ExcelマクロVBAサンプル集
日付のオートフィルタ(AutoFilter)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2013-05-14

日付のオートフィルタ(AutoFilter)


とても便利なオートフィルターですが、日付となると、結構大変です。


以下の表で説明します。


Excel解説


普通は、こんなように指定します。




Sub Macro1()
  Range("A1").Select
  Selection.AutoFilter
  ActiveSheet.Range("$A$1:$B$11").AutoFilter Field:=1, Operator:= _
    xlFilterValues, Criteria2:=Array(2, "6/5/2011")
End Sub


Operator:= xlFilterValues

は2007以降で追加された機能です。

複数選択する場合の指定です。


Criteria2:=Array(2, "6/5/2011")
これが問題ですね。

Arrayは配列です。

例えば、複数日付を選択する場合は、

Criteria2:=Array(2, "6/5/2011", 2, "6/6/2011")

となります。

日付の指定が、日/月/年、になっていますが、。

普通に、年/月/日、の指定で良いです。

2, "6/5/2011"

は、指定の日付の日になります、

0は、年

1は、月

2は、日

でフィルタされるのです。



2003では、


Sub Macro1()
  Range("A1").Select
  Selection.AutoFilter
  Selection.AutoFilter Field:=1, Criteria1:="2011/6/5"
End Sub



いずれにしても、セルの表示書式によっては、正しくフィルターされません。


その為、結構苦労した人は多いのではないでしょうか。


最も簡単な解決策は、Criteriaに指定する値を、セルの表示書式に合わせる。


これが最も多く利用されていると思われます。


以下のようなプログラムになります。


Sub Macro1()
  ActiveSheet.Range("$A$1:$B$11").AutoFilter Field:=1, _
    Criteria1:=Format(CDate("2011/6/5"), Range("A2").NumberFormatLocal)
End Sub


これでも良いのですが、行によって、表示書式が違っていたりすると、間違った抽出をしてしまうことになります。


重要なデータだったら困りますよね。


もちろん、途中で表示書式が違うようなエクセルは作成するべきではありませんが、


たまたま、そうなっていた事で、重大なデータ漏れを発生させるわけにはいきません。


このやり方をする場合は、フィルタの前に、表示書式を整えておく必要があります



表示書式を変更せずに、そのままでも正しく抽出するには、


以下のような方法もあります。


Sub Macro1()
  ActiveSheet.Range("$A$1:$B$11").AutoFilter Field:=1, _
    Criteria1:=">=" & CLng(CDate("2011/6/5")), _
    Operator:=xlAnd, _
    Criteria2:="<=" & CLng(CDate("2011/6/5"))
End Sub

CLng(CDate("2011/6/5")

ここは、直接セルを参照する場合は、セル.Value2で良いです。


ちょっと面倒ですが、これなら、全てのバージョンで正しく動作します。


恐らく、ネットで検索しても、なかなか良い解決策が提示されていないのではないかと思います。


特に、日付はやっかいです。


ただし、この指定では、飛び飛びの日付や数値を指定ができません。


そのような場合は、前出の書式を合わせる方法を使用して下さい。


とにかく、日付は面倒でやっかいです、その事だけは覚えておいて対処しましよう。




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)
マクロの開始・終了(Applicationのプロパティ)
オートフィルター(AutoFilter)
日付のオートフィルタ(AutoFilter)
印刷ダイアログを使用する(xlDialogPrint)
名前定義の一覧(Name)
シートを名前順に並べ替える
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する
増殖した条件付き書式を整理統合する
条件付き書式で変更された書式を取得する


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)
Shift_JISのテキストファイルをUTF-8に一括変換|VBAサンプル集(5月31日)
「VBAによる解析シリーズその2 カッコ」をやってみた|エクセル(5月21日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー作成|VBA技術解説(5月18日)
テーブル操作のVBAコード(ListObject)|VBA入門(5月12日)
テーブル操作の概要(ListObject)|VBA入門(5月12日)
VBAのスクレイピングを簡単楽にしてくれるSelenium|VBA技術解説(5月6日)
Excelワークシート関数一覧(2010以降)|VBAリファレンス(4月22日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄


  • >
  • >
  • >
  • 日付のオートフィルタ(AutoFilter)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。






    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ