ExcelマクロVBA入門
第40回.セルのコピー・カット&ペースト(Copy,Cut,Paste)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-10

第40回.セルのコピー・カット&ペースト(Copy,Cut,Paste)


マクロVBAにおいて、あるセルをコピーまたはカットして、他のセルに貼り付ける場合のマクロVBAの説明になります、


手作業で、
セルをコピー(Ctrl+C)またはカット(Ctrl+X)して、他のセルに貼り付け(Ctrl+V後にESCまたはEnter)
これと同じ動作をするマクロVBAになります。

Copy(コピー)する場合

A1セルをB1セルにコピー貼り付けする場合



Range("A1").Copy
Range("B1").Select
ActiveSheet.Paste
Range("C1").Select
ActiveSheet.Paste
Application.CutCopyMode = False

このように記述します。

Range("A1").Copy
A1セルをクリップボードにコピーします。

Range("B1").Select
ActiveSheet.Paste
アクティブシートのB1セルに貼り付けます。
Range("C1").Select
ActiveSheet.Paste
アクティブシートのC1セルに貼り付けます。
アクティブシートのアクティブセル以外には、貼り付けできません。

Application.CutCopyMode = False
コピーモード(セルの周りが点々の状態)を解除します。

セル範囲を指定できます。
あまり必要性は無いと思いますが、複数のセル範囲は基本的には指定できません。
これについては、下で説明します。

Cut(カット・移動・切り取り)の場合

A1セルをB1セルにカット貼り付けする場合

Range("A1").Cut
Range("B1").Select
ActiveSheet.Paste

Range("A1").Cut
A1セルを切り取りします。

Range("B1").Select
ActiveSheet.Paste
アクティブシートのB1セルに貼り付けます。
A1セルは、クリア(初期)状態になります。

Cutの場合はCopyと違い、Paste(貼り付け)した時点で、
コピーモード(セルの周りが点々の状態)が解除されます。
つまり、繰り返し貼り付けはできないという事になります。

セル範囲を指定できます。
あまり必要性は無いと思いますが、複数のセル範囲は基本的には指定できません。
これについては、下で説明します。

セル範囲のコピーについて



Range("A1:B10").Copy ・・・ ○
Range("A1,B5").Copy ・・・ ×
Range("A1,B5,C10").Copy ・・・ ×
Range("A1:B10,C11:D20").Copy ・・・ ×

上記の×は実行できません。
複数のセル範囲(離れた場所にある矩形セル範囲)はCopyはできません。

※行範囲が同じであったり、列範囲が同じ場合は、複数範囲でもコピーできます。
例えば、
Range("A1:B10,D1:E10").Copy
これならコピーできます。

これらの違いは、シート上で実際にやってみれば直ぐに分かります。
ただし、マクロで処理する場合は、
複数範囲なら複数回(複数行に分けて記述して)に分ければ良いので、
実際にマクロVBAで使う必要はないでしょう。

他のシートにコピーする場合

Range("A1").Copy
Sheets("シート名").Select
Range("B1").Select
ActiveSheet.Paste
Application.CutCopyMode = False 

このように、
シート選択すれば良い事は直ぐに理解できる事と思います。
しかし、
いずれにしてもアクティブシートにしか貼り付けできないのは不便です。
以下のように書く事で、アクティブシート以外にもコピーできます。

アクティブシート以外へのコピー

Sheets("シート名1").Range("セル番地").Copy Destination:=Sheets("シート名2").Range("セル番地")

Destination:=
これは、名前付き引数です。
引数が1つなので、引数名は省略しても問題ありません。

例.
Sheets("Sheet1").Range("A1").Copy Sheets("Sheet2").Range("A1")
また、.Cutでも使用できます。
Sheets("Sheet1").Range("A1").Cut Sheets("Sheet2").Range("A1")

アクティブシート以外へのコピーは、アクティブシートへのコピーでも使えます。
従って、
マクロVBAでは、アクティブシート以外へのコピー
Sheets("シート名1").Range("セル番地").Copy Destination:=Sheets("シート名2").Range("セル番地")
これだけを使用すれば良いでしょう。

このDestinationを指定したマクロVBAのCopyは、
セルの境界をクリックし、Ctrlを押しながら、ドラッグ&ドロップ
この操作をマクロ記録した時のVBAコードになります。

エクセル マクロ VBA参考画像
セルの境界にカーソルを当てて、
エクセル マクロ VBA参考画像
Ctrlキーを押したままドラッグ&ドロップ


以下も参考にしてください。
第13回.セルのコピペ方法を知る(CopyとPaste、さらに)|マクロVBA再入門

エクセルVBAでは、セルをコピーして他のセルに貼付けることが多くあります、セルをコピーして貼り付け、セルをコピーして値貼り付け、セルをコピーして書式貼り付け、等々、これらを必要に応じて、使い分ける必要があります。シートでの実際の操作に照らして、コピーのVBAコードを見ていきましょう。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第37回.ブック・シートの指定
第38回.セルに計算式を設定(Formula)
第39回.セルのクリア(Clear,ClearContents)
第40回.セルのコピー・カット&ペースト(Copy,Cut,Paste)
第41回.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)
第42回.セルをコピーするとは
第43回.総合練習問題5
第44回.VBA関数について
第45回.VBA関数(Format)
第46回.VBA関数(日付,DateAdd)
第47回.VBA関数(文字列操作,Replace,InStr,StrConv)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • セルのコピー・カット&ペースト(Copy,Cut,Paste)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ