VBAサンプル集
セル結合して表を見やすくする(非推奨)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-04-13

セル結合して表を見やすくする(非推奨)


最近はセル結合が忌み嫌われているようです。
でもでも、やはり見やすいですよね。
最終的な出力シートならセル結合して見やすくしたいことだってありますよね。


セル結合を解除して値を埋めるマクロVBAは巷に多数あります。
そこで、全く逆の同一値はセル結合するマクロVBAです。

セル結合して表を見やすくするVBA



Option Explicit

Sub セル結合して見やすくする()
  'セル選択以外は無視
  If TypeName(Selection) <> "Range" Then Exit Sub
  
  Dim target As Range
  Dim rng As Range
  
  '対象範囲の確定
  Set target = Selection
  If Selection.Count = 1 Then
    Set target = target.CurrentRegion
  Else
    Set target = Intersect(target, target.Worksheet.UsedRange)
  End If
  If target.Rows.Count = 1 Then
    Exit Sub
  End If
  
  '念の為いったん空欄を埋める
  For Each rng In target
    If rng.Value = "" And rng.Row > 1 Then
      rng.Value = rng.Offset(-1).Value
    End If
  Next
  
  Application.DisplayAlerts = False
  'セル結合する
  For Each rng In target
    If rng.Row > target.Row And rng.Value <> "" Then
      If rng.Value = rng.Offset(-1).MergeArea.Item(1).Value Then
        If rng.Column > target.Column Then
          If rng.Offset(, -1).MergeArea.Item(1).Value = rng.Offset(-1, -1).MergeArea.Item(1).Value Then
            rng.Offset(-1).Resize(2).Merge
          End If
        Else
          rng.Offset(-1).Resize(2).Merge
        End If
      End If
    End If
  Next
  Application.DisplayAlerts = True
End Sub

マクロVBAのショートカット登録

ショートカットでもなんでも適当に起動してください。

「開発」タブ→「マクロ」→「オプション」

VBA マクロ セル結合


マクロVBAでショートカットを登録するなら



Sub マクロのショートカット登録()
  Application.OnKey "^M", "セル結合して見やすくする"
End Sub

Sub マクロのショートカット解除()
  Application.OnKey "^M"
End Sub

"^M"は、Ctrl+Shift+M

セル結合して表を見やすくするVBAの使い方

1セルしか選択していない場合は、当該セルを含む連続セル領域を対象とします。
複数セル選択している場合は、選択範囲を対象とします。

VBA マクロ セル結合

特に凝ったVBAではありませんので、適当に使ってみてください。
元データ壊して困らないように、必ずバックアップは取ってくださいね。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

印刷ダイアログを使用する(xlDialogPrint)
名前定義の一覧と削除(Name)
シートを名前順に並べ替える
数式内の不要なシート名を削除する(HasFormula)
数式の参照しているセルを取得する
増殖した条件付き書式を整理統合する
条件付き書式で変更された書式を取得する
セル結合/解除でセル値を退避/回復
セル結合なんて絶対に許さないんだからね
セルの数式をネスト色分けしてコメント表示
セル結合して表を見やすくする(非推奨)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

多階層フォルダ(ディレクトリ)の作成|VBAサンプル集(7月31日)
VBAのインデントについて|VBA技術解説(7月16日)
「VBA Match関数の限界」についての誤解|エクセル雑感(7月15日)
省略可能なVariant引数の参照不可をラップ関数で利用|VBA技術解説(7月12日)
100桁の正の整数値の足し算|エクセル雑感(7月9日)
LSetとユーザー定義型のコピー(100桁の足し算)|VBA技術解説(7月9日)
Variant仮引数のByRefとByValの挙動違い|エクセル雑感(7月5日)
Variant仮引数にRange.Valueを配列で渡す方法|エクセル雑感(7月5日)
Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ