ExcelマクロVBAサンプル集
ADOでCSVの読み込み(SQL)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2016-10-29

ADOでCSVの読み込み(SQL)


VBAでADOを使用し、CSVデータを読み込みます。


ADOではSQL文が必要になりますが、

ここではSQL文の詳細については説明を省略します。

ADO以外の方法については、「CSVの読み込み方法 」を参考にして下さい。
エクセルのVBAでのCSVの読込方法としては。・テキストファイルとして読み込む ・ワークブックとして読み込む ・クエリーテーブルを使う ・ADOを使う ・PowerQueryを使う 大別するとこのようになります。この記事を書いた当初はエクセルのVBAでCSVの読み込みについてネットで検索したところ

エクセルのブックと同一フォルダにある「TESTCSV.csv」を読み込み、

シート「CSV」に貼り付けています。



Sub ReadCsv()
  Dim objCn As New ADODB.Connection
  Dim objRS As ADODB.Recordset
  Dim GYO As Long, COL As Long
  Dim strSQL As String

  With objCn
    .Provider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"
    .Properties("Extended Properties") = "Text;HDR=NO"
    .Open ThisWorkbook.Path & "\"
  End With
  
  strSQL = ""
  strSQL = strSQL & " SELECT *"
  strSQL = strSQL & " FROM"
  strSQL = strSQL & " CSVTEST.csv"
  
  Set objRS = New ADODB.Recordset
  Set objRS = objCn.Execute(strSQL)
  
  With Worksheets("CSV")
    .UsedRange.ClearContents
    .Range("A1").CopyFromRecordset objRS
  End With
  
  objCn.Close
  Set objRS = Nothing
  Set objCn = Nothing
End Sub



※「参照設定」で「Microsoft ActiveX Data Objects 2.X Library」を追加して下さい。


※Excel2007以降の場合は、
.Provider = "Microsoft.ACE.OLEDB.12.0"
こちらを使用してください。

SQL文は特に説明する所もないですね。

.Properties("Extended Properties") = "Text;HDR=NO;FMT=Delimited"
これが、CSVの指定になります。

ヘッダーを読み込まない場合は、

HDR=NO

HDR=YES

にして下さい。

赤字のCSVTEST.csv

がCSVファイル名になります。

SQLでWHERE区を指定することにより、条件指定での抽出も可能です。


※注意

私の実行テストでは、

HDR=NOの場合、

最初のヘッダー、つまり、Cells(1,1)が読み取れませんでした。

ちょっと理由がわかりません。

私の用意したCSVの問題があるのかもしれません。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

CSVの読み込み方法
CSVの読み込み方法(改)
CSVの読み込み方法(改の改)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)
CSVの出力(書き出し)方法
UTF-8でCSVの読み書き(ADODB.Stream)
ADOでマスタ付加と集計(SQL)
ADOでマスタ更新(SQL)
ADOでCSVの読み込み(SQL)
Excelファイルを開かずにシート名を取得
Excelファイルを開かずにシート名をチェック


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ADOでCSVの読み込み(SQL)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ