VBA入門
第6回.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-12-12

第6回.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)


それでは、とにかく、マクロVBAを書いてみましょう。


エクセル マクロ VBA 画像

sub 練習1

と入力し、Enterして下さい、

エクセル マクロ VBA 画像

このように、subSubとなり、後ろに()が付きます。
そして、下に、End Subが追加されます。

これがマクロです。
1つの機能を持ったマクロになります。
VBAでは、この1つのマクロをプロシージャーと言います。
練習1
これがマクロの名前、つまりプロシージャー名です。
プロシージャーの詳細については後述します。


SubからEnd Subの間に、いろいろと処理内容を書き込みます。
上では、何も機能を書いていませんので、マクロの器だけ用意した事になります。

Subの中に何かを書くときは、1段さげて書きます、インデントと言います。
それには、「TAB」キーを押します。
「TAB」キーは(大抵のPCでは)キーボードの一番左の上から3番目です。

Excel サンプル プロシージャー

このように、「TAB」キーを押すことで、半角4文字分下がった(右にずれた)状態になります。

では、少し書き加えてみましょう。

その前に、今後の説明てして、
マクロの記述部分は、以下のように枠で囲った中に表示します。
表示しているページの他の説明文と区別しやすいようにです。

Sub 練習1()
  Range("A1") = "おはよう!"
End Sub



これは、ワークシートのA列1行のセルに、「おはよう!」という文字を入れるマクロになります。

タイピングする時は、小文字で入力します。

エクセル マクロ VBA 画像

=の前後も続けて入力して構いません。
そして、Enterすると、

エクセル マクロ VBA 画像

このように、
rangeRangeと、先頭が大文字に変換されます。
これは、Rangeが正しい記述であり、自動で変換されたという事です。
しかし、スペルが間違っていて、rengeと入れていれば、大文字には変換されません。
そこで、タイピングする時は小文字で入力します。
これは、タイピングの手間の問題もありますし、スペルミスに気付きやすくなる利点があります。

ただし、ダブルクォーテーションの中は、固定文字なので変換はされません。
"a1"と入力しても、"A1"とは変換されません。
このA1はセル番地なので、
シート上の関数と同じ見た目になるように大文字で入れる事をお勧めします。

また、=の前後には、自動で半角空白が空いて見やすく整形されます。
=の前後は、半角空白を特に入力する必要はありません。
もちろん=の前後に半角空白を入力しても問題ありません。

プロシージャーについて

プロシージャーは、同じ標準モジュールに複数書くことができます。
複数のプロシージャーを書くとなると、名前が何でも良いという訳にはいきません。
プロシージャー名の付け方にはいくつかの制限があります。

・英数字(全角半角)、漢字、記号はアンダーバー(_)だけ使える、空白(スペース)は使えない
・先頭には、数字やアンダーバー(_)は使えない、英文字か漢字で始める
・使えない予約語(VBAが特別に使っている単語)がある
・長さは半角で255文字まで
・一つの標準モジュール内では、同じ名前は付けられない

「予約語」といったものもあり難しく感じてしまうかもしれません。
ですが、予約語を使ったり規則に反する場合は赤字でエラーになりますので、絶対に覚えなければVBAを書けないという事ではありませんので安心してください。
また、漢字を使って日本語で書けば上記の制限はほとんど気にならないはずです。
漢字を使う事を否定する意見もありますが、VBAでは特に気にする必要はないでしょう。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第3回.マクロの記録
第4回.マクロはどこに書くの(VBEの起動)
第5回.VBEのオプション設定(Option Explicit)
第6回.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)
第7回.マクロを実行するには(F5)
第8回.セルに文字を入れるとは(Range,Value)
第9回.Rangeでのセルの指定方法
第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)
第11回.RangeとCellsの使い方
第38回.セルに計算式を設定(Formula)
第12回.変数宣言のDimとデータ型


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

ユーザーに絶対に停止させたくない場合のVBA設定|VBA技術解説(4月1日)
CharactersプロパティとCharactersオブジェクト|VBA技術解説(3月31日)
指数近似/対数近似/累乗近似(掲載順位とCTR)|エクセル関数超技(3月31日)
練習問題32(連続数値部分を取り出し記号で連結)|VBA練習問題(3月24日)
連続数値部分を取り出し記号で連結|エクセル関数超技(3月24日)
数式バーの高さを数式の行数で自動設定|VBAサンプル集(3月21日)
LET関数(数式で変数を使う)|エクセル入門(3月21日)
スピルに対応したXSPLITユーザー定義関数(文字区切り)|VBAサンプル集(3月15日)
XMATCH関数(範囲から値を検索し一致する相対位置)|エクセル入門(3月14日)
XLOOKUP関数(範囲を検索し一致する対応項目を返す)|エクセル入門(3月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
6.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
7.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
8.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
9.徹底解説(VLOOKUP,MATCH,INDEX,OFFSET)|エクセル関数超技
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ