VBA技術解説
実は奥が深いIfステートメント

ExcelマクロVBAの問題点と解決策、VBAの技術的解説
最終更新日:2020-05-17

実は奥が深いIfステートメント


プログラムと言うものは、
条件により処理を分ける。
これにつきます。


つまり、この条件が一番問題となります。
そして、その記述をするものが、
Ifステートメントになります。

IFステートメントの基本

まずはIFステートメントの基本を確認しましょう。

If 条件式 Then
  '条件式が真(True)の場合の処理
Else
  '条件式が偽(False)の場合の処理
End If

条件式は、 真(True)か偽(False)を評価する数式または文字列式を指定します。
例えば、



If A = B Then
  'A = B の場合の処理
Else
  'A <> B の場合の処理
End If

ここでの、A = Bは、真(True)か偽(False)を返します。
その結果が、
TrueならThen以下を処理します。
FalseならElse以下を処理します。

IFステートメントの詳細については以下を参照してください。
第20回.条件分岐(If)
ある条件の時だけ処理したい、ある条件の時は処理したくない、そのような条件によって処理内容を変更したい場合があります。VBAで条件により処理を分岐させたい場合に使うのが、Ifステートメントです。マクロVBAで自動化する場合の多くは、条件により処理を変えつつ一定回数繰り返すという事です。
第21回.条件分岐(ElseIf)
前回のIFステートメントでは、真か偽の二択でした。今回は、もっと多くの分岐が必要な、Ifステートメントで多肢条件分岐の場合の書き方です。ステートメントとしては、Ifステートメントです。IfステートメントのElseIfの構文 If条件式1Then 条件式1が真の処理 [ElseIf条件式2Then 条件式2が真の処理] [ElseIf条件式3Then 条件…
第22回.条件分岐(Select Case)
前回のElseIf以外の、多肢条件分岐の別の書き方があります。それがSelectCaseになります。むしろElseIfより、このSelectCaseの方が、より多肢条件分岐に適していると言えます。SelectCaseは、多肢条件分岐に特化したステートメントになります。

IFステートメントのいろいろな書き方

以下のように、ブール型変数(Boolean)の判定を考えてみましょう。
マクロVBA入門者が、まず最初につまずくのが、このDimで変数を宣言することでしょう。変数とは、数値や文字列など(すなわちデータ)を一時的に格納する入れ物 と良く説明されますが、まずはこの考えで良いでしょう。この入れ物には、いろいろなタイプの入れ物があります。

Dim A As Boolean
'・・・
If A = True Then
  A = True の場合の処理
Else
  A = False の場合の処理
End If

特に問題はなさそうですが、

If A = True Then

実はこれは、無駄な記述とも言えます。
もっと省略して書くことができます。
AはTrueかFalseな訳ですから、

If A Then

これだけでも良いのです。
例えば、よくあるのは



If IsNumeric(A) = True Then

IsNumericは、True/Falseを返す関数です。
つまり、IsNumeric(A)は真(True)か偽(False)しか返しませんので、

 If IsNumeric(A) Then

これだけで良い事になります。
もちろん、 = True を書いても問題ないですし、
むしろ、初心者には= True を書いた方が解り易いかもしれません。

では、否定形、つまり数値以外の場合はどうでしょうか。

If IsNumeric(A) <> True Then

これでも良いのですが、
<> True
これは
= False
ですね。

If IsNumeric(A) = False Then

Not演算子 を使って、

If Not IsNumeric(A) Then

このように書いた方が、英文っぽくて格好よくいかもしれません(笑)
上記の場合は、どちらを書いても良いと思います。
むしろ無理に否定形にしないで、

If IsNumeric(A) Then
Else
  '・・・
End If

このようにElseに記述した方が理解しやすい場合も多いです。
例えば、
条件式が複雑な場合に無理に否定形を作ろうとして、かえって間違った条件式にしてしまう事もありえます。

ようは、同じ条件の書き方でも、何通りも書き方があるという点です。
では、どのような書き方が良いかというと、

読みやすい
解り易い


これにつきます。
そして、読みやすい・解り易い 、これは人により違ってきますし、
何より、単純にVBA記述だけでは何が良いかは断定できない場合も多いものです。
その条件が出てきた背景や、VBAを共有する人たちの共通認識等々、これらによって変わってくるものです。
つまり、読みやすい・解り易い 、これらは時と場合によって変わってきます。

まずは、自身にとってにとって、読みやすい・解り易い、これが一番良いでしょう。
そして次には、VBAを共有する人たちにとって、読みやすい・解り易い、そのようなVBAを書くようにしていきましょう。



同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

プログラミングの基本~ロジックの組み立て
実は奥が深いIfステートメント
論理積(And)論理和(Or)と真(True)偽(False)の判定
If条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは
VBAでの括弧()の使い方、括弧が必要な場合
VBAにおけるピリオドとカンマとスペースの使い方
変数とプロシージャーの命名について
文字列置換の基本と応用(Replace)
データクレンジングと名寄せ
ForとIfのネストこそがVBAの要点


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

Variantの数値型と文字列型の比較|エクセル雑感(7月1日)
VBAのVariant型について|VBA技術解説(6月30日)
VBAのString型の最大文字数について|エクセル雑感(6月20日)
VBAで表やグラフをPowerPointへ貼り付ける|VBAサンプル集(6月19日)
アクティブシート以外の表示(Window)に関する設定|VBA技術解説(6月17日)
マクロ記録での色のマイナス数値について|エクセル雑感(6月16日)
ツイッター投稿用に文字数と特定文字で区切る|エクセル雑感(6月15日)
日付の謎:IsDateとCDate|エクセル雑感(6月14日)
IFステートメントの判定|エクセル雑感(6月13日)
インクリメンタルサーチの実装|ユーザーフォーム入門(6月12日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ