VBA入門
第78回.総合練習問題8

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-06-27

第78回.総合練習問題8

マクロVBA練習問題

・ダイアログで、Excelファイルを選択する
・指定されたExcelファイルの全ワークシートを印刷する
ただし、
非表示シートは対象外とする
また、
シートの全セルの背景色は消して下さい。


チャレンジしてみましょう。

ヒント!

書き方はいろいろあります。
まずは自分なりの書き方で書いてみましょう。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

マクロVBA練習問題解答へ

では解答へ進んでください。

エクセル厳選情報メールマガジン登録
登録は無料です。
こちらの登録で、専用メールアドレスにて質問が可能となります。

解答はこちら、「総合練習問題8解答」



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第75回.名前を付けて保存ダイアログ(GetSaveAsFilename)

VBAで保存するExcelファイルの保存先フォルダとファイル名をあらかじめ決めておけない場合は、ユーザーに保存先フォルダとファイル名を指定してもらう必要があります。ユーザーに保存するフイルを指定してもらうには、ApplicationオブジェクトのGetSaveAsFilenameメソッドである、[名前を付けて保存]ダイアログボックスを使用します。
第76回.ファイルダイアログ(FileDialog)
VBAでファイルを指定するダイアログを扱うには、すでに紹介したGetOpenFilenameやGetSaveAsFilenameがありますが、さらに、今回紹介する、FileDialogオブジェクト こちらも使用することができ、GetOpenFilenameやGetSaveAsFilenameにはない便利な機能が提供されています。
第77回.組み込みダイアログ(Dialogs,xlDialogPrint)
Excelを操作していると、その時々で多種多様なダイアログが表示されます。マクロVBAでは、Excelの全ての組み込みダイアログを使用することが出来ます。どのようなダイアログがあるか一覧を紹介しつつ、VBAでのダイアログの使い方を解説します。
第78回.総合練習問題8
第79回.ファイル操作Ⅰ(Dir)
VBAでは、フォルダのファイル一覧を取得したりファイルの存在確認をする事が出来ます、Dir関数は、指定したパターン(ワイルドカード)やファイル属性と一致するファイルまたはフォルダの名前を表す文字列の値を返します。引数に指定したファイルが存在すると、そのファイル名を返し存在しないと空欄を返します。
第80回.ファイル操作Ⅰ(その他)
VBAではファイル操作するためのステートメントと関数が多数用意されています、VBAでファイル操作する場合は、これらの用意されたステートメントや関数を使い処理を実現します。ファイル操作で使う、ステートメントと関数 ChDriveステートメント ChDirステートメント CurDir関数 MkDirステートメント RmDirステートメント Killステートメ…
第81回.総合練習問題9
VBA練習問題 自身のブックのあるフォルダについて、以下の処理をして下さい ・サブフォルダ"BACKUP"を作成して下さい ・フォルダ内のすべてのエクセルファイルを"BACKUP"にコピーして下さい。ただし、ファイル名は、〇〇○.xls→○○○_yyyymmdd.xls このように、
第82回.RangeのResizeプロパティ
Resizeプロパティは、指定されたセル範囲(Rangeオブジェクト)のサイズを変更します、そして、サイズが変更されたセル範囲(Rangeオブジェクト)を返します。サイズ変更は、縦方向の行数、横方向の列数の両方またはどちらか一方を指定できます。
第83回.RangeのOffsetプロパティ
Offsetプロパティは、指定されたセル範囲(Rangeオブジェクト)をオフセット(移動)します、オフセット(移動)したセル範囲を表すRangeオブジェクトを返します。Offsetとは、「差し引きする」意味ですが、Offsetプロパティで取得されるのは、元のRange範囲を、指定した行数・列数移動したRange範囲になります。
第84回.RangeのAddressプロパティ
Addressプロパティは、セル範囲(Rangeオブジェクト)の参照範囲を表す文字列の値を返します。引数により、参照方法($の付いた絶対参照)や形式(R1C1形式)を指定できます。Addressは、VBAの中で処理の一環として使う事はあまり多くないかもしれませんが、VBA作成過程ではRangeオブジェクト変数のアドレス確認に使う事もあり、
第85回.結合セルの扱い
セルが結合されていると、マクロでは時に扱いづらい事があります、セル結合されている場合に、VBAでどのように取り扱うかを解説します。そもそも、やたらにセル結合すべきではないのですが、見た目重視で作られたシートでは、セル結合が頻繁に使用されているものです。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBA100本ノック 18本目:名前定義の削除|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 17本目:重複削除(ユニーク化)|VBA練習問題100(11月6日)
VBA100本ノック 16本目:無駄な改行を削除|VBA練習問題100(11月5日)
VBA100本ノック 15本目:シートの並べ替え|VBA練習問題100(11月4日)
VBA100本ノック 14本目:社外秘シート削除|VBA練習問題100(11月3日)
VBA100本ノック 13本目:文字列の部分フォント|VBA練習問題100(11月1日)
VBA100本ノック 12本目:セル結合を解除|VBA練習問題100(10月31日)
VBA100本ノック 11本目:セル結合の警告|VBA練習問題100(10月30日)
VBA100本ノック 10本目:行の削除|VBA練習問題100(10月29日)
VBA100本ノック 9本目:フィルターコピー|VBA練習問題100(10月28日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ