VBAリファレンス
マクロVBEのショートカット一覧

エクセルの各種一覧、Excelリファレンス
最終更新日:2019-10-30

マクロVBEのショートカット一覧


VBE(Visual Basic Editor)にはコーディングを効率化する便利なショートカットが多数用意されています。
ぜひ覚えて、タイピングを減らし、スピーディなコーディンクが出来るようにしましょう。
VBE(Visual Basic Editor)の操作に慣れる事は、マクロに慣れる事の第一歩です。
その為にも、ショートカットはぜひ覚えておきましょう。


VBEの使い方について

VBEの使い方:VBE画面の全体説明
VBAをやるうえでVBE操作に慣れているかどうかで開発効率が大きく変わってきます。VBE(VisualBasicEditor)は、VBAの統合開発環境です。VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境がVBEです。
VBEの使い方:ツールのオプション設定
VBE(VisualBasicEditor)はVBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBEの環境設定となる、ツールのオプション設定について説明します。「メニュー」→「ツール」→「オプション」それぞれのタブについて、以下で順に説明します。
VBEの使い方:ツールバー
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではツールバー(アイコン付きのボタン群)について説明します。ツールバーの表示方法 メニューの「表示」→「ツールバー」ツールバーは好きな位置に配置できます。
VBEの使い方:右クリックメニューとヘルプ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではマウスの右クリックで表示されるメニューを通して、各機能について説明します。また、合わせてヘルプについても説明します。
VBEの使い方:ショートカットキーとコード編集
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBEのコード編集における、特に重要なショートカットキーと具体的な使い方について説明します。
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではイミディエイトウィンドウの使い方について説明します。イミディエイトウィンドウの表示 メニュー「表示」→「イミディエイトウィンドウ」ショートカット:Ctrl+G 初期設定では、
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではローカルウィンドウの使い方について説明します。ローカルウィンドウの表示 メニュー「表示」→「イミィディエイトウィンドウ」初期設定では、コードウィンドウの下にドッキング表示されます。
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではウォッチウィンドウの使い方について説明します。ウォッチウィンドウの表示 メニュー「表示」→「ウォッチウィンドウ」初期設定では、コードウィンドウの下にドッキング表示されます。
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではオブジェクトブラウザーの使い方について説明します。オブジェクトブラウザーの表示 メニュー「表示」→「オブジェクトブラウザ」ショートカットはF2 初期設定では、
VBEの使い方:デバッグ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBA開発で、重要かつ避けて通れないデバッグについて説明します。。

VBE キーボード ショートカット



ショートカット キー 説明
F7 コード ウィンドウの表示
F2 オブジェクト ブラウザの表示
Ctrl + F 検索
Ctrl + H 置換
F3 次を検索
Shift + F3 前を検索
Ctrl + ↓ 次のプロシージャ
Ctrl + ↑ 前のプロシージャ
Shift + F2 定義の表示
Ctrl + PageDown 1 画面下へ
Ctrl + PageUp 1 画面上へ
Ctrl + Shift + F2 直前の場所に戻る
Ctrl + Home モジュールの先頭に移動する
Ctrl + End モジュールの最後に移動する
Ctrl + → 右の単語に移動する
Ctrl + ← 左の単語に移動する
End 行末に移動する
Home 行頭に移動する
Ctrl + Z 元に戻す
Ctrl + Y 現在行を削除する
Ctrl + Del 単語の最後までを削除する
Tab インデント
Shift + Tab インデントを戻す
Ctrl + Shift + F9 すべてのブレークポイントをクリアする
Shift + F10 ショートカット メニューの表示

VBE メニュー ショートカット



押すキー 目的
F8 ステップ イン
Shift + F8 ステップ オーバー
Ctrl + Shift + F8 ステップ アウト
Ctrl + F8 カーソルの前まで実行
F9 ブレークポイントの設定/解除
Ctrl + Shift + F9 すべてのブレークポイントを解除
F5 Sub/ユーザー フォームの実行
Ctrl + Break 中断
Shift + F10 ショートカット メニュー
Ctrl + j プロパティ/メソッドの一覧
Ctrl + Shift + J 定数の一覧
Shift + F9 クイック ウォッチ
Ctrl + I クイック ヒント
Ctrl + Shift + I パラメータ ヒント
Ctrl + Space 入力候補



同じテーマ「VBAリファレンス」の記事

Rangeオブジェクトのプロパティ一覧
Rangeオブジェクトのメソッド一覧
VBAステートメント一覧
マクロVBEのショートカット一覧
WorkSheetのプロパティ、メソッド、イベント一覧
WorkBookのプロパティ、メソッド、イベント一覧
Windowのプロパティ、メソッド一覧
Applicationのプロパティ、メソッド、イベント一覧
ピボットテーブル関連のプロパティ、メソッド一覧
グラフ(Chart)関連のプロパティ、メソッド一覧
図形(Shape)関連のプロパティ、メソッド一覧


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • マクロVBEのショートカット一覧

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ