ExcelマクロVBAサンプル集 | オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう3 | ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説



最終更新日:2017-12-06

オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう3


ExcelマクロVBAでオセロ(リバーシ)を作っていきながらマクロVBAを学ぶ第3回です。

いよいよ自分の石を置いて、相手の石をひっくり返す処理に進むのですが、
その前に、そもそも自分の石を置ける場所はどこなのか・・・。

クリックしたセルは、自分の石を置いて良いセルなのかの判定が必要です。
この判定が出来なければ、ゲームが成立しません。

自分の石を置いて良いセルは、
隣接するセルに相手の石があり、その延長線上にさらに自分の石がある場所に限られます。
つまり、自分の石で相手の石を挟む形になる場所でなければ石を置くことが出来ません。
さて、これをどうやってマクロVBAでプログラミングすれば良いのか・・・

下図の局面で黒石が置ける場所は、薄緑色の場所になります。



黒石を置ける場所を考えてみます。
下図はF7を例にしています。



上、右上、右、右下、下、左下、左、左上
この8方向に対して、
隣に1個以上の相手石が連続しており、かつ、その連続の続きに自分の石があること
つまり、
その場所に自分の石を置くことで、相手の石を自分の石で挟めること
言い換えれば、
自分の2個の石の間が、相手の石で埋め尽くされていること

では、マクロVBAで実現するには・・・
まずは、上記の8方向に進むにはどうすれば良いかになります。
セルの記述は、Cells(i, j)として、
上方向には、
1つ上は、Cells(i - 1, j)
2つ上は、Cells(i - 2, j)
・・・
つまり、行を1ずつ減らし、列は変えないことになります。
右上方向には、
1つ右上は、Cells(i - 1, j + 1)
2つ上は、Cells(i - 2, j + 2)
・・・
つまり、行を1ずつ減らし、列は1ずつ増やすことになります。ことになります。

行列数の増減を表にまとめると、
方向
-1 0
右上 -1 +1
0 +1
右下 +1 +1
+1 0
左下 +1 -1
0 -1
左上 -1 -1

整理すると、
行は、-1,0,+1
列は、-1,0,+1
この3通りの組み合わせになっています。
つまり、
For i = -1 To 1
For j = -1 To 1
この組み合わせで良いことになります。
この組み合わせは、For〜Nextをネストすれば良いことになります。

For i = -1 To 1
  For j = -1 To 1
    'ここで相手の石を挟めるかの判定をします。
  Next
Next

i=0,j=0の時は移動しないので無視して問題ありません。
これで、8方向ができましたので、
次は相手の石を挟めるかの判定になります。

1方向に向かって次々に置かれている石を判定していくことになりますが、終端が必要です。
判定の終了条件は、
・空白(石が置かれていない)
・自分の石が置かれている
空白があれば、連続が途切れたということ
(盤面の四方には、空白セル(茶色の部分)があるので盤面を超えません。)
つまり、空白で修理用した場合は、相手の石を挟んでいないということ、
つまり、自分の石が出てくることが必要条件です。
そして、それまでに相手の石があれば、相手の石を挟んでいるということになります。
8方向のいずれか一つの方向だけでも相手石を挟めれば、そこに自分の石を置ける。


自分の石を置ける場所の判定の整理

・判定セルから、8方向に検査を進める
・8方向は、
 For i = -1 To 1
 For j = -1 To 1
 これをネストする
・1方向に向かって順に置かれている石を判定
 終了条件は、
  ・空白(石が置かれていない)
  ・自分の石が置かれている
 自分の石が置かれていて終了した時、それまでに相手の石があるか
・8方向のいずれか一つでも、上記条件を満たせば、自分の石が置ける


今回は、文章で思考を整理してみました。
次回は、これに基づきマクロVBAを実装していきます。

4へ続きます。

全体の目次


ここまでのサンプルファイルのダウンロード




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

エクセルでファイル一覧を作成
アメブロの記事本文をVBAでバックアップする1
数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦1
数独(ナンプレ)を解くアルゴリズムの要点とパフォーマンスの検証1
ナンバーリンク(パズル)を解くVBAに挑戦1
ナンバーリンクを解くVBAのパフォーマンス改善1
オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

数値範囲で表検索するVLOOKUP近似一致|エクセル関数超技(10月5日)
エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説(9月8日)
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)|VBA技術解説(8月28日)
VBAこれだけは覚えておきたい必須基本例文10|VBA技術解説(8月22日)
VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • オセロを作りながらマクロVBAを学ぼう3

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP