VBA入門
第7回.マクロを実行するには(F5)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-06-25

第7回.マクロを実行するには(F5)


それでは前回作ったマクロ、「練習1」を実行してみましょう。


マクロを実行する方法は、大きく2通りあります、

・VBEの画面で実行
・ワークシートで実行

その時の都合で、どちらで実行しても構いません。

ボタンをクリックすることでマクロが自動実行されるのを見たことがあるかもしれません。
とても便利ですが、この方法については学習が進んだ後に説明します。

VBEの画面で実行

VBEの画面で、

Sub 練習1()
  Range("A1") = "おはよう!"
End Sub

このマクロVBAコードの、
SubからEnd Subの間のどこかに入力カーソル(縦棒カーソル)がある状態で、

エクセル マクロ VBA 画像

ショートカットのF5が簡単で良いでしょう。


ワークシートで実行

ワークシートから実行してみましょう。

VBE(Visual Basic Editor)の画面を閉じて、ワークシートを表示して下さい。

そこで、

Excel2007、Excel2010以降
「開発」→「マクロ」
Excel2003
「ツール」→「マクロ」→「マクロ」

すると、

エクセル マクロ VBA 画像

このような画面が表示されます。

「練習1」が選択されている状態(青の反転)で、
右側の「実行」ボタンをクリックして下さい。

マクロを実行すると

「VBEの画面で実行」「ワークシートで実行」
どちらの実行方法でも、正しく実行されていれば、

ワークシートのA列1行のセルに、「おはよう!」と表示されます。

マクロを作ったら、必ずテスト実行して、正しく動作しているかを確認します。
今回は、1つのセルだけなので見れば直ぐに分かりますが、
今後多くのセルを扱うようになると、
マクロが正しく動作しているかの確認は極めて重要になってきます。
間違った結果のマクロでは役に立たないどころか害悪にしかなりません。



同じテーマ「VBA入門」の記事

第4回.マクロはどこに書くの(VBEの起動)

さて、ではマクロはどこに書いたらよいのでしょうか。まずは、マクロを書くための紙に相当する編集画面を出します。このマクロの編集画面をVisualBasicEditor、略してVBEと呼びます。「VisualBasicEditor」の表示方法 Excel2007、Excel2010以降 リボンの「開発」→「VisualBasic」Excel2003 「ツール…
第5回.VBEのオプション設定(Option Explicit)
マクロを書き始める前に、ちょっと設定しておいた方が良いオプションがあります。いえ、絶対に設定しておかなければならないVBEのオプション設定です、必ず、最初に設定しておいてください。VBEの「ツール」→「オプション」以下の画面が出ます。
第6回.とにかく書いて見よう(Sub,End Sub)
それでは、とにかく、マクロを書いてみましょう。sub練習1 と入力し、Enterして下さい、このように、subがSubとなり、後ろに()が付きます。そして、下に、EndSubが追加されます。これがマクロです。
第7回.マクロを実行するには(F5)
第8回.セルに文字を入れるとは(Range,Value)
前回実行したマクロを、もう少し詳しく見てみましょう。どうして、これでセルに値がはいるのか、どうやってVBAを読んだらよいのか、少しだけ詳しく解説します。とにかくこれで、A1セルに、「おはよう!」と入る事がわかりました。
第9回.Rangeでのセルの指定方法
前回までに出てきたRangeの使い方は、Range("A1") このように書きくことで1つのセルを指定する場合でした。複数のセル範囲を指定する場合、矩形のセル範囲、行全体、列全体、特殊なセル範囲 これらの指定方法を見ていきましょう。複数のセル(矩形のセル範囲) 複数のセル(矩形のセル範囲、)を指定する場合のVBAの書き方です。
第10回.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)
Rangeの指定で、あらゆるセルおよびセル範囲は指定できるのですが、マクロで使う場合は、ちょっと使いづらい場合があります。"A1"や"B5"と言うような文字で指定するのでは何かと不便です、もっと、プログラムっぽい(笑)指定方法があります。
第11回.RangeとCellsの使い方
VBAではセルを指定する方法としてRangeとCellsがあります、RangeもCellsも、どちらもRangeオブジェクトでセルを指定するものです。どちらを使ったらよいのでしょうか、どう使い分けたらよいのでしょうか、実際のVBA記述では、RangeとCellsを使い分ける必要があります、RangeとCellsの使い方について解説をします。
第12回.変数宣言のDimとデータ型
マクロVBA入門者が、まず最初につまずくのが、このDimで変数を宣言することでしょう。変数とは、数値や文字列など(すなわちデータ)を一時的に格納する入れ物 と良く説明されますが、まずはこの考えで良いでしょう。この入れ物には、いろいろなタイプの入れ物があります。
第13回.定数宣言のConstと型宣言文字
前回は変数を説明しましたが、変数があれば、当然の定数もありConstで宣言します。つまり、変数は値が変わるもの、定数は値が変わらないものです。定数とは、数値や文字列の代わりに使用される、意味を持たせた名前のことです。
第14回.文字の結合(&アンパサンド)と継続行(_アンダーバー)
あるセルの文字と、あるセルの文字をくっつけて、別のセルに表示する、よくある事例であり、頻繁に行われることです。A1セルに"abc" B1セルに"123" この時に、C1セルに"abc123"を入れるような場合のマクロVBAになります。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

トランザクション処理|SQL入門(12月11日)
インデックスを作成して高速化(CREATE INDEX)|SQL入門(12月9日)
他のテーブルのデータで追加/更新/削除|SQL入門(12月8日)
データの削除(DELETE)|SQL入門(12月7日)
データの更新(UPDATE)|SQL入門(12月6日)
複数のSELECT結果を統合(UNION,UNION ALL)|SQL入門(12月5日)
テーブルを結合して取得(INNER JOIN,OUTER JOIN)|SQL入門(12月4日)
データベースの正規化とマスタの作成|SQL入門(12月3日)
データベースにおけるNULLの扱い方|SQL入門(12月2日)
オブジェクト変数とは何か|VBA技術解説(12月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • マクロを実行するには(F5)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ