ExcelマクロVBAサンプル集 | オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう | ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2017-12-06

オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう


ExcelマクロVBAでオセロ(リバーシ)を作っていきながら、マクロVBAを学んで行きましょう。

目的は、マクロVBAの学習であり、思考を整理しVBAでプログラミングする学習です。

従って、強いソフトを作ることが目的ではありませんので、
最近流行のAIなんちゃら・・・なんていうのは考えるつもりはありません。

あくまで、マクロVBAの学習素材としてオセロを作成するという事です。
そして、マクロVBAを学習するとは、プログラミングの学習です。

プログラミングで最も重要な事は、思考を論理的に整理し、それをプログラミング言語に表すという事にあります。
本記事では、この点に重点を置いて書き進めます。
従って、マクロVBAの記述自体は、本サイト内の他のページで解説しているものがほとんどになります。

・石を置ける場所とは
・自分の石で相手の石を挟むとは

これらを、しっかりと文章化できなければ、VBAでプログラミングすることはできません。
本記事では、このような事を、

・論理的に整理
・文章化
・マクロVBAでのプログラミング


このように進めて行きます。
マクロVBAの記述方法やテクニックはあまた解説されています。
しかし、それらを読んでもなかなか実際にプログラミング出来ないものです。

それは、

論理的に整理し文章化することが出来ていないからなのです。
本記事の最大の目的は、論理的思考と文章化にあります。

とはいえ、

出来れば少しでも強いソフトが作成できればそれに越したことはありませんので、
なんとか頑張って、そこそこ遊べる程度のソフトにしてみたいと思ってはいます。

機能としては、

・対戦は、人orPC 対 人orPC
・石を置ける場所の事前ヒント表示
・黒白の現在獲得石数の表示
・勝敗の決定


ここまでは必須として機能を実装する予定です。

出来れば、

・PCの強さ設定

これが出来るととても良いですよね。。
そして、最終的に、私より強いソフトになったりすれば最高ではあります。

※注意事項
マクロVBAを学ぶ上で、ごく基本事項は他のページで学習してください。
ExcelマクロVBA入門
Excelマクロ再入門
出で来る用語や意味が分からない場合は、適宜上記の該当ページを参照してください。
少なくとも、Excelマクロ再入門は、ある程度は理解しておいてください。



全体の目次





同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする1
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証1
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦1
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP