VBA技術解説
VBAでのInternetExplorer自動操作

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2013-02-18

VBAでのInternetExplorer自動操作


VBAでInternetExplorerを操作したくなることがあります。


Webのデータを取得したり、リンクをクリックしたりと、


これらを自動で行う事が出来ます。


使うのは、


InternetExplorer


というオブジェクトです。


Dim objIE As Object
Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")


このように書きます。


出来れば、参照設定で、


「Microsoft Internet Controls」を参照設定すると、


Dim objIE As New InternetExplorer


このように書く事が出来ます。

後者の書き方なら、インテリセンス(自動補完)が働くので


コーディングが楽になります。


objIE.navigate "http://で始まるURL"


これで、InternetExplorerで、指定のページを開く事ができます。


InternetExplorerを非表示のまま操作する場合は、


objIE.Visible = False


とします。


そして、終了する時は、


objIE.Quit
Set objIE = Nothing


一応、お決まり通りに、Nothingにしましょう。


これだけでは、Webページを開くだけで、


実際には、HTMLを解析して、いろいろと操作する事になります。


それは、またの機会に。




同じテーマ「VBA技術解説」の記事

事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)

VBAでActiveXオブジェクトを操作する場合のVBA記述方法が2通りあります。オブジェクトがオブジェクト変数に代入されるとき、事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りです。バインディングとは バインディングはbindingで、縛るとか束ねると言う意味の英単語です。
Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について
エクセル掲示板で、Dictionaryオブジェクトについて簡単な使用例を上げて解説して欲しいです。検討お願いしますm(_ _)m と頂いたので、分かる範囲内で解説します。実際は、私はあまり使う事はありません。
Dictionary(ディクショナリー)のパフォーマンスについて
Dictionary(ディクショナリー)は辞書機能です、この辞書は、重複は許されず、キーとデータの2つが存在します、今回はこのDictionaryのパフォーマンス(処理速度を)を検証します。Dictionaryの基本的な使い方については、Dictionary(ディクショナリー)連想配列の使い方について こちらを参照してください。
VBAでのInternetExplorer自動操作
VBAでのSQLの基礎(SQL:Structured Query Language)
SQL(StructuredQueryLanguage:構造化問い合わせ言語)は、データベースの定義や表の操作を行う言語です。データ定義言語であるDDL(datadescriptionlanguage)と データ操作言語であるDML(datamanipulationlanguage)に分けられます。
VBAで正規表現を利用する(RegExp)
正規表現は複雑なパターンマッチングとテキストの検索置換するためのツールです、マクロVBAで正規表現を使う場合はRegExpオブジェクトを使用します、RegExpは、VBScriptに正規表現として用意されているオブジェクトです。メタ文字 メタ文字の一覧です。
VBAでメール送信する(CDO:Microsoft Collaboration Data Objects)
VBAでメール送信する方法はいろいろありますが、ここでは、CDO(MicrosoftCollaborationDataObjects)を使っての送信方法を解説します。メール送信は、メーラーを使う方法や、フリーのDLLを使う方法等もありますが、まずは、Windowsに標準であるCDOを使ってみましょう。
VBAでのOutlook自動操作
エクセルでメールの送受信する方法はいくつかありますが、なかなか面倒ですし、サポートされない機能(CDOは送信のみ)があったりと、不便な事が多いです。そこで、Excelを使っていると言う事は、大抵はOutlookもインストールされているはずですので、これを使って、メールの送受信を行うという選択をすることは自然な流れです。
ADO(ActiveX Data Objects)の使い方の要点
ADOはMicrosoftが提供するデータベースアクセスのためのソフトウェア部品です。OLEDBをActiveXコントロールの形で使えるようにしたプログラミングインターフェースになります。ここでは、ADOを使用したデータベースへの接続方法を解説します。
特殊フォルダの取得(WScript.Shell,SpecialFolders)
デスクトップのフォルダ、スタートメニューのフォルダ、個人用ドキュメントのフォルダなど、Windowsの特殊フォルダを取得するには、ネイティブのWindowsシェルへのアクセスを提供するWScript.ShellのSpecialFoldersプロパティを使用します。CreateObject関数で作成したWscript.ShellのSpecialFolder…
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧
VBAでエクセル外のオブジェクトを使うときには、事前バインディングと遅延バインディング(実行時バインディング)の2通りがあります、この時それぞれ何を指定したらよいのか、指定する文字列が長いので結構探してしまうことが度々あります。そこで、自身の覚え書きとしての意味も含めて、参照設定、CreateObjectのclass、


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ツイッターで出されたVBAのお題をやってみた|エクセル雑感(1月13日)
イベントプロシージャーの共通化(Enter,Exit)|ユーザーフォーム入門(1月13日)
Rangeオブジェクトの論理演算(差集合と排他的論理和)|VBA技術解説(1月10日)
イベントプロシージャーの共通化|ユーザーフォーム入門(1月7日)
コントロールの動的作成|ユーザーフォーム入門(1月6日)
Evaluateメソッド(文字列の数式を実行します)|VBA技術解説(1月5日)
エクスポート(PDF/XPS)|VBA入門(1月2日)
分析関数(OVER句,WINDOW句)|SQL入門(12月25日)
取得行数を限定するLIMIT句|SQL入門(12月21日)
外部ライブラリ(ActiveXオブジェクト)|VBA入門(12月21日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • VBAでのInternetExplorer自動操作

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ