ExcelマクロVBA技術解説
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2013-09-05

VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)


SQL(Structured Query Language:構造化問い合わせ言語)は、


データベースの定義や表の操作を行う言語です。

データ定義言語であるDDL(data description language)と

データ操作言語であるDML(data manipulation language)に分けられます。

DDLはデータベースの定義を行うためのSQLです。

DMLはデータベースにおけるデータの操作を行うためのSQLで、データの抽出や更新、追加、削除を行います。

ここでは、DMLのSELECTについて主に解説します。


SQL文
  主に以下の命令文があります。
  SELECT    データの抽出(検索)
  UPDATE    データの更新
  INSERT    データの追加
  DELETE    データの削除


SELECT文
  SELECT select_expression [ , select_expression … ] 
  [ FROM table_name [ , table_name …] ]
  [ WHERE where_expression ]
  [ GROUP BY group_expression [ , group_expression …]
  [ ORDER BY order_expression [ , order_expression …] ]

  select_expression
    抽出したいテーブルのフィールドを指定します。
    [テーブル名.]フィールド名
    カンマ(,)で区切って、複数の指定が可能です。
    フィールド名が他のテーブルと重複していない場合は、テーブル名を省略できます。
    フィールドには別名を付けることができます。
    [テーブル名.]フィールド名 AS 別名

  table_name
    テーブル名を指定します。
    カンマ(,)で区切って、複数の指定が可能です。
    フィールドには別名を付けることができます。
    テーブル名 AS 別名

    テーブルの結合
      INNER JOIN    内部結合といい、結合する両方のテーブルに同一データがある場合のみ対象となります。
      LEFT JOIN    外部結合といい、結合する左側のテーブルにデータがある場合は全て対象となります。
      RIGHT JOIN    外部結合といい、結合する右側のテーブルにデータがある場合は全て対象となります。
      ON    結合条件式を記述します。AND OR が使用できます。

  where_expression
    抽出する条件式を記述します。

    [テーブル名.]フィールド名 = 値

  group_expression
    グループ化するフィールドを指定します。
    [テーブル名.]フィールド名
    カンマ(,)で区切って、複数の指定が可能です。

  order_expression
    並べ替えするフィールドを指定します。
    [テーブル名.]フィールド名 [ ASC | DESC]
    カンマ(,)で区切って、複数の指定が可能です。
      ASC  昇順
      DESC  降順
      省略時はASC


SQL文は非常に奥が深く、専門書も多く出ています。

ここでは、基本のSELECTのみ掲載しました。

エクセルVBAで使うSQL分は、ほとんどがSELECTになるでしょう。

SELECTだけでも、使い方・書き方は非常に複雑です。

SQLを勉強するなら、この本は必需品になります、私も持っています。




実践例

以下は、ADODBでSQL文を使っているサンプルを掲載している記事です。

ADOでマスタ付加と集計(SQL)
VBAでADOを使用し、マスターデータよりデータ付加します。ADOではSQL文が必要になりますが、ここではSQL文の詳細については説明を料略します。自身の他シートから、マスタ情報を付加し、さらに、集計をします。

ADOでマスタ更新(SQL)
VBAでADOを使用し、マスターデータを更新します。ADOではSQL文が必要になりますが、ここではSQL文の詳細については説明を料略します。自身のブックの、他シートを更新します。シート「顧客マスタ」の、A列が顧客番号、B列が顧客名で、1行目が見出しになっているものとします。

ADOでCSV読み込み(SQL)
VBAでADOを使用し、CSVデータを読み込みます。ADOではSQL文が必要になりますが、ここではSQL文の詳細については説明を省略します。ADO以外の方法については、「CSVの読み込み方法」を参考にして下さい。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について
Dictionary(ディクショナリー)のパフォーマンスについて
VBAでのInternetExplorer自動操作
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
VBAでメール送信する(CDO:Microsoft Collaboration Data Objects)
VBAでのOutlook自動操作
ADO(ActiveX Data Objects)の使い方の要点
特殊フォルダの取得(WScript.Shell,SpecialFolders)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ