ExcelマクロVBA入門
第69回.シートの非表示(Visible)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-17

第69回.シートの非表示(Visible)


ユーザーが操作・閲覧する必要のないシートは非表示にする事で、使い易いExcelブックにします。
マスタ情報やマクロでのみ使用するデータが入っているシート等で、
通常使用者が変更することがなく、見る必要もないのであれば、
シート保護をするより非表示にしてしまった方が、ユーザーにとっては使いやすいものとなります。


シートの非表示

マクロVBAでシートを非表示にするには、WorksheetkVisibleプロパティを設定します。
Worksheet.Visibleプロパティ = 設定値

設定値

xlSheetHidden ユーザーがメニューで再表示できるワークシートを非表示にします。
xlSheetVeryHidden オブジェクトは非表示になります。
このプロパティに再び xlSheetVisible を設定しない限り、オブジェクトは表示されません。
また、ユーザー側でオブジェクトを表示することはできません。
xlSheetVisible シートを表示します。

xlSheetHidden
通常の非表示です。

xlSheetVeryHidden
通常の操作では、表示する事が出来なくなります。
ユーザーに、絶対に触れてほしくないシートの場合に使用します。
xlSheetVeryHiddenに設定したシートは削除できません
シート削除するには、
xlSheetHiddenまたはxlSheetVisibleに設定する必要があります。

xlSheetVisible
シートを表示します。

注意
ブックが保護されている場合は、Visibleプロパティの変更はエラーとなります。

シート非表示の使用例

ThisWorkbook.Unprotect
Worksheets(1).Visible = xlSheetVisible
ThisWorkbook.Protect

ブックの保護を解除してから、
シートを表示し、
またブックを保護に戻しています。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第66回.シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)

シートをコピーや移動をしたり、また削除する場合の説明です、VBAでは、雛形シートをコピーして使ったり、不要なシートを削除することは頻繁にあります。シートのコピー・移動には、Worksheet.Copyメソッド、Worksheet.Moveメソッド これら、WorkSheetオブジェクトのメソッドを使用します。
第67回.総合練習問題7
マクロVBA練習問題 ブックとシートを扱う問題です。まず以下を見て下さい。シート「ブック一覧」のA列にパス、B列にブック名が入っています。このブックを開き、中の全てのシート名を取得して下さい。先頭に「シート一覧」というシート追加し、A列にブック名、B列にシート名を書き出して下さい。
第68回.シートの保護、ブックの保護(Protect)
せっかく作ったExcelシートを間違って壊してしまったり、Excel操作に慣れない人が壊してしまったりしたら困ります。無用な改変、意図しない変更からシートを保護するには、ワークシートを保護します。ただしシートの削除は、シート保護では守れません、シートの保護に対応するには、ブックの保護が必要です。
第69回.シートの非表示(Visible)
第70回.ウィンド枠の固定(FreezePanes)
ウインド枠を固定し、行の上部や列の左側がスクロールされないようにする場合のマクロVBA解説になります。ワークシートの行の上部や列の左側は、通常は見出しとして使う事が多くなります。ウィンドウ枠を固定することで見出しの行や列を固定し、スクロールしても見出しが表示されたままにする場合が多くなります。
第71回.印刷(PrintOut)
シートの内容をマクロVBAで印刷する場合は、PrintOutメソッドを使用します。このPrintOutメソッドが使える対象オブジェクトは複数あります、ブック、シート、セル、それぞれにPrintOutメソッドが存在するので、印刷範囲によって使い分けてください。
第72回.印刷プレビュー(PrintPreview)
VBAで印刷プレビューを表示するには、PrintPreviewメソッドを使用する方法と、PrintOutメソッドを使用する方法があります。PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドが使える対象オブジェクトは複数あります。ブック、シート、セル、それぞれにPrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドが存在します。
第73回.ページ設定(PageSetup)
VBAで印刷のページ設定をするには、PageSetupオブジェクトのプロパィを設定することで行います。基本的には、事前に印刷するシートのページ設定をしておくことが望ましいのですが、VBAで作成したシート等、事前にページ設定することができない場合はマクロVBAで印刷のページ設定をします。
第74回.ファイルを開くダイアログ(GetOpenFilename)
VBAで開くファイルが、あらかじめ決められたフォルダに決められたファイル名で存在していないような場合には、ユーザーに開くフイルを選択してもらう必要があります。ユーザーに開くフイルを選択してもらうには、ApplicationオブジェクトのGetOpenFilenameメソッドである、[ファイルを開く]ダイアログボックスを使用します。
第75回.名前を付けて保存ダイアログ(GetSaveAsFilename)
VBAで保存するExcelファイルの保存先フォルダとファイル名をあらかじめ決めておけない場合は、ユーザーに保存先フォルダとファイル名を指定してもらう必要があります。ユーザーに保存するフイルを指定してもらうには、ApplicationオブジェクトのGetSaveAsFilenameメソッドである、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを使用します。
第76回.ファイルダイアログ(FileDialog)
VBAでファイルを指定するダイアログを扱うには、すでに紹介したGetOpenFilenameやGetSaveAsFilenameがありますが、さらに、今回紹介する、FileDialogオブジェクト こちらも使用することができ、GetOpenFilenameやGetSaveAsFilenameにはない便利な機能が提供されています。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • シートの非表示(Visible)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ