ExcelマクロVBA関数 | InStr関数 | Excelマクロで必須のVBA関数を入門・初級・初心者向けに詳細解説



最終更新日:2019-01-25

InStr関数


Instr関数は、VBAでは頻繁に使われる必須関数になります、

文字列の中から指定した文字列を先頭から検索し、最初に見つかった文字位置を返す文字列処理関数です。

検索文字が見つからなかった場合は、0を返します、

つまり、
検索文字が見つかった時は、その文字位置の数値、
見つからなかった時は、0が戻り値となります。


Instr関数はVBAの文字列操作系関数の中でも極めて使用頻度の高い関数ですので、
しかっかりと使えるようになっておく必要があります。


InStr関数

InStr([start, ]string1, string2[, compare])

start
省略可能です。
検索の開始位置を表す数式を指定します。
省略すると、先頭の文字から検索されます。
引数 start に Null 値が含まれている場合、エラーが発生します。
引数 compare を指定した場合は、start も指定する必要があります。
string1
必ず指定します。
検索対象となる文字列式を指定します。
string2
必ず指定します。
引数string1内で検索する文字列式を指定します。
compare
省略可能です。
引数 compare を省略すると、バイナリ モードで比較が行われます。

文字列比較の比較モードを指定する番号を設定します。
引数compareを指定した場合は、引数startも指定する必要があります。
設定する値については、次の「設定値」を参照してください。

定数 説明
vbUseCompareOption -1 Option Compare ステートメントの設定を使用して比較を行います。
Option Compareの規定は、vbBinaryCompareになります。
vbBinaryCompare 0 バイナリ モードで比較を行います。
vbTextCompare 1 テキスト モードで比較を行います。

※バイナリ モードでは、全角半角、大文字小文字が区別されます。
  テキストモードでは、全角半角、大文字小文字が区別されません。

VBA関数では多くの場合、大文字小文字を区別されます。
従って、InStr関数使用時も、大文字小文字を区別されるバイナリ モードを使う事が多くなります。
大文字小文字を区別せずに判定したい場合は、
LCase関数
UCase関数
StrConv関数
これらと組み合わせて使用することになります。

戻り値(返り値)
バリアント型 (内部処理形式 Long の Variant) の値を返します。

文字列(string1)の中から指定した文字列(string2)を検索し、
最初に見つかった文字位置(先頭からその位置までの文字数)を返します。

検索文字が見つからなかった場合は、0を返します。


InStrB関数

文字列をバイト データとして扱う場合は、InStrB関数を使用します。

InstrB関数は文字列をバイト データとして扱い、
検索結果をバイト位置 (先頭からその位置までのバイト数) で返します。


使用例.

InStr("エクセルExcel", "E") ・・・ 5
InStr("エクセルExcel", "ce") ・・・ 7
InStr(6, "エクセルexcel", "e")・・・ 8、6文字以降で検索するので、2番目のeの位置


応用例1.

A列に何かの名称が入っているとして、
「(」の前までを取り出す場合です。

Dim i As Long
For i = 1 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  If InStr(Cells(i, 1), "(") > 0 Then
    Cells(i, 2) = Left(Cells(i, 1), InStr(Cells(i, 1), "(") - 1)
  End If
Next

InStr関数で、「(」があるかどうかを判定してから、
「(」がある場合には、その前までを取り出してB列に入れています。


応用例2.

A列に社名が入っているとして、
「株式会社」という名称が含まれていたら、B列に「株式会社」と出力する。

Dim i As Long
For i = 1 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
  If InStr(Cells(i, 1), "株式会社") > 0 Then
    Cells(i, 2) = "株式会社"
  End If
Next

よく使われる使い方になります。
ただし、この場合は、Like演算子を使って、
If Cells(i, 1) Like "*株式会社*" Then
このように書いても同じです。
実際には、InStr関数とLike演算子は、好みによって使い分けられている場合が多いようです。


応用例3.

バイナリ モードで、全角半角、大文字小文字が区別しない場合は、
以下のように関数をネストさせます。

Dim str As String
str = "ExcelExcel"
MsgBox InStr(str, "e") '結果は9
MsgBox InStr(StrConv(LCase(str), vbNarrow), StrConv(LCase("e"), vbNarrow)) '結果は1

検索対象、検索文字、双方を、
・LCase関数で、小文字変換
・StrConv関数で、半角変換
これにより、全角半角、大文字小文字が区別せずに検索されます。



※関連関数

InStrRev関数

InStrRev関数は、
文字列の中から指定した文字列を最後の文字位置から検索を開始し、
最初に見つかった先頭からの文字位置を返す文字列処理関数です。

InStr関数と対で覚えるようにしてください。


文字列系関数の参考ページ

第47回.VBA関数(文字列操作,Replace,InStr,StrConv)|ExcelマクロVBA入門

文字列操作に関するVBA関数の一覧の掲載と、
Replace関数、InStr関数、StrConv関数について詳細に解説しています。


※VBA関数一覧




同じテーマ「マクロVBA関数」の記事

Val関数
Replace関数
StrConv関数
InStr関数
InStrRev関数
IsArray関数
IsDate関数
IsEmpty関数
IsNumeric関数
DateAdd関数
Format関数

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

Excelシートの複雑な計算式を解析するVBA|VBAサンプル集(2月18日)
VBAクラスの作り方:独自Rangeっぽいものを作ってみた|VBA技術解説(2月16日)
VBAクラスの作り方:列名のプロパティを自動作成する|VBA技術解説(2月14日)
VBAクラスの作り方:列名の入力支援と列移動対応|VBA技術解説(2月11日)
クラスを使って他ブックのイベントを補足する|VBA技術解説(2月6日)
Excelアドインの作成と登録について|VBA技術解説(2月3日)
参照設定、CreateObject、オブジェクト式の一覧|VBA技術解説(1月20日)
VBAでファイルを規定のアプリで開く方法|VBA技術解説(1月20日)
ドキュメントプロパティ(BuiltinDocumentProperties,CustomDocumentProperties)|VBA技術解説(1月19日)
他ブックへのリンクエラーを探し解除|VBAサンプル集(1月15日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
6.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
8.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • InStr関数

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP