VBAサンプル集
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№1

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2016-10-30

アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№1

後日追記

アメブロの仕様変更が度々あり、ここで紹介しているコードで取得できないものもあります、
いつ仕様変更されるかわかりませんので、都度変更するのは結構大変です。
あくまで、WEBページの取得技術方法として参考にしてください。



アメブロにはバックアップ機能がありません。

間違って削除・更新してしまう事もありますので、なんとかバックアップを取っておきたいところです。

ブラウザで記事を表示して、ローカルに保存すれば良いのですが、ちょっと面倒です。

そして、記事本文以外も全てくっついてきてしまいますので、後々の処置が困ります。

ExcelマクロVBAを使えば、この記事本文のみのバックアップも可能です。

VBAでInternetExplorerを操作し、中の情報を取得します。

ただし、アメブロへのログイン機能は付けていませんので、


事前にInternetExplorerアメブロにログインしておいて下さい。、
(ログインしたら、InternetExplorerは閉じてしまって良いです)

まず、以下のようなシートを用意して下さい。

マクロ VBA サンプル画像

色合いは、なんでもかまいません。

A列には、記事エントリーのIDが入ります。
IDは数値なのですが、後々の扱いやすさを考慮して、表示形式を「文字列」にして下さい。

標準モジュールを追加して、

まずは、以下を貼り付けてください。

Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)
'64bit版のExcelの場合は、以下のようにPtrSafeを付けて下さい。
'Declare PtrSafe Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)

Sub untilReady(objIE As Object)
  Dim starttime As Date
  starttime = Now()
  Do While objIE.Busy = True Or objIE.ReadyState <> READYSTATE_COMPLETE
    Sleep 100
    DoEvents
    If Now() > DateAdd("S", 10, starttime) Then
      Exit Do
    End If
  Loop
End Sub



これは、


InternetExplorerで指定のURLを開いた時に、すべて読み込まれるまで待つためのプロシージャーです。

InternetExplorerにURLを指定しても、しばらく進捗バーが進むのを待ちますよね、それに相当します。

Do While objIE.Busy = True Or objIE.ReadyState <> READYSTATE_COMPLETE

この部分がそうです。

Busy、または、COMPLETE以外の間は待つということです。

もし応答なしになってしまうと、永久にDo~Loopから抜けませんので、

If Now() > DateAdd("S", 10, starttime) Then

これで、10秒待ってもダメだったら抜けるようにしています。

では、本題のバックアップするコードに入ります。

いや、その前に、まずは記事の一覧を取得します。

アメブロの記事本文をVBAでバックアップする №1 №2 №3 №4 №5 №6



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№1
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№1
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証№1
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦№1
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善№1
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう
他ブックへのリンクエラーを探し解除
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ