ExcelマクロVBAサンプル集
マクロVBAの開始時と終了時に指定しておくべきApplicationのプロパティ

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2019-07-07

マクロVBAの開始時と終了時に指定しておくべきApplicationのプロパティ


マクロVBAの開始時および終了時に指定した方が良いApplicationのプロパティの開設です。
特に重要なもの、マクロVBAの処理速度に関係するものを紹介します。


Applicationのプロパティの詳細については以下をご覧ください。。

第57回.Applicationのプロパティ(マクロ高速化と警告停止等)
Applicationは、Excel全体をあらわすオブジェクトです、つまり、エクセルそのものだと考えて下さい。ここでは、そのプロパティの一部を紹介します。ここで紹介するApplicationのプロパティはほんの一部です。
Applicationのプロパティ、メソッド、イベントの一覧
エクセルそのものであるApplicationオブジェクトのプロパティメソッドイベントの一覧です。覚えるというより必要に応じて調べて使うものになります。Applicationオブジェクトのプロパティ一覧 名前 説明 ActiveCell 最前面に表示されているアクティブウィンドウ(一番手前のウィンドウ)または指定されたウィンドウでのアクティブセルを表すRa…

マクロVBA開始時

Sub マクロ開始()
  Application.ScreenUpdating = False '画面描画を停止
  Application.EnableEvents = False 'イベントを抑止
  Application.DisplayAlerts = False '確認メッセージを抑止
  Application.Calculation = xlCalculationManual '計算を手動に
End Sub

マクロVBA終了時

Sub マクロ終了()
  Application.StatusBar = False 'ステータスバーを消す
  Application.Calculation = xlCalculationAutomatic '計算を自動に
  Application.DisplayAlerts = True '確認メッセージを開始
  Application.EnableEvents = True 'イベントを開始
  Application.ScreenUpdating = True '画面描画を開始
End Sub


Applicationのプロパティ解説

Application.ScreenUpdating ・・・ 画面表示の更新を制御
マクロVBAの実行中に画面表示の更新を止めて、マクロを高速に処理されるようにします。
マクロの先頭の方で、
ScreenUpdating = False
こうすることで、マクロ実行中の画面表示が更新されないので、
その画面更新にかかる時間が不要になり、それだけ早く処理が終了します。

マクロが終了すると、自動的に画面表示が更新されますが、
マクロの最期で、
ScreenUpdating = True
として、明示的に書いておく方が良いでしょう。

Application.Calculation ・・・ 計算方法の設定
計算モードを変更します。
設定値
xlCalculationAutomatic:自動
xlCalculationManual:手動
xlCalculationSemiautomatic:データテーブル以外の自動
Calculation = xlCalculationManual
この記述をすることで、
これ以降、自動計算は行われなくなります。

この設定は、マクロ終了後も引き続き有効となりますので、
マクロVBA終了時に、
Calculation = xlCalculationAutomatic
に戻しておきます。


Application.StatusBar ・・・ ステータスバーの文字列を設定
マクロVBA内で、ステータスバーを使用していなければ、不要です。

ステータス バーに文字列を設定します。
StatusBar = "文字列"
これで、ステータスバーに文字列が表示されます。
ステータス バーの文字列を既定値に戻すには、
StatusBar = False
とすることで、それまでに表示していた文字列は消されます。

Application.EnableEvents ・・・ イベントの発生の制御
イベント処理を使用しない場合は、不要です。

Application.EnableEvents = False
これで、新たなイベント発生が停止されます。
Worksheetのイベントプロシージャー|マクロVBA入門
Worksheetのイベントプロシージャーは、ワークシートまたはそのセルに対し特定の操作(これがイベント)が行われた時に実行されます。イベントは、手動でもVBAでも、どちらで操作が行われても発生します。Worksheetのイベントプロシージャーの一覧紹介と主要なイベントについて解説します。
特に、WorksheeetのChangeを使用する場合、
イベント発生を停止しておかないと、VBAでセル値を変更しても新たにWorksheet_Changeが実行されてしまいます。
結果的に、イベントの連鎖が起こり、無限ループが発生してエラーとなります。

この設定は、マクロ終了後も引き続き有効となりますので、
マクロVBA終了時に、
Application.EnableEvents = True
これで、新たなイベント発生が発生するようになります。
これを入れ忘れると、プロシージャー終了後も新たなイベントが発生しなくなります。

もしマクロが途中でストップしてしまい、マクロ終了が実行されなかった場合は、
手動で、マクロ終了のプロシージャーを実行するようにして下さい。

上記以外にも、開始終了時に指定するものはありますが、
とりあえず、このくらいを押さえておけば問題ないでしょう。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application)
罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)
マクロVBAの開始時と終了時に指定しておくべきApplicationのプロパティ
オートフィルター(AutoFilter)
日付のオートフィルタ(AutoFilter)
印刷ダイアログを使用する(xlDialogPrint)
名前定義の一覧(Name)
シートを名前順に並べ替える
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)
Withステートメントの実行速度と注意点|VBA技術解説(6月6日)
VBA+SeleniumBasicで検索順位チェッカー(改)|VBA技術解説(6月2日)
マクロでShift_JIS文字コードか判定する|VBA技術解説(6月1日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • マクロVBAの開始時と終了時に指定しておくべきApplicationのプロパティ

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ