ExcelマクロVBA入門
VBEの使い方:VBE画面の全体説明

VBAの開発環境であるVBEの基本的な使い方
最終更新日:2019-10-02

VBEの使い方:VBE画面の全体説明


VBAをやるうえでVBE操作に慣れているかどうかで開発効率が大きく変わってきます。


VBA VBE 参考画像

VBE(Visual Basic Editor)は、VBAの統合開発環境です。
VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境がVBEです。
ここではVBE画面の全体構成について説明し、細部については今後順次説明していきます。

では、とにかく、標準モジュールを挿入しましょう。
メニューの「挿入」→「標準モジュール」 ・・・ Alt + I + M

VBA VBE 参考画像

各パーツごとに説明していきます。

メニュー

マクロ VBA サンプル画像

メニユーの項目を順にみてみましょう。

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像


VBA VBE 参考画像

VBA VBE 参考画像

VBEの全ての機能がメニューにあります。

「表示」と「挿入」以外のメニューはあまり使う事がありません。
VBEでは、ほとんどの操作は、
・ツールバー
・右クリックメニュー、
・ショートカット
これらから行う方が効率的です。
一つ事つの機能については、今後順次説明していきます。
良く使うものを中心に、今後順次説明していきます。

ショートカットについては、以下にまとめてあります。
マクロVBEのショートカット一覧
VBE(VisualBasicEditor)にはコーディングを効率化する便利なショートカットが多数用意されています。ぜひ覚えて、タイピングを減らし、スピーディなコーディンクが出来るようにしましょう。VBE(VisualBasicEditor)の操作に慣れる事は、マクロに慣れる事の第一歩です。

プロジェクト

初期は表示されていますが、「×」で消してしまった場合は、
メニューの「表示」→「オブジェクト エクスプローラー」で表示してください。

VBA VBE 参考画像

プロジェクトには、そのエクセルブックの全体構成が表示されています。

・標準モジュールを挿入する前

VBA VBE 参考画像

・標準モジュール
・フォームモジュール
・クラスモジュール
これらを2つずつ挿入した後

VBA VBE 参考画像

VBAProject(ブック名)
ブックで常に一つになります。
1ブック1プロジェクトという事です。
つまり、
プロジェクト = ブック
Microsoft Excel Objects
全シートが表示されます。
続けて、一番下にThisWorkbookが必ず付きます。
Sheet1(Sheet1)
これは、
シート見出しの名称(シートのオブジェクト名)
シートのオブジェクト名は、下で説明するプロパティ ウィンドウで変更できます。

ThisWorkbookについては、ブックのイベントで使います。
第124回.Workbookのイベントプロシージャー
Workbookのイベントプロシージャーは、ブックに対し特定の操作(これがイベント)が行われた時に実行されます。イベントは、手動でもVBAでも、どちらで操作が行われても発生します。Workbookのイベントは多数用意されています。

フォーム
挿入したユーザーフォームが全て表示されます。

詳細については、以下を参照してください。
Excelユーザーフォーム入門
エクセル(Excel)マクロ(VBA)をやっていれば、どうしてもユーザーフォームを使いたくなります、使いたくなるというより、使った方が良い場合が出てきます。ただし、ユーザーフォームを使いこなすには、各種コントロールの特性を理解し、イベントについても深い知識が必要になりす。

標準モジュール
標準、つまり、普通にVBAを書く場所になります。
モジュールはいくつでも作成できます。
とはいえ、管理しやすい単位でプロシージャーをまとめて一つのモジュールにしましょう。

クラス モジュール
挿入したクラスが全て表示されます。
詳細については、以下を参照してください。
VBAのクラスとは(Class,Property,Get,Let,Set)
VBAを覚えていろいろ作りながらネットで調べたりしているとクラスやらオブジェクト指向やらという言葉に出くわします。いくら言葉を尽くしてもこれらクラスやオブジェクト指向を完全に説明しつくすことは難しいと思われます。オブジェクトとは 操作対象の事ですと説明されたりしますがまずは何かの物体つまりは対象物と理解すれば良いでしょう。

プロパティ

初期は表示されていますが、「×」で消してしまった場合は、
メニューの「表示」→「プロパティ ウィンドウ」で表示してください。

VBA VBE 参考画像

プロジェクトで選択したオブジェクトのプロパティ(様子・特質・特性・情報)が表示されます。
表示される項目は、オブジェクトの種類ごとに違う項目になります。

シート
VBA VBE 参考画像

プロジェクトに表示される、
Sheet1(Sheet1)
シート見出しの名称(シートのオブジェクト名)
このオブジェクト名は、ここで変更します。

標準モジュールのモジュール
VBA VBE 参考画像

標準モジュールを複数挿入すると、
Module1
Module2
・・・
このように連番で作成されます。
2~3個なら、この名前のままでも良いですが、多くなってくると分からなくなってきます。
適切な名称にしておきましょう。
プロジェクトには文字列順に並べ替えられて表示されますので、
命名する際は、アルファベットおよびカナ漢字等の並び順を意識して付けるようにすると良いです。

その他のウィンドウ

イミィディエイト ウィンドウ
初期は表示されていません。
メニューの「表示」→「イミィディエイト ウィンドウ」で表示してください。

VBA VBE 参考画像

使い方については、後に説明します。

ローカル ウィンドウ
初期は表示されていません。
メニューの「表示」→「ローカル ウィンドウ」で表示してください。

VBA VBE 参考画像

使い方については、後に説明します。

ウォッチ ウィンドウ
初期は表示されていません。
メニューの「表示」→「ウォッチ ウィンドウ」で表示してください。

VBA VBE 参考画像

使い方については、後に説明します。

VBE画面の全体説明の最後に

今回は、VBEの全体構成について、ざっくりと説明しました。
それぞれのウィンドウの使い方や注意点は、次回以降に順次説明していきます。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

VBEの使い方:VBE画面の全体説明
VBEの使い方:ツールのオプション設定
VBEの使い方:ツールバー
VBEの使い方:右クリックメニューとヘルプ
VBEの使い方:ショートカットキーとコード編集
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー
VBEの使い方:デバッグ


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor…Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)
VBAのマルチステートメント(複数のステートメントを同じ行に)|VBA技術解説(10月14日)
VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行位置(行番号)を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月11日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • VBEの使い方:VBE画面の全体説明

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ