、かつ絞り込みされている場合はマクロVBAは何かと面倒になります。
そこで、これに対応するために作成したものが、

オートフィルタを退避回復するVBAクラス
シートにオートフィルタが適用されていて、かつ絞り込みされている場合は、VBAでは、何かと注意が必要になります。このような場合、オートフィルタを解除するか、フィルタ絞り込みをクリアして対応している事が多くなります。しかし、オートフィルタを解除したり、フィルタをクリアしてしまうと、それまでの絞り込み条件が消えてしまい、


ただし、これはシートが一つしか扱えません。
複数シートで使う場合は、シートごとにクラスのインスタンスを作成する必要があります。
2~3シートくらいなら問題ないかもしれませんが、ブックの全シートを対象とするような場合はさすがに面倒になります。
そこで、複数シートでの実装を簡単にするために今回のVBAクラスを作成しました。


VBAクラスの扱いに慣れている人であれば、むしろ簡単なことではないでしょうか。
VBAクラスの扱いに慣れていない人にとっては、クラスを扱う上で良い学習材料になるのと思います。

VBAクラス内で別のクラスを扱う方法や、Dictionaryにクラスのインスタンスを入れて使う時の参考にしてください。
標準モジュールのプロシージャーとVBAクラスの緩衝材として別のクラス使っていますので、このような方法についても参考になるものと思います。

オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラスのコード

クラス名:clsAutoFilters ・・・ 複数形のsを付けています。



Option Explicit

'シートごとにclsAutoFilterを格納
Private pDicClass As Dictionary

'Dictionaryのシートを公開
Public Property Get Worksheets() As Variant
  Worksheets = pDicClass.Keys
End Property

'クラス初期処理
Private Sub Class_Initialize()
  Set pDicClass = New Dictionary
End Sub

'クラス終了処理
Private Sub Class_Terminate()
  Set pDicClass = Nothing
End Sub

'オートフィルタ退避:エラー時はFalseを返す
Public Function StoreAutoFilter(ByVal ws As Worksheet) As Boolean
  Call getDicItem(ws).StoreAutoFilter(ws)
End Function

'オートフィルタ復元:エラー時はFalseを返す
Public Function ReStoreAutoFilter(ByVal ws As Worksheet, _
                 Optional ByVal isAutoFilter As Boolean = False) _
                 As Boolean
  Call getDicItem(ws).ReStoreAutoFilter
End Function

'ディクショナリーのItemからclsAutoFilterを取り出す
Private Function getDicItem(ByVal ws As Worksheet) As clsAutoFilter
  If pDicClass.Exists(ws.Name) Then
    Set getDicItem = pDicClass.Item(ws.Name)
  Else
    Set getDicItem = New clsAutoFilter
    Call pDicClass.Add(ws.Name, getDicItem)
  End If
End Function

「Microsoft Scripting Runtime」を参照設定しています。
参照設定しない場合は、
Object型にして、CreateObject("Scripting.Dictionary")としてください。

クラスclsAutoFilterのVBAコードは、
オートフィルタを退避回復するVBAクラス
シートにオートフィルタが適用されていて、かつ絞り込みされている場合は、VBAでは、何かと注意が必要になります。このような場合、オートフィルタを解除するか、フィルタ絞り込みをクリアして対応している事が多くなります。しかし、オートフィルタを解除したり、フィルタをクリアしてしまうと、それまでの絞り込み条件が消えてしまい、

こちらを参照してください。

クラスを利用する標準モジュールのVBAコード

標準モジュール



Public Sub SampleAutoFilters()
  Dim cAutoFilters As New clsAutoFilters
  
  Dim ws As Worksheet
  'ブックの全シートをStore
  For Each ws In Worksheets
    Call cAutoFilters.StoreAutoFilter(ws)
  Next
  '・・・
  'Storeした全シートをReStore
  Dim sName
  For Each sName In cAutoFilters.Worksheets
    Call cAutoFilters.ReStoreAutoFilter(Worksheets(sName))
  Next
  
  Set cAutoFilters = Nothing
End Sub

最後に

実務で使うのは、少々疑問があります。
フィルターされている場合の現実的な対応としては、

・オートフィルタを解除
・フィルタ絞り込みをクリア
・フィルターされていても良いマクロVBAを書く

上記のいずれかにしたほうが良いだろうと思うからです。
従って、前作の、
オートフィルタを退避回復するVBAクラス
シートにオートフィルタが適用されていて、かつ絞り込みされている場合は、VBAでは、何かと注意が必要になります。このような場合、オートフィルタを解除するか、フィルタ絞り込みをクリアして対応している事が多くなります。しかし、オートフィルタを解除したり、フィルタをクリアしてしまうと、それまでの絞り込み条件が消えてしまい、

こちらと合わせて、
オートフィルタ、条件付き書式、そしてVBAクラス、さらにDictionary等の学習素材としてお考えいただいたほうが良いと思います。



同じテーマ「VBAクラス入門」の記事

VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた
クラスとイベントとマルチプロセス並列処理
クラスとCallByNameとポリモーフィズム(多態性)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)
VBAで音楽再生するクラスを作成
図形を方程式で動かすVBAクラス


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 37本目:グラフの色設定|VBA練習問題(12月1日)
VBA100本ノック 36本目:列の並べ替え|VBA練習問題(12月1日)
VBA100本ノック 35本目:条件付き書式|VBA練習問題(11月29日)
VBA100本ノック 34本目:配列の左右回転|VBA練習問題(11月28日)
VBA100本ノック 33本目:マクロ記録の改修|VBA練習問題(11月26日)
VBA100本ノック 32本目:Excel終了とテキストファイル出力|VBA練習問題(11月25日)
VBA100本ノック 31本目:入力規則|VBA練習問題(11月24日)
将棋とプログラミングについて~そこには型がある~|エクセル雑感(11月22日)
VBA100本ノック 30本目:名札作成(段組み)|VBA練習問題(11月22日)
VBA100本ノック 29本目:画像の挿入|VBA練習問題(11月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ