VBA技術解説
Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2020-02-06

Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について


「Dictionaryオブジェクトについて簡単な使用例を上げて解説して欲しいです。」
との要望をいただいたので、Dictionaryについて基本的な使い方を解説します。


Dictionary(ディクショナリー)は名前の通り、辞書機能であり、連想配列とも呼ばれます。
この辞書には、重複は許されません。
また、この辞書には、キーとデータの2つが存在します。

Dictionaryを使って重複を除く

そこで、最も簡単な例として、重複を除く場合の使い方で解説します。

マクロ VBA サンプル画像

このような表があったとして、
KEY(A列)で重複をなくして、他のシートにコピーする場合を想定しました。

Dictionaryの使い方その1

Sub sample1()
  Dim myDic As New Dictionary
  Dim i As Long


  With Worksheets("Sheet1")
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      myDic(.Cells(i, 1).Value) = .Cells(i, 2).Value
    Next i
  End With

  With Worksheets("Sheet2")
    For i = 0 To myDic.Count - 1
      .Cells(i + 1, 1).Value = myDic.Keys(i)
      .Cells(i + 1, 2).Value = myDic.Items(i)
    Next i
  End With
  Set myDic = Nothing
End Sub


Dictionaryの参照設定

Dim myDic As New Dictionary
これは、
Dim myDic As Dictionary
Set myDic = New Dictionary
これでも良いです。
これらを使うには、
「ツール」→「参照設定」で、
Microsoft Scripting Runtime
これを参照設定して下さい。
参照設定しない場合は、
Dim myDic As Object
Set myDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")
このようにして下さい。

VBAコードの説明は、さほど必要がないようにも思えます。
重要な部分は、太字部分だけになります。
myDic(.Cells(i, 1).Value) = .Cells(i, 2).Value
これでDictionaryに、
キーが.Cells(i, 1).Valueで、値が.Cells(i, 2).Value
これが追加されます。
既に同一キーが存在していた場合は、値が上書きされます。

myDic.Keys(i)
これで、Dictionaryから指定位置のキーを取り出します。

myDic.Items(i)
これで、Dictionaryから指定位置のデータを取り出します。

Dictionaryを使う時の注意点

myDic(.Cells(i, 1).Value)
この、.Valueは省略しないで下さい。
Dictionaryの引数は、オブジェクトを受け入れるので、
.Valueを省略してしまうと、セルである、Rangeオブジェクトが格納されます。
セルの値ではなく、Rangeオブジェクトなので、
値が同じでも、セル位置が違えば、違うオブジェクトとして格納されます。

Dictionaryの使い方その2

myDic(.Cells(i, 1).Value) = .Cells(i, 2).Value
これは上書きになっていますが、上書きしたくない場合もあります。
以下のVBAでは、既にDictionaryに入っているかどうかを調べてから入れています。

Sub sample2()
  Dim myDic As New Dictionary
  Dim i As Long


  With Worksheets("Sheet1")
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      If Not myDic.Exists(.Cells(i, 1).Value) Then
        myDic.Add .Cells(i, 1).Value, .Cells(i, 2).Value
      End If

    Next i
  End With

  With Worksheets("Sheet2")
    For i = 0 To myDic.Count - 1
      .Cells(i + 1, 1).Value = myDic.Keys(i)
      .Cells(i + 1, 2).Value = myDic.Items(i)
    Next i
  End With
  Set myDic = Nothing
End Sub


sample1との大きな違いは、太字の部分だけです。
しかし、ここの違いが大きいのです。
myDic.Add .Cells(i, 1).Value, .Cells(i, 2).Value
これは、Dictionaryに、キーとデータを追加しますが、
この書き方の場合、既に存在している場合は、エラーとなります。

On Err で回避しているコードを見かける事がありますが、On Errは最終手段として使って下さい。
myDic.Exists(.Cells(i, 1).Value)
これで、キーがDictionaryに存在しているかの判定ができます。
存在している場合には、Trueが返ってきます。
後は、sample1と全く同様になります。


2通りの書き方を紹介しましたが、これらのVBAコードは実行速度がとても遅い書き方になります。
Dictionaryからデータを取り出す場合は、For…Eachを使うようにします。


Dictionaryの使い方その3

Sub sample3()
  Dim myDic As New Dictionary
  Dim i As Long
  
  With Worksheets("Sheet1")
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      If Not myDic.Exists(.Cells(i, 1).Value) Then
        myDic.Add .Cells(i, 1).Value, .Cells(i, 2).Value
      End If
    Next i
  End With
  
  Dim vKey As Variant
  With Worksheets("Sheet2")
    i = 0
    For Each vKey In myDic
      i = i + 1
      .Cells(i + 1, 1).Value = vKey
      .Cells(i + 1, 2).Value = myDic.Item(vKey)
    Next
  End With

  Set myDic = Nothing
End Sub

Dictionaryに入れる部分は変更ありません。
太字部分が変更されています。
For…EachでKeyを取り出し、.Itemの引数でKeyを指定してデータを取り出しています。
For…Eachについては、以下を参照してください。
第59回.コレクション処理(For Each)|VBA入門
ForEachは、コレクションの各要素に対して繰り返し処理を実行します。コレクションはオブジェクトの集まりですので、ForEachは、コレクションの中から、個別のオブジェクトを取り出して処理する場合に使用します。コレクションの全ての要素に対しての処理が終わるとループは終了します。

Dictionaryの使い方サンプル

最期に、A列のキーの存在個数をカウントするプログラムを掲載します。
解読してみて、Dictionaryの使い方に慣れてください。

Sub sample4()
  Dim myDic As New Dictionary
  Dim i As Long
  Dim vKey As Variant


  With Worksheets("Sheet1")
    For i = 2 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      If myDic.Exists(.Cells(i, 1).Value) Then
        myDic(.Cells(i, 1).Value) = myDic(.Cells(i, 1).Value) + 1
      Else
        myDic.Add .Cells(i, 1).Value, 1
      End If
    Next i
  End With

  With Worksheets("Sheet2")
    i = 0
    For Each vKey In myDic
      i = i + 1
      .Cells(i + 1, 1).Value = vKey
      .Cells(i + 1, 2).Value = myDic.Item(vKey)
    Next
  End With
  Set myDic = Nothing
End Sub


サイト内のDictionary関連記事

Dictionary(ディクショナリー)のパフォーマンスについて
Dictionary(ディクショナリー)は辞書機能で、連想配列とも呼ばれます。この辞書は、重複は許されず、キーとデータの2つが存在します、今回はこのDictionaryのパフォーマンス(処理速度)を検証します。Dictionaryの基本的な使い方については、こちらを参照してください。

大量VlookupをVBAで高速に処理する方法について
大量データ同士のVlookup処理は、非常に時間のかかる処理となります、マクロVBAで、これを高速に処理する方法について、VBAコードを示し解説します。ワークシート上の関数の場合 シートに関数を入れる場合は、以下を参照してください。【奥義】大量データでの高速VLOOKUP 以下の表で検証します。

大量データにおける処理方法の速度王決定戦
VBAで自動化したが、大量データ処理に時間がかかってしまう… そんな悩みが非常に多いようです、そこで、各種処理方法の速度比較を行い、どの処理方法が最も速いかを検証します。つまり、処理方法の速度王決定戦です。検証する題材としては、最も一般的な集計で行います。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)
Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について
Dictionary(ディクショナリー)のパフォーマンスについて
VBAでのInternetExplorer自動操作
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
VBAでメール送信する(CDO:Microsoft Collaboration Data Objects)
VBAでのOutlook自動操作
ADO(ActiveX Data Objects)の使い方の要点
特殊フォルダの取得(WScript.Shell,SpecialFolders)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

タプル(tuple型、イミュータブル)|Python入門(9月15日)
リスト(list型、配列)|Python入門(9月14日)
文字列操作(str型)|Python入門(9月13日)
greeenはgreenに、greeeeeNをGReeeeNに変換|エクセル雑感(9月13日)
while文とデバッグ(ステップイン)|Python入門(9月12日)
入力規則で○△を入れる数を制限する方法|エクセル雑感(9月12日)
コレクションの要素を削除する場合|エクセル雑感(9月11日)
for文とイテラブルオブジェクト|Python入門(9月10日)
if文とインデントによるブロック|Python入門(9月9日)
ショートカット(Ctrl+Shift+n)抜け番ばどれだ|エクセル雑感(9月8日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ