ExcelマクロVBA技術解説
VBAでのInternetExplorer自動操作

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説
最終更新日:2013-02-18

VBAでのInternetExplorer自動操作


VBAでInternetExplorerを操作したくなることがあります。


Webのデータを取得したり、リンクをクリックしたりと、


これらを自動で行う事が出来ます。


使うのは、


InternetExplorer


というオブジェクトです。


Dim objIE As Object
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")


このように書きます。


出来れば、参照設定で、


「Microsoft Internet Controls」を参照設定すると、


Dim objIE As New InternetExplorer


このように書く事が出来ます。

後者の書き方なら、インテリセンス(自動補完)が働くので


コーディングが楽になります。


objIE.navigate "http://で始まるURL"


これで、InternetExplorerで、指定のページを開く事ができます。


InternetExplorerを非表示のまま操作する場合は、


objIE.Visible = False


とします。


そして、終了する時は、


objIE.Quit
Set objIE = Nothing


一応、お決まり通りに、Nothingにしましょう。


これだけでは、Webページを開くだけで、


実際には、HTMLを解析して、いろいろと操作する事になります。


それは、またの機会に。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)

オブジェクトがオブジェクト変数に代入されるとき事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りがあります。バインディングとは バインディングはbindingで縛るとか束ねると言う意味の英単語です。オブジェクトがオブジェクト変数に代入されるときにバインディングと呼ばれる処理を実行します。
Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について
エクセル掲示板で、Dictionaryオブジェクトについて簡単な使用例を上げて解説して欲しいです。検討お願いしますm(_ _)m と頂いたので、分かる範囲内で解説します。実際は、私はあまり使う事はありません。
Dictionary(ディクショナリー)のパフォーマンスについて
Dictionary(ディクショナリー)は辞書機能ですこの辞書は重複は許されずキーとデータの2つが存在します今回はこのDictionaryのパフォーマンス(処理速度を)を検証します。Dictionaryの基本的な使い方についてはDictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について こちらを参照してください。
VBAでのInternetExplorer自動操作
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)
SQL(StructuredQueryLanguage:構造化問い合わせ言語)はデータベースの定義や表の操作を行う言語です。データ定義言語であるDDL(datadescriptionlanguage)と データ操作言語であるDML(datamanipulationlanguage)に分けられます。
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
正規表現は複雑なパターンマッチングとテキストの検索置換するためのツールです、VBAで正規表現を使う場合はRegExpオブジェクトを使用します、RegExpは、VBScriptに正規表現が用意されているオブジェクトです。メタ文字 メタ文字の一覧です。
VBAでメール送信する(CDO:Microsoft Collaboration Data Objects)
VBAでメール送信する方法はいろいろありますがここではCDO(MicrosoftCollaborationDataObjects)を使っての送信方法を解説します。メール送信はメーラーを使う方法やフリーのDLLを使う方法等もありますがまずはWindowsに標準であるCDOを使ってみましょう。
VBAでのOutlook自動操作
エクセルでメールの送受信する方法はいくつかありますがなかなか面倒ですしサポートされない機能(CDOは送信のみ)があったりと不便な事が多いです。そこでExcelを使っていると言う事は大抵はOutlookもインストールされているはずですのでこれを使ってメールの送受信を行うという選択をすることは自然な流れです。
ADO(ActiveX Data Objects)の使い方の要点
ADOはMicrosoftが提供するデータベースアクセスのためのソフトウェア部品です。OLEDBをActiveXコントロールの形で使えるようにしたプログラミングインターフェースになります。ここでは、ADOを使用したデータベースへの接続方法を解説します。
特殊フォルダの取得(WScript.Shell,SpecialFolders)
デスクトップのフォルダスタートメニューのフォルダ個人用ドキュメントのフォルダなどWindowsの特殊フォルダを取得するにはネイティブのWindowsシェルへのアクセスを提供するWScript.ShellのSpecialFoldersプロパティを使用します。CreateObject関数で作成したWscript.ShellのSpecialFoldersプロパ…
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧
VBAでエクセル外のオブジェクトを使うときには事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りがありますこの時それぞれ何を指定したらよいのか指定する文字列が長いので結構探してしまうことが度々あります。そこで自身の覚え書きとしての意味も含めて参照設定CreateObjectのclass


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • VBAでのInternetExplorer自動操作

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ