ExcelマクロVBA入門
第109回.列挙型(列挙体)Enum

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-22

第109回.列挙型(列挙体)Enum


列挙体は、数値限定のConst定数をひとまとめにして参照しやすくしたものになります、
マクロVBAの中で数値を固定で記述することは、メンテナンスが大変になります。


例えば、列位置3(C列)を参照する場合、
VBA内で何度も3と記述しては、これを変更することが大変になります。
このような固定数値を連なって列挙される場合は、Enumステートメントで列挙型を定義すると便利です。

Enumステートメント

列挙型は、ある特定の正数値でしか初期化できないデータ型です。
Enumステートメントを宣言セクションに記述して使用します。

[Public | Private] Enum name
  membername [= constantexpression]
  membername [= constantexpression]
  ・・・
End Enum



Public 省略可能です。列挙型 (Enum) が、プロジェクト全体から参照可能であることを指定します。
列挙型の既定値は、Public です。
Private 省略可能です。列挙型 (Enum) が、宣言されているモジュール内でのみ参照可能であることを指定します。
name 必ず指定します。列挙型 (Enum) の名前を指定します。
引数 name は Visual Basic において有効な識別子でなければなりません。
この名前は、列挙型の変数またはパラメータの宣言において、データ型として指定されます。
membername 必ず指定します。定数の名前を指定する Visual Basic において有効な識別子です。
この名前により、列挙型 (Enum) の構成要素であることが認識されます。
constantexpression 省略可能です。
長整数型 (Long) として評価される、要素の値を指定します。
ほかの列挙型 (Enum) と同じ値も指定できます。
先頭の membername に対して引数 constantexpression を指定しないと、0 が割り当てられます。
2 番目以降の membername に対して引数 constantexpression を指定しないと、直前の membername の値より 1 だけ大きな値が割り当てられます。

Enum ステートメントは、モジュール レベルでのみ記述できます。
正の値と負の値のどちらでも含むことができます。
変更する必要がない複数値をグループ化するときは、とても有効的です。

さらに、列挙型の良い所は、インテリセンス(自動入力補完機能)が使用できるところです。
列挙型 (Enum) の名前 まで入力すると、メンバーが自動表示されます。
これにより、コーディングが楽になり、また、可読性も向上します。

列挙型(Enumステートメント)の使用例



Enum 列位置
  A列 = 1
  B列 = 2
  C列 = 3
End Enum

Enum 支店番号
  A支店 = 101
  b支店 = 102
  c支店 = 103
End Enum

Sub sample()
  Cells(1, 列位置.A列) = 支店番号.A支店
  Cells(1, 列位置.B列) = 支店番号.b支店
  Cells(1, 列位置.C列) = 支店番号.c支店
End Sub

使い方はいろいろです。
正数値で、グループ化出来る場合は、Constではなく、Enumを使った方が、
より効率的なコーディングが可能です。

VBA マクロ 画像

列挙型(Enumステートメント)の活用について

マクロVBAを書いているときは列位置などは頭に入っているので、固定数値で書くことに不便はないでしょう。
しかし、後々に修正する必要が出たとき、
列位置の数値がどこで指定されているかを探すことは、とても大変な作業になります。

B列がC列に変更されたことでマクロVBAを変更するとして、
数値の2を3に変更するためには、
2を検索したとしても、検索された2が列数なのか行数なのか、
ひとつずつ前後のVBAコードの確認が必要になります。
そして、列がずれるという事は、B列だけではなくその後ろの列が全て変わるという事になり、
これらを全て正しく変更することは、多大な時間を要することになります。

このような事を考慮して、これに事前に対応する手段として列挙体はとても有効です。
そして、インテリセンスによって非常に効率的にVBAを書くこともできます。
このようにとても便利な機能ですので、ぜひ列挙体を活用してみてください。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第106回.Functionプロシージャー
第107回.プロシージャーの引数
第108回.変数の適用範囲(スコープ,Private,Public)
第109回.列挙型(列挙体)Enum
第110回.ユーザー定義型・構造体(Type)
第111回.静的配列
第112回.動的配列(Redim)
第113回.配列に関連する関数
第114回.セル範囲⇔配列(マクロVBA高速化必須テクニック)
第115回.Split関数
第116回.ファイル操作Ⅱ(OpenとClose)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 列挙型(列挙体)Enum

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ