ExcelマクロVBAサンプル集 | ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1 | ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2017-11-26

ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1


ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦」で作成したVBAでナンバーリンクを解く事には成功しました、

しかし、

10×10なら数分で解けるものの、

10×18でやったところ、4時間半もかかってしまいました。

12×12では、待ちきれずに途中で止めてしまいました。


これでは、ちょっと実用に耐えません。


取り急ぎ時間を短縮するなら、表示タイミングを減らせばよく、

Call dispCell(

において、見る必要のない場所は、False指定にします。

具体的には、

行き場所がなくなり、順次戻る部分は表示を止めても、見た目は違和感を感じません。
tryCnt = tryCnt - 1
Call dispCell(True,


ここをFalse指定にします、getAdvance内に2箇所存在します。

ただ、確かに時間は半減しますが、

10×10なら、これで良い気もしますが、

10×18では、やはり時間がかかりすぎています。


全体を見直し、無駄な記述も確認しつつ、

新たに、ダメな進路パターンの判定を加えていきます。

ここからは、まさに時間との勝負です。

クイズが解けるまでの時間と、自身の費やす時間との勝負です。

2へ続きます。


ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善 : 1 2 3


こちらの最終完成版のダウンロード




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする1
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証1
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦1
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP