VBAリファレンス
マクロVBEのショートカット一覧

エクセルの各種一覧、Excelリファレンス
最終更新日:2020-07-20

マクロVBEのショートカット一覧


VBE(Visual Basic Editor)にはコーディングを効率化する便利なショートカットが多数用意されています。
ぜひ覚えて、タイピングを減らし、スピーディなコーディンクが出来るようにしましょう。
VBE(Visual Basic Editor)の操作に慣れる事は、マクロに慣れる事の第一歩です。
その為にも、ショートカットはぜひ覚えておきましょう。


VBEの使い方について

VBEの使い方:VBE画面の全体説明
VBAをやるうえでVBE操作に慣れているかどうかで開発効率が大きく変わってきます。VBE(VisualBasicEditor)は、VBAの統合開発環境です。VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境がVBEです。
VBEの使い方:ツールのオプション設定
VBE(VisualBasicEditor)はVBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBEの環境設定となる、ツールのオプション設定について説明します。「メニュー」→「ツール」→「オプション」それぞれのタブについて、以下で順に説明します。
VBEの使い方:ツールバー
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではツールバー(アイコン付きのボタン群)について説明します。ツールバーの表示方法 メニューの「表示」→「ツールバー」ツールバーは好きな位置に配置できます。
VBEの使い方:右クリックメニューとヘルプ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではマウスの右クリックで表示されるメニューを通して、各機能について説明します。また、合わせてヘルプについても説明します。
VBEの使い方:ショートカットキーとコード編集
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBEのコード編集における、特に重要なショートカットキーと具体的な使い方について説明します。
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではイミディエイトウィンドウの使い方について説明します。イミディエイトウィンドウの表示 メニュー「表示」→「イミディエイトウィンドウ」ショートカット:Ctrl+G 初期設定では、
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではローカルウィンドウの使い方について説明します。ローカルウィンドウの表示 メニュー「表示」→「イミィディエイトウィンドウ」初期設定では、コードウィンドウの下にドッキング表示されます。
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではウォッチウィンドウの使い方について説明します。ウォッチウィンドウの表示 メニュー「表示」→「ウォッチウィンドウ」初期設定では、コードウィンドウの下にドッキング表示されます。
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではオブジェクトブラウザーの使い方について説明します。オブジェクトブラウザーの表示 メニュー「表示」→「オブジェクトブラウザ」ショートカットはF2 初期設定では、
VBEの使い方:デバッグ
VBE(VisualBasicEditor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。ここではVBA開発で、重要かつ避けて通れないデバッグについて説明します。。

VBE キーボード ショートカット

メニューにないショートカットキー



ショートカット キー 説明
Ctrl + ↓ 次のプロシージャ
Ctrl + ↑ 前のプロシージャ
Ctrl + PageDown 1 画面下へ
Ctrl + PageUp 1 画面上へ
Ctrl + Home モジュールの先頭に移動する
Ctrl + End モジュールの最後に移動する
Ctrl + → 右の単語に移動する
Ctrl + ← 左の単語に移動する
End 行末に移動する
Home 行頭に移動する
Ctrl + Y 現在行を削除する
Ctrl + Del 単語の最後までを削除する
Shift + F10 ショートカット メニューの表示

VBE メニュー ショートカット

ファイル

キー操作 説明
Ctrl + S 上書き保存
Ctrl + M ファイルのインポート
Ctrl + E ファイルのエクスポート
Ctrl + P 印刷
Alt + Q 終了してMicrosoft Excelへ戻る

編集



キー操作 説明
Ctrl + Z 元に戻す
Ctrl + X 切り取り
Ctrl + C コピー
Ctrl + V 貼り付け
Del クリア
Ctrl + A すべて選択
Ctrl + F 検索
F3 次を検索
Ctrl + H 置換
Tab インデント
Shift + Tab インデントを戻す
Ctrl + J プロパティ/メソッドの一覧
Ctrl + Shift + J 定数の一覧
Ctrl + I クイック ヒント
Ctrl + Shift + I パラメーター ヒント
Ctrl + Space 入力候補

表示

キー操作 説明
F7 コード
Shift + F7 オブジェクト
Shift + F2 定義
Ctrl + Shift + F2 元の位置へ移動
F2 オブジェクト ブラウザ
Ctrl + G イミディエイト ウィンドウ
Ctrl + L 呼び出し履歴
Ctrl + R プロジェクト エクスプローラー
F4 プロパティ ウィンドウ
Alt + F11 Microsoft Excel

デバッグ

キー操作 説明
F8 ステップ イン
Shift + F8 ステップ オーバー
Ctrl + Shift + F8 ステップ アウト
Ctrl + F8 カーソルの前まで実行
Ctrl + W ウォッチ式の編集
Shift + F9 クイック ウォッチ
F9 ブレークポイントの設定/解除
Ctrl + Shift + F9 すべてのブレークポイントの解除
Ctrl + F9 次のステートメントの設定

実行

キー操作 説明
F5 Sub/ユーザー フォームの実行



同じテーマ「VBAリファレンス」の記事

Rangeオブジェクトのプロパティ一覧
Rangeオブジェクトのメソッド一覧
VBAステートメント一覧
マクロVBEのショートカット一覧
WorkSheetのプロパティ、メソッド、イベント一覧
WorkBookのプロパティ、メソッド、イベント一覧
Windowのプロパティ、メソッド一覧
Applicationのプロパティ、メソッド、イベント一覧
ピボットテーブル関連のプロパティ、メソッド一覧
グラフ(Chart)関連のプロパティ、メソッド一覧
図形(Shape)関連のプロパティ、メソッド一覧


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

import文(パッケージ・モジュールのインポート)|Python入門(9月24日)
例外処理(try文)とexception一覧|Python入門(9月23日)
リスト内包表記|Python入門(9月22日)
Pythonの引数は参照渡しだが・・・|Python入門(9月21日)
lambda(ラムダ式、無名関数)と三項演算子|Python入門(9月20日)
関数内関数(関数のネスト)とスコープ|Python入門(9月18日)
関数の定義(def文)と引数|Python入門(9月18日)
組み込み関数一覧|Python入門(9月17日)
辞書(dict型)|Python入門(9月16日)
入力規則への貼り付けを禁止する|VBA技術解説(9月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
7.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.とにかく書いてみよう(Sub,End Sub)|VBA入門
10.マクロはどこに書くの(VBEの起動)|VBA入門




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ