ExcelマクロVBA入門
第59回.コレクション処理(For Each)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-09-22

第59回.コレクション処理(For Each)


For Each は、コレクションの各要素に対して繰り返し処理を実行します。
コレクションはオブジェクトの集まりですので、
For Each は、
コレクションの中から、個別のオブジェクトを取り出して処理する場合に使用します。
コレクションの全ての要素に対しての処理が終わるとループは終了します。


※For Eachでは配列も扱えますが、ここではコレクションについてのみ説明します。

For Each の構文

For Each element In group
  [statements]
  [Exit For]
  [statements]

Next [element]



element 必ず指定します。
コレクションの各要素を繰り返す変数を指定します。
引数 element にはバリアント型変数、総称オブジェクト型変数、または固有オブジェクト型のオブジェクト変数を指定できます。
group 必ず指定します。
オブジェクト コレクション名または配列名を指定します。
statements 省略可能です。
引数 group の各メンバに対して実行するステートメントを指定します。

elementのデータ型について
elementに指定するオブジェクトについては、「第52回.オブジェクト変数」で説明した、
Variant(バリアント型) > Object(総称オブジェクト型) > 固有オブジェクト型
ということになります。

固有オブジェクト型が不明な場合は、総称オブジェクト型やバリアント型でも良いのですが、
そもそも、コレクション名は解っている訳ですから、
コレクション名の最後のsを取れば、それで通常は、固有オブジェクト型になります。
Dim 変数 As ○○○
For Each 変数 In ○○○s
 ・・・
Next 変数
○○○がオブジェクト、○○○sがコレクションです。
ただし、
※全てのオブジェクト・コレクションについてこの規則が当てはまるわけではありません。
  あくまで、このような命名規則が多いというこです。

Exit For

コレクションの全ての要素に対し処理が終了する前に、ループを抜けます。

For Each 変数 In コレクション
  ・・・
  If 終了すべき条件 Then
    Exit For
  End If
  ・・・
Next

このような使い方になります。

For Each の使用例



Dim ws As Worksheet
For Each ws In Worksheets
  ws.PrintPreview
Next ws

これで、全シートが印刷プレビューされます。
(印刷プレビューについては、後々説明します。)

これは、For Eachを使わずに書くと、

Dim i As Integer
For i = 1 To Worksheets.Count
  Worksheets(i).PrintPreview
Next i

このようになります。
.Countはコレクションの要素数です。

Dim ws As Worksheet
For Each ws In ThisWorkbook.Worksheets
  Debug.Print ws.Name
Next

マクロの書かれているブックのすべてのワークシートをイミィディエイトウインドウに出力しています。

RangeオブジェクトのFor Each

RangeをFor Eachで処理する場合、少々注意が必要です。

Dim MyRange As Range
Dim i As Long
i = 1
For Each MyRange In Range("A1:B5")
  MyRange = i
  i = i + 1
Next

これを実行してみれば解りますが、
A1,B1,A2,B2,・・・
このような順に処理されます。

そもそもセルは縦横の2次元なので、For Eachにはあまり向きません。
例えば、とりあえず、横・縦の順でも問題なかったとしても、
その後に、縦・横の順に変更する必要が出てきたときに困る事になります。
従って、このような処理順をきにする必要がないときにのみ使用することになります。

For Each サイト内の参考ページ

練習問題17(ブック・シートの操作の練習)
マクロVBA練習問題 ※まず最初に A列にパス、B列にブック名(エクセルのファイル名)を、実際のあなたのPC環境に合わせて入力して下さい。・シート「練習17_回答」を新規に追加し、そのA列にブック名 B列にそのブックの全シート名の一覧を入れて下さい。
複数シートの印刷(PrintOut)|VBAサンプル集
複数シートの印刷方法です。シートは、ワークシートが「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」があり、その他で、グラフシートもあるとします。ワークシートのみ印刷する場合です。シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。
名前定義の一覧(Name)|ExcelマクロVBAサンプル集
名前定義は使い方によっては、とても便利な機能ですが、長く使っているブックでは、とても多くの名前定義が入ってしまっていたり、参照エラーを起こしている名前定義が多数あったりと、管理に困る場合も多々出てきます。これらが発生する原因としては、ブック間のシートコピーで増えていってしまったり、シートおよびセルの削除によって参照エラーになったままにしておくことで、



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第56回.Rangeオブジェクト(RangeとCells)
第57回.Applicationのプロパティ(マクロ高速化と警告停止等)
第58回.コレクションとは(Collection)
第59回.コレクション処理(For Each)
第60回.エラー処理(On Error)
第61回.「On Error GoTo」と「Exit Sub」
第62回.「On Error Resume Next」とErrオブジェクト
第63回.ブックを開く(Open)
第64回.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)
第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)
第66回.シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • コレクション処理(For Each)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ