ExcelマクロVBA技術解説 | 文字列置換の基本と応用(Replace) | ExcelマクロVBAの問題点と解決策、エクセルVBAの技術的解説



最終更新日:2013-09-05

文字列置換の基本と応用(Replace)


マクロVBAの処理において文字列置換は頻出の処理ですが、これに苦労している初心者の方が多いようです、

そこで文字列置換の基本と応用について解説します。



・文字列内の空白(半角・全角)を取り除く

VBA関数のTrimは前後の空白が削除されるだけです、

そこで、Replace関数を使います。、

Dim strTemp As String
strTemp = " a b   c "
strTemp = Replace(strTemp, " ", "")
strTemp = Replace(strTemp, " ", "")


これが基本です。

置換して変数に入れる、さらに置換して変数に入れる。

これを繰り返す事で、目的の処理を実現します。

上記の場合は、2回だけなので、 関数を入れ子にしても良いでしょう。

strTemp = Replace(Replace(strTemp, " ", ""), " ", "")

しかし、処理回数が多くなる場合は、むやみに入れ子にしない方が可読性がよいです。

例えば、株式会社の表記を統一したい場合には、

strTemp = Replace(strTemp, "", "株式会社")
strTemp = Replace(strTemp, "(株)", "株式会社")
strTemp = Replace(strTemp, "(株)", "株式会社")


このようにしておく事で、いつでも追加記述できますので保守性が良くなります。


・文字列内の連続空白(2つ以上の半角・全角空白)を1つだけにする

Dim strTemp As String
Dim strTemp2 As String
strTemp = " a b     c "
strTemp = Replace(strTemp, " ", " ")
strTemp2 = ""
Do Until Len(strTemp) = Len(strTemp2)
  strTemp2 = strTemp
  strTemp = Replace(strTemp, " ", " ")
Loop


これは、少々テクニックがひつようになります。

Replaceした結果の文字列長が元の文字列長と同じになったら変換終了となります。

つまり、Replaceできなくなるまで、Replaceを繰り返しています。

このような場合に、

正規表現を使ったサンプルを載せているサイトを見かけますが、Replaceだけで十分に対応可能です。

正規表現については、VBAで正規表現を利用する(RegExp) こちらを参照して下さい。

連続2個の空白を改行に変換する、これを正規表現で処理しているのを見かけましたが、

上記の変換後の文字をvbLfにするだけで可能です。

Dim strTemp As String
Dim strTemp2 As String
strTemp = " a b     c "
strTemp = Replace(strTemp, " ", " ")
strTemp2 = ""
Do Until Len(strTemp) = Len(strTemp2)
  strTemp2 = strTemp
  strTemp = Replace(strTemp, " ", vbLf)
Loop


この方法は応用範囲の広い、定番テクニックとして覚えておくと良いでしょう。


では最後に、

・090-1234-5678 → 090(1234)5678

Dim strTemp As String
strTemp = "090-1234-5678"
strTemp = Replace(strTemp, "-", "(", , 1)
strTemp = Replace(strTemp, "-", ")", , 1)


Replace関数の第3引数以降を指定することで、各種の置換にも対応できます。

Replace関数の引数の詳細については、

Replace関数:VBA関数

こちらを参照して下さい。




同じテーマ「マクロVBA技術解説」の記事

If条件式のいろいろな書き方:TrueとFalseの判定とは
VBAにおける括弧()の使い方
VBAにおけるピリオドとカンマとスペースの使い方
変数とプロシージャーの命名について
文字列置換の基本と応用(Replace)
データクレンジングと名寄せ
ForとIfのネストこそがVBAの要点
For Next の使い方いろいろ
複数条件判定を行う時のコツ
VBAの省略可能な記述について

新着記事 ・・・新着記事一覧を見る

VBAの省略可能な記述について|ExcelマクロVBA技術解説(8月11日)
複数条件判定を行う時のコツ|ExcelマクロVBA技術解説(7月11日)
For Next の使い方いろいろ|VBA技術解説(6月14日)
VBAを定型文で覚えよう|ExcelマクロVBA技術解説(3月26日)
VBAスタンダード試験対策まとめ|MOS VBAエキスパート対策(3月16日)
ユーザーフォームとメニューの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ファイルの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月14日)
ユーザーフォームの各種イベント|Excelユーザーフォーム(3月13日)
レジストリの操作|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)
変数と配列|MOS VBAエキスパート対策(3月12日)

アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
6.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
7.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)|VBA入門
8.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
9.定数と型宣言文字(Const)|ExcelマクロVBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 文字列置換の基本と応用(Replace)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。





    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    本文下部へ

    ↑ PAGE TOP