VBA入門
印刷プレビュー(PrintPreview)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2021-10-02

第72回.印刷プレビュー(PrintPreview)


VBAで印刷プレビューを表示するには、
・PrintPreviewメソッドを使用する
・PrintOutメソッドを使用する
この2通りの方法があります。


PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドが使える対象オブジェクトは複数あります。
ブック、シート、セル、それぞれにPrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドが存在します。


PrintPreviewメソッド

式.PrintPreview EnableChanges

式.には、
Windowオブジェクト
Workbookオブジェクト

Worksheetオブジェクト
Rangeオブジェクト
Chartオブジェクト
Sheetsコレクション
Worksheetsコレクション
Chartsコレクション


これらのオブジェクトに、PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドがあります。

EnableChanges 余白など、印刷プレビューで設定可能なページ設定オプションをユーザーが変更できるかどうかを示すブール型 (Boolean) の値。
省略時の既定値はTrueです。

EnableChanges:=False
このようにすることで、プレビュー画面では、印刷設定のボタンが使用不可となります。


非表示シートに対してPrintPreviewメソッドを使用した場合はエラーとなります。

使用例.
Activeworkbook.PrintPreview
アクティブブックのアクティブシートが印刷プレビューされます。
PrintOutの場合は、全シートが印刷されますが、
PrintPreviewでは、アクティブシートしかプレビューされませんので注意して下さい。

Worksheets(1).PrintPreview EnableChanges:=False
アクティブブックの1番目のシートが印刷プレビューされます。
印刷設定のボタンは使用出来なくしています。

Range("B2:D30").PrintPreview
アクティブブックのアクティブシートのB2セル~D30セルが印刷プレビューされます。


PrintOutメソッドの使用

前回の、PrintOutメソッドで、
・PrintOutメソッド ・PrintOutメソッドの使用例 ・印刷時にプリンターを選択したい場合 ・印刷総ページ数の取得 ・間違った印刷を大量に行わないわない為には
引数PreviewにTrueを指定することで、印刷プレビューされます。

Preview:=True
これで、印刷プレビューされます。

ブックの全シートの印刷プレビュー
ActiveWorkbook.PrintOut Preview:=True
全シートのプレビューには、上記のPrintOutメソッドを使って下さい。


PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドの使い分け

PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドのどちらを使った方が良いかという事になりますが、
通常は、PrintOutメソッドを使えば良いでしょう。
引数の変更だけで、印刷と印刷プレビューを切り替えられます。

PrintPreviewメソッドを使う最大のメリットは、
EnableChanges:=False
これで、余白などページ設定をユーザーにさせないようにできるという事です。
これが必要ない場合は、PrintOutメソッドを使えば良いでしょう。




同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第69回.シートの非表示(Visible,Hidden)
第70回.ウィンド枠の固定(FreezePanes)
第71回.印刷(PrintOut)
第72回.印刷プレビュー(PrintPreview)
第139回.エクスポート(PDF/XPS)
第73回.ページ設定(PageSetup,PageBreak)
第74回.ファイルを開くダイアログ(GetOpenFilename)
第75回.名前を付けて保存ダイアログ(GetSaveAsFilename)
第76回.ファイルダイアログ(FileDialog)
第77回.組み込みダイアログ(Dialogs,xlDialogPrint)
第78回.総合練習問題8


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

文字列のプロパティ名でオブジェクトを操作する方法|VBA技術解説(2022-12-14)
数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.繰り返し処理(Do Loop)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ