ExcelマクロVBA入門
第50回.総合練習問題6

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-06-27

第50回.総合練習問題6

マクロVBA練習問題

1問目
セルA1に、
20120203
と入っています、
これを、
セルB2に、
日付(2012/2/3)
として出力して入れて下さい。

2問目

セルA1に、
日本 太郎
と入っています、姓名の間の空白は半角スペースです。
これを、
セルB1、日本
セルC1に、太郎
と分けて入れて下さい。
ヒント!
文字列操作はマクロVBAの基本かつ重要なテクニックになります。
何も見ずにできるようになりましょう。

シンキングタイム

シンキングタイム開始


シンキングタイム終了

マクロVBA練習問題解答へ

では解答へ進んでください。

エクセル厳選情報メールマガジン登録
登録は無料です。
こちらの登録で、専用メールアドレスにて質問が可能となります。

解答はこちら、「総合練習問題6解答」



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第47回.VBA関数(文字列操作,Replace,InStr,StrConv)

文字列操作は、マクロVBAでプログラミングする上で必須です、データ整形、データクレンジング、データクリーニング、これらを行うVBAにおいて不可欠なものが、文字列操作関数です。ここでは、文字列操作に関するVBA関数の一覧と Replace関数、InStr関数、StrConv関数について解説します。
第48回.VBA関数(その他,Fix,Int,Rnd,Round,IsEmpty)
VBA関数の中で、日付関数、文字列操作関数以外でマクロVBAにおいてはぜひ押さえておいてほしい関数の一覧です。数学、データ型確認、データ型変換に関するVBA関数になります。一覧と、その中から注意点のある関数についてのみ一部説明します。
第49回.Like演算子とワイルドカード
文字列比較において部分一致やパターンマッチングでの文字列比較を行う時に使うのがLike演算子です。Like演算子は、2つの文字列のパターンマッチングを行い、規則に一致しているかどうかの結果をTrue(一致)またはFalse(不一致)で返します。
第50回.総合練習問題6
第51回.Withステートメント
Withステートメントを使う事で、Withに指定したオブジェクトに対してオブジェクト名を再度記述することなく、プロパティやメソッドを記述することができます。文章で例えて言えば、主語を一度書いたら、その後は主語を省略するような書き方になります。
第52回.オブジェクト変数とSetステートメント
変数のデータ型の説明において、Object…オブジェクト型 というのがあった事を覚えているでしょうか。数値や文字ではなく、オブジェクトを入れる変数がオブジェクト変数です。オブジェクトと言っても、いろいろなものがあります。
第53回.Workbookオブジェクト
Workbookオブジェクトは、ワークブックそのものです。1つのワークブックは、1つのExcelファイルです。マクロVBAで複数のブックを扱う場合や、ブックを読込んだり保存したりする場合は、Workbookオブジェクトをしっかり意識しつつVBAを記述しなければなりません。
第54回.Windowsオブジェクト
Windowオブジェクトは、ブックやシートの見方を変えることのできるもので、エクセルで「ウインドウ」と表現されているものをマクロVBAで扱う時のオブジェクトになります。エクセルのリボンでは「新しいウインドウ」や「ウインドウ枠」といった言葉で表現されているものです。
第55回.Worksheetオブジェクト
Worksheetオブジェクトは、ワークシートそのものです。エクセルのマクロVBAですから、ワークシートはしっかりと扱えなければなりません。WorkSheetオブジェクトの集まりがWorkSheetsコレクションになります。
第56回.Rangeオブジェクト(RangeとCells)
エクセルの根幹はセルです、セルはRangeオブジェクトになります、このRangeオブジェクトの理解なくして、マクロは理解できません。VBAの上達の試金石として、Rangeオブジェクトの理解があると言っても過言ではありません。セルを表すVBA記述は多数存在します、Range、Cells、Rows、
第57回.Applicationのプロパティ(マクロ高速化と警告停止等)
Applicationは、Excel全体をあらわすオブジェクトです、つまり、エクセルそのものだと考えて下さい。ここでは、そのプロパティの一部を紹介します。ここで紹介するApplicationのプロパティはほんの一部です。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor…Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)
VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月11日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • 総合練習問題6

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ