ExcelマクロVBA入門
第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)

Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-17

第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)


マクロVBAでシートを挿入(新規追加)したり、名前を変更する場合の解説です。
シートを挿入すれば、大抵の場合はシート名も変更することになりますので、
シート挿入→シート名変更、この一連のVBAをセットで覚えておきましょう。


シートの挿入

VBAでシートを総に優するには、Sheets.AddメソッドWorksheets.Addメソッドを使います。
Sheets.Add Before, After, Count, Type
または、
Worksheets.Add Before, After, Count, Type



Before 指定したシートの直前に、新しい シートを追加します。
After 指定したシートの直後に、新しいシートを追加します。
Count 追加するシートの数を指定します。既定値は 1 です。
Type ワークシートの種類を指定します。既定値は xlWorksheet です。

名前付き引数です。

戻り値
挿入された、
ワークシート、グラフ シート、またはマクロ シートを表すオブジェクト型 (Object) の値

Before、After
ともに省略すると、アクティブシートの直前に挿入されます。

Count
複数シートを同時に追加すると、その後のマクロが書きづらくなりますので、
複数シートを追加する場合でも、1シートづつ追加するようにした方が良いので、
この引数は使わないほうが良いでしょう。

Type
ワークシートの種類を指定します。

xlChart グラフ
xlDialogSheet ダイアログ シート
xlExcel4IntlMacroSheet Excel バージョン 4 International Macro シート
xlExcel4MacroSheet Excel バージョン 4 マクロ シート
xlWorksheet ワークシート

既定値は xlWorksheet 、つまりワークシートです。
したがって、ほとんどの場合は、この引数は指定しません。

Addメソッドの使用例.
Sheets.Add
アクティブシートの直前にワークシートが追加されます。

Sheets.Add After:=Sheets(Sheets.Count)
シートの最後にワークシートが追加されます。

シートの名前変更

VBAでシート/eを変更するには、
シートのオブジェクト.Nameプロパティ
このプロパティの値を変更します。
シートのオブジェクト.Name = "名前"

シートのオブジェクトは、
Sheets(インデックス)
Worksheets("シート名")
オブジェクト変数(Worksheet型)
等々になります。

Nameプロパィの使用例
Worksheets(1).Name = "名前"

シート挿入、名前変更の実践例



Dim ws As Worksheet
Set ws = Sheets.Add(After:=Sheets(Sheets.Count))
ws.Name = "新規シート"

With Sheets.Add(After:=Sheets(Sheets.Count))
  .Name = "新規シート"
End With

シートの最後に、"新規シート"というワークシートを追加しています。
Sheets.Addの戻り値がオブジェクトなので、
前者は、戻り値をそのままオブジェクト変数に入れて使用しています。
後者は、戻り値をWithで受けとって使用しています。
どちらが良いという事もなく、
挿入されたシートを使う範囲が狭ければWithを使うことで変数宣言の必要性もなく記述が簡潔になります。
その後に色々と使うようであればオブジェクト変数に入れたほうがVBAが書きやすい場合が多いでしょう。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第62回.「On Error Resume Next」とErrオブジェクト
第63回.ブックを開く(Open)
第64回.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)
第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)
第66回.シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)
第67回.総合練習問題7
第68回.シートの保護、ブックの保護(Protect)
第69回.シートの非表示(Visible)
第70回.ウィンド枠の固定(FreezePanes)
第71回.印刷(PrintOut)
第72回.印刷プレビュー(PrintPreview)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • シートの挿入、名前の変更(Add,Name)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ