ExcelマクロVBAサンプル集
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2014-11-14

数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)


複数のシートにまたがる数式を入力していると、自身のシート名!が数式についてしまいます、
この自身のシート名!は不要であり、式を見づらくしてしまいます、
この不要なシート名を、マクロVBAで一括削除します。


ブックの全シート、全セルを対象として、
数式の中から、自身のシート名!を削除するマクロVBAになります。

Sub sample()
  Dim ws As Worksheet
  Dim rng As Range
  For Each ws In Worksheets
    For Each rng In ws.UsedRange
      If rng.HasFormula Then
        rng.Formula = Replace(rng.Formula, ws.Name & "!", "")
      End If
    Next
  Next
End Sub


全シート処理の
For Each ws In Worksheets


ここは、このサイトを訪れる人には問題ないと思います。

全セルの処理
For Each rng In ws.UsedRange
書き方はいろいろありますが、これが一番簡単かつ無駄が無いでしょう。

数式の判定
If rng.HasFormula Then
Rangeオブジェクト.HasFormula
数式が設定されている場合は
Trueが返されますので、これで判定しています。

自身のシート名!を削除する部分
rng.Formula = Replace(rng.Formula, ws.Name & "!", "")
Rangeオブジェクト.Formula
これは数式のプロパティですが、この他に
FormulaLocal
FormulaR1C1
等々があります。
どれを使用しても構いませんが、
必ず、左辺と右辺で同じものを使用してください。
当たり前ではありますが、結構ミスしやすい部分になります。

コードは短いですが、さくっと使えると結構便利だと思います。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)

エクセルでは、罫線を引く事が多いです。この罫線は、以外に処理時間もかかりますし、やり方によっては、VBAの行数も多くなります。とにかく、簡単に罫線を引く方法です。以下の表を作成する場合です。罫線を引く順番等、いろいろありますが、とにかく短いコードにしてみます。
マクロVBAの開始時と終了時に指定しておくべきApplicationのプロパティ
マクロVBAの開始時および終了時に指定した方が良いApplicationのプロパティの開設です。特に重要なもの、マクロVBAの処理速度に関係するものを紹介します。Applicationのプロパティの詳細については以下をご覧ください。
オートフィルター(AutoFilter)
エクセルでは、定番機能のフィルターです。「Sheet1」のA列でフィルターし、「Sheet2」へコピーします。ごく基本的なフィルターです。フィルターのセル範囲指定は、いろいろな指定が可能です。「連続セル範囲の選択 」も参考にして下さい。
日付のオートフィルタ(AutoFilter)
とても便利なオートフィルターですが、日付となると、結構大変です。以下の表で説明します。普通は、こんなように指定します。Operator:=xlFilterValues は2007以降で追加された機能です。
印刷ダイアログを使用する(xlDialogPrint)
入力しやすいように、セルに色をつけている事が多いと思いますが、印刷時には、ちょっとじゃまな場合もあります。インク(トナー)も無駄ですしね。印刷時に色指定を解除して印刷する方法になります。Application.Dialogs(xlDialogPrint).Show 印刷タイアログを表示します。
名前定義の一覧と削除(Name)
名前定義は使い方によっては、とても便利な機能ですが、長く使っているブックでは、とても多くの名前定義が入ってしまっていたり、参照エラーを起こしている名前定義が多数あったりと、管理に困る場合も多々出てきます。これらが発生する原因としては、ブック間のシートコピーで増えていってしまったり、シートおよびセルの削除によって参照エラーになったままにしておくことで、
シートを名前順に並べ替える
シートを名前順に並べ替える方法になります。配列を使っていますが、配列が難しい場合は、シートに書き出して処理すれば良いでしょう、並べ替えもシート上なら簡単です。上記では、シート名を文字列として処理しています。
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する
セルに入っている数式の参照しているセルを取得するには、RangeのPrecedentsプロパティを使いますが、このプロパティは他のシートの参照には対応していません。また、セルの参照先を取得するプロパティには、Dependentsプロパティがあります。
増殖した条件付き書式を整理統合する
コピペによって条件付き書式は際限なく増加していきます、あまり増えすぎると、Excelの動作が遅くなる場合もありますし、条件や書式を変更したい時にも困ることになります。このような場合は、条件付き書式を消して再設定するしかなくなります、これを解決するVBAを考えてみました。
条件付き書式で変更された書式を取得する
条件付き書式が設定されている場合、当然ですが見た目は、本来そのセルに設定されている書式ではなく、条件付き書式の条件によって設定されている書式になります。VBAで、この条件付き書式によって設定された書式を取得します。これが取得できるようになったのは、Excel2010からですので、このページで紹介するVBAコードはExcel2010以降でのみ有効なものです。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAでのCSVの扱い方まとめ|VBAサンプル集(11月9日)
VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ