ExcelマクロVBAサンプル集
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№5

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2013-06-02

アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№5


さーて、いよいよ大詰め、記事本文のバックアップです。


以下のプロシージャーを追加して下さい。



Sub 記事取得()
  Dim i As Long
  Dim strPath As String
  Dim strTheme As String
  Dim strEntry As String
  Dim objFSO As New FileSystemObject
  Dim OutTS As TextStream
  Dim objIE As New InternetExplorer
  Dim objITEM As Object
  objIE.Visible = False
  strPath = ThisWorkbook.Path & "\HTML\"
  With Worksheets("記事一覧")
    For i = 4 To .Cells(.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
      objIE.navigate .Cells(i, 3).Hyperlinks(1).Address
      Call untilReady(objIE)
      .Cells(i, 2) = objIE.Document.getElementById("entry_title").Value
      .Cells(i, 5) = objIE.Document.getElementById("entry_created_datetime").Value
      strTheme = objIE.Document.getElementById("theme_id").Value
      For Each objITEM In objIE.Document.getElementsByTagName("option")
        If objITEM.Value = strTheme Then
          .Cells(i, 4) = objITEM.innertext
          Exit For
        End If
      Next
      strEntry = objIE.Document.getElementById("entry_text").Value
      Set OutTS = objFSO.CreateTextFile( _
            Filename:=strPath & "\entry_" & .Cells(i, 1) & ".html", _
            Overwrite:=True)
      OutTS.Write strEntry
      OutTS.Close
    Next
  End With
  objIE.Quit
  Set objIE = Nothing
End Sub


一覧取得とは別プロシージャーにしました。


一覧取得の中に組み込んで、プログラムを複雑にするより、

このように、機能毎に分割した方が良いでしょう。


また、このように分割することで、

記事本文のみ再取得するといった使い方もできるようになります。

前回までとは違い

getElementById

これで取得しています。

HTMLソースを見て頂ければわかりますが、

テキストボックス等には、IDが付いていますので、直接取得可能なのです。

IDが

entry_title : タイトル
theme_id : テーマ
entry_created_datetime : 日時
entry_text : 記事本文


となっています。

タイトルと日時は問題ないとおもいます。

問題は、テーマです。

テーマは、テーマのIDが取得できますが、ただのIDです。

そこで、ドロップダウンこれがoptionなので、

このoptionの中から、当該IDと同じものを見つけます。

その見つかったテキストが、テーマの文字列となります。

後は、FileSystemObjectで、このエクセルファイルと同一フォルダにある、

サブフォルダ"HTML"に取得した、記事本文(entry_text)を出力しています。

FileSystemObjectを事前バインディングで使っているので、

「ツール」→「参照設定」、「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けて下さい。

これで完成しました。

指定月のすべての記事一覧を取得し、記事本文のバックアップが完成です。

次回は、最終回として、改善すべき点等の考察をします。

アメブロの記事本文をVBAでバックアップする №1 №2 №3 №4 №5 №6



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№6
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№5
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証№4
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦№8
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善№3
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう
他ブックへのリンクエラーを探し解除するマクロ(変更前)
Excelシートの複雑な計算式を解析するVBAの関数構文


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)
VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月11日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • アメブロの記事本文をVBAでバックアップする№5

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ