VBA技術解説
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2019-11-20

参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧


VBAでエクセル外のオブジェクトを使うときには、
事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りがあります、
この時それぞれ何を指定したらよいのか、指定する文字列が長いので結構探してしまうことが度々あります。


そこで、自身の覚え書きとしての意味も含めて、
参照設定、CreateObjectのclass、オブジェクト式
これらの対比表を一覧にまとめてみました。

可能な限り事前バインディングしたほうが良いのですが、
ネットで見つけたサンプルが、遅延バインディング(実行時バインディング)で書かれていて、

これを事前バインディングに変更しようとしたとき、
また、その逆の場合、
指定すべき文字列を探す時の手助けとしてまとめてみました。

バインディングの違いについては、以下を参照してください。
事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)
VBAでActiveXオブジェクトを操作する場合のVBA記述方法が2通りあります。オブジェクトがオブジェクト変数に代入されるとき、事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りです。バインディングとは バインディングはbindingで、縛るとか束ねると言う意味の英単語です。


エクセル外のオブジェクトを使う時のマクロVBAについて
以下では、Dictionaryを例にします。

事前バインディング
「ツール」→「参照設定」で、以下を参照設定

Microsoft Scripting Runtime

参照設定 CreateObject オブジェクト式

Dim myDic As Dictionary
Set myDic = New Dictionary
遅延バインディング(実行時バインディング)
Dim myDic As Object
Set myDic = CreateObject("Scripting.Dictionary")

上記の太字部分
参照設定AsNew、CreateObject
名称がそれぞれ違うため、コーディングの時に迷ってしまいます。
以下の表では、この3つの指定文字列を対比表にしています。



参照設定とclassとオブジェクト式の対比表

参照設定 : 「ツール」→「参照設定」でのライブラリ ファイル
class :CreateObject("XXXXX") での指定文字列
オブジェクト式 :As XXXXX、New XXXXX での指定文字列
参照設定 class(CreateObject) オブジェクト式(As,New)
Microsoft Access X.X Object Library Access.Application Access.Application
Microsoft Excel X.X Object Library Excel.Application Excel.Application
Microsoft Word X.X Object Library Word.Application Word.Application
Microsoft Word X.X Object Library Word.Document Word.Document
Microsoft PowerPoint X.X Object Library PowerPoint.Application PowerPoint.Application
Microsoft Outlook X.X Object Library Outlook.Application Outlook.Application
Microsoft CDO for Windows 2000 Library CDO.Message CDO.Message
Microsoft Internet Controls InternetExplorer.Application InternetExplorer
Microsoft HTML Object Library htmlfile HTMLDocument
Microsoft XML, vX.X MSXML2.XMLHTTP
XMLHTTP60 ・・・Windows10
MSXML2.XMLHTTP
Microsoft ActiveX Data Objects X.X Library ADODB.Connection ADODB.Connection
Microsoft ActiveX Data Objects X.X Library ADODB.Recordset ADODB.Recordset
Microsoft ActiveX Data Objects X.X Library ADODB.Stream ADODB.Stream
Microsoft DAO 3.6 Object Library DAO.DBEngine.120 DAO.DBEngine
Microsoft Forms 2.0 Object Library new:{1C3B4210-F441-11CE-B9EA-00AA006B1A69} MSForms.DataObject
Microsoft Scripting Runtime Scripting.Dictionary Dictionary
Microsoft Scripting Runtime Scripting.FileSystemObject FileSystemObject
Windows Script Host Object Model Wscript.Shell WshShell
Microsoft Shell Controls And Automation Shell.Application Shell32.Shell
Microsoft VBScript Regular Expressions X.X VBScript.RegExp RegExp
Microsoft WMI Scripting VX.X Library WbemScripting.SWbemLocator WbemScripting.SWbemLocator


ここに掲載したものは、
私が今までに使ったことのあるものを基本としているので、多少の偏りがあるかもしれません。
一度くらい使っても忘れているものもあると思います。
今後、上記以外を使うことがあったり思い出した時点で随時追加していこうと思います。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

VBAでのInternetExplorer自動操作
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
VBAでメール送信する(CDO:Microsoft Collaboration Data Objects)
VBAでのOutlook自動操作
ADO(ActiveX Data Objects)の使い方の要点
特殊フォルダの取得(WScript.Shell,SpecialFolders)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ