VBAサンプル集
名前定義の一覧と削除(Name)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2019-10-27

名前定義の一覧と削除(Name)


名前定義は使い方によっては、とても便利な機能ですが、
長く使っているブックでは、とても多くの名前定義が入ってしまっていたり、
参照エラーを起こしている名前定義が多数あったりと、管理に困る場合も多々出てきます。


これらが発生する原因としては、
ブック間のシートコピーで増えていってしまったり、
シートおよびセルの削除によって参照エラーになったままにしておくことで、
後々に見た時に何の名前定義かさえも分からなくなってしまったりします。

名前定義の一覧を取得し、シートに書き出すマクロVBA



Sub sample()
  Dim nm As Name
  Dim i As Long
  i = 1
  For Each nm In ActiveWorkbook.Names
    Cells(i, 1) = nm.Name
    Cells(i, 2) = "'" & nm.Value
    Cells(i, 3) = nm.Parent.Name
    i = i + 1
  Next
End Sub

Cells(i, 1) = nm.Name
名前定義の名前です。

Cells(i, 2) = "'" & nm.Value
名前定義の参照範囲です。
.Valueは.RefersToや.RefersToR1C1等でも良いです。

Cells(i, 3) = nm.Parent.Name
範囲がブックと、シートがありますので、
親オブジェクトを出力しています。
名前の範囲がブックの場合はブック名、シート範囲の場合はシート名が出力されます。

非表示の名前定義を表示

Sub sample2()
  Dim nm As Name
  For Each nm In ActiveWorkbook.Names
    nm.Visible = True
  Next
End Sub

nm.Visible = True
これで表示しています。
このVBAでは、元が表示/非表示に関わらず全て表示にしています。

名前定義を削除する



Sub sample3()
  Dim nm As Name
  On Error Resume Next
  For Each nm In ActiveWorkbook.Names
    nm.Delete
  Next
  On Error GoTo 0
End Sub

古くから引き継いでいるブック等では、削除できない名前定義が存在していることが多々あります。
その時には、エラーになってしまう為、
On Error Resume Next
これで、エラーを無視するようにしています。
VBAで削除できずに残ってしまう名前定義は、先の非表示の名前定義を表示を実行してから、エクセルの名前の管理で削除してみてください。

全てではなく、参照エラーとなっている名前定義だけ削除する場合は、

Sub sample4()
  Dim nm As Name
  On Error Resume Next
  For Each nm In ActiveWorkbook.Names
    If nm.Value Like "*[#]REF!*" Then
      nm.Delete
    End If
  Next
  On Error GoTo 0
End Sub

参照範囲の文字列を判定することで、他ブックを参照している名前定義だけを削除する等、いろいろなパターンに変更可能でしょう。

さらに極めてまれですが、
ブックの共有等(原因ははっきりしませんが)で、数万以上の名前定義が存在していることがあります。
そのようなブックにおいては、For Eachがエラーとなってしまい処理できない場合もあります。
このような場合は、以下のようにしてください。

Sub sample5()
  Dim i As Long
  On Error Resume Next
  For i = 1 To ActiveWorkbook.Names.Count
    ActiveWorkbook.Names(i).Delete
  Next
  On Error GoTo 0
End Sub

これでも削除できないような場合は、VBAでの対応は難しいと思われます。

サイト内の関連ページ

第92回.名前定義(Names)|VBA入門
名前定義をマクロVBAで扱う場合の解説になります、名前定義は、複数セル範囲や単一セルに対して名前を付けることで、そのセル範囲を参照する時に名前で参照できるようにするものです。名前で参照できることで、セル位置(行位置、列位置)を固定値で指定しなくて済むようになります。

指定セルに名前定義されているか判定する
名前定義は、VBAでは、セル位置の特定において重要な役割を持ちます、あるセルが名前定義されているか判定するVBAになります。ここでは、名前定義されている場合は、その名前定義を削除するVBAサンプルとしています。指定セル範囲が何らかの名前定義に含まれているか Subsample1(rngAsRange) DimnmAsName ForEachnmInNam…



同じテーマ「VBAサンプル集」の記事

罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)
マクロVBAの開始時と終了時に指定しておくべきApplicationのプロパティ
オートフィルター(AutoFilter)
日付のオートフィルタ(AutoFilter)
印刷ダイアログを使用する(xlDialogPrint)
名前定義の一覧と削除(Name)
シートを名前順に並べ替える
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する
増殖した条件付き書式を整理統合する
条件付き書式で変更された書式を取得する


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

トランザクション処理|SQL入門(12月11日)
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)|SQL入門(12月9日)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除|SQL入門(12月8日)
データの削除(DELETE)|SQL入門(12月7日)
データの更新(UPDATE)|SQL入門(12月6日)
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)|SQL入門(12月5日)
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)|SQL入門(12月4日)
データベースの正規化とマスタの作成|SQL入門(12月3日)
データベースにおけるNULLの扱い方|SQL入門(12月2日)
オブジェクト変数とは何か|VBA技術解説(12月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • 名前定義の一覧と削除(Name)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ