ExcelマクロVBA入門
第64回.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)

Excelマクロの基礎と応用、エクセルVBAの入門・初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-17

第64回.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)


VBA マクロ ブックを開く Open

ワークブックを閉じる場合や保存する場合のマクロVBAの説明です。
閉じる時に保存するか保存しないかを指定できます、
また、
ブックを保存するにも、上書きなのか別ファイルにするのか等によってVBAの記述がそれぞれ違ってきます。


ブックを閉じる

ブックを閉じるには、WorkbookのCloseメソッドを使用します。
Workbook.Close SaveChanges, Filename, RouteWorkbook



SaveChanges ブックに変更がない場合、この引数は無視されます。ブックに変更がある場合、この引数で変更を保存するかどうかを指定します。
Filename 変更後のブックのファイル名。
RouteWorkbook ブックの回覧。

全ての引数がオプション(任意の指定)となっています。
全ての引数を省略
Workbook.Close
とだけ指定した場合は、ブックに変更が無ければそのまま閉じられ、
ブックに変更がある場合は、保存確認のメッセージが表示されます。
ただし、
Application.DisplayAlerts = False
これが指定されている場合は、確認のメッセージが表示されずに保存されます。

SaveChanges
ブックに変更がある場合に、保存するかどうかを指定します。

保存しないで閉じる
Workbook.Close SaveChanges:=False

保存して閉じる
Workbook.Close SaveChanges:=True

他の引数は、通常はあまり使用しません。

ブックを上書き保存

ブックを上書き保存するには、WorkbookのSaveメソッドを使用します。
Workbook.Save
上書き保存されます。

ブックに名前を付けて保存

ブックを名前を付けて保存するには、WorkbookのSaveAsメソッドを使用します。
Workbook.SaveAs FileName, FileFormat, Password, WriteResPassword, ReadOnlyRecommended, CreateBackup, AccessMode, ConflictResolution, AddToMru, TextCodepage, TextVisualLayout, Local

Filename 保存するファイルの名前を表す文字列を指定します。
FileFormat ファイルを保存するときのファイル形式を指定します。
Password ファイルを保護するためのパスワードを表す15 文字以内の文字列を指定します。
WriteResPassword ファイルの書き込みパスワードを表す文字列を指定します。
ReadOnlyRecommended 読み取り専用で開くことを推奨するメッセージを表示するには、True を指定します。
CreateBackup バックアップ ファイルを作成するには、True を指定します。
AccessMode ブックのアクセス モードを指定します。
ConflictResolution ブックを保存するときの競合の解決方法を指定します。
AddToMru 最近使用したファイルの一覧にブックを追加するにはTrueを指定。既定値はFalseです。
TextCodepage 使用しない。
TextVisualLayout 使用しない。
Local 通常は使用しない。
※csv出力時
 日付がm/d/yyyyになってしまう場合に、yyyy/m/dにする場合にはTrueを指定

全ての引数がオプション(任意の指定)となっています。
しかし、通常は、FileNameは必ず指定します。

FileName
フルパスで指定して下さい。
パスを指定しない場合は、カレントフォルダーに保存されます。

FileFormat
xlExcel8 : Excel2007以降の、xlsxまたはxlsm
xlExcel9795 : Excel2003以前のxls

Excel2003以前では、xlExcel8、この定数は使用できません、コンパイルエラーとなります。

SaveAsメソッドの使用例
Thisworkbook.SaveAs "C:\User\sample.xls"

ブックのコピーを保存

ブックのコピー(別ファイル)を保存するには、WorkbookのSaveCopyAsメソッドを使用します。
Workbook.SaveCopyAs Filename
ブックのコピーをファイルに保存します。
メモリ上のブック(開かれているブック)に対しては、変更は行われません。
バックアップの作成等で使用します。

ブックを閉じる・保存の実践例

他のブックが開かれている場合は、自身のブックを閉じ、
他のブックが開かれていない場合は、Excelを終了する場合。



Sub 保存して終了()
  If Workbooks.Count > 1 Then
    ThisWorkbook.Close SaveChanges:=True
  Else
    ThisWorkbook.Save
    Application.Quit
  End If
End Sub

Sub 保存しないで終了()
  If Workbooks.Count > 1 Then
    ThisWorkbook.Close SaveChanges:=False
  Else
    ThisWorkbook.Saved = True
    Application.Quit
  End If
End Sub

Application.Quit
Applicationオブジェクトのメソッドで、Excelを終了します。

ThisWorkbook.Saved = True
.Savedは、ブックが保存後に変更されたかの条法が入っています、値の設定も可能です。
.SavedをTrueにすることで、保存後に変更が無い状態にすることで、
Close時に、保存確認のメッセージが表示されないようにしています。
これは、
Application.DisplayAlerts = False
Application.Quit
このようにしても同じ結果にはなります。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第61回.「On Error GoTo」と「Exit Sub」
第62回.「On Error Resume Next」とErrオブジェクト
第63回.ブックを開く(Open)
第64回.ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)
第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)
第66回.シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)
第67回.総合練習問題7
第68回.シートの保護、ブックの保護(Protect)
第69回.シートの非表示(Visible)
第70回.ウィンド枠の固定(FreezePanes)
第71回.印刷(PrintOut)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • ブックを閉じる・保存(Close,Save,SaveAs)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ