VBA入門
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー

VBAの開発環境であるVBEの基本的な使い方
最終更新日:2019-10-05

VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー


VBE(Visual Basic Editor)は、VBAで使われるコードエディタ、コンパイラ、デバッガ、その他の開発支援ツールが統合された開発環境です。
ここではオブジェクト ブラウザーの使い方について説明します。


オブジェクトブラウザーの表示

メニュー「表示」→「オブジェクト ブラウザ」
ショートカットはF2

VBA VBE オブジェクトブラウザー

初期設定では、コードウィンドウの前面に表示されます。

VBAコードの「定義」から
プロパティやメソッドの「定義」からもオブジェクトブラウザが表示されます。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

ただし表示されないものも多いので、使い道は少ないと思います。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

VBA VBE オブジェクトブラウザー

オブジェクトブラウザーの使い方

VBA VBE オブジェクトブラウザー

クラスとはオブジェクトと理解してもらえれば良いでしょう。

検索
指定の文字列を含むクラスが一覧表示されます。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

一覧の行を選択すると、当該のクラスに移動します。
もともとクラスはアルファベット順になっているので、一部の文字で探すことはあまりないでしょう。

検索結果は、VBA VBE オブジェクトブラウザー これをクリックすると消えます。



非表示メンバー
実は、クラスの一覧もメンバーの一覧にも、表示されていないものがあります。
クラスでもメンバーで、どちらでも良いので、右クリックします。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

これで、非表示になっているクラスやメンバーが表示されます。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

少し薄く表示されているものが非表示メンバーになります。
_(アンダーバー)から始まるとは限りませんが、_から始まるものは結構あります。
オブジェクトブラウザーで非表示メンバーを表示しているときは、
VBA入力時のインテリセンスにも表示されるようになります。
VBA VBE オブジェクトブラウザー
非表示メンバーを選択すると、
VBA VBE オブジェクトブラウザー
このように、[ ]が付いて表示されます。
ただし非表示メンバーを使う事はほとんどありませんので、特に覚える必要はありません。

クラスにも非表示がありますが、
滅多に使う事がないので特に意識する必要はないでしょう。

グループ メンバー
最初はABC順になっています。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

右クリックで、「グループ メンバー」

VBA VBE オブジェクトブラウザー

VBA VBE オブジェクトブラウザー

メンバーが、プロパティ・メソッド等でグループ化されて表示されます。

クラスおよびメンバーの見方

調べたいクラスを選択します。

クラスを選択すると、そのメンバーが表示されます。

Windowsで良くある、先頭文字を打つとその位置に飛びます。
クラス一覧のどれでも良いのでクリックした後に、
"R"を打つと、以下のようにRから始まるクラスの位置にジャンプします。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

ちょうどわかりやすい"Range"が先頭なので、これで説明します。
右側に
'Range'のメンバー

と表示され、Activate以下ずらっと出ています。
ここには、Rangeのメンバーが全て表示されています。
メンバーとは、

VBA VBE クラス クラス、モジュール
VBA VBE プロパティ プロパティ
VBA VBE メソッド メソッド
VBA VBE イベント イベント
VBA VBE 既定のメンバー 既定のメンバー(メンバーを指定しない場合の既定となるメンバー)
VBA VBE 定数 定数
VBA VBE Type 構造体 Type(構造体)
VBA VBE Enum 列挙 Enum(列挙)

これらがあり、それぞれアイコンで区別されています。
下には、そのクラスについての説明が表示されます。

VBA VBE オブジェクトブラウザー

RangeはClassであり、Excelのメンバーだと書かれています。

メンバーをクリック選択すると、そのメンバーの説明が下に表示されます。
Addressをクリック選択してみます。

VBA VBE オブジェクトブラウザー
※画像はウィンドウを小さくして表示しています。

Addressは、プロパティ(Property)であり、
引数は、
・RowAbsolute
・ColumnAbsolute
・ReferenceStyle
・External
・RelativeTo
これらがあることが分かります。
[ ]は省略可能な引数であることを示しています。
そしてさらに、「読み取り専用」だということも分かります。
つまり値の取得のみで、値を設定設定することは出来ないプロパティだという事になります。

リンクになっているものはクリックすると、そこにジャンプします。
XlReferenceStyleをクリックすると、

VBA VBE オブジェクトブラウザー

xlA1とxlR1C1が指定できることが分かります。
つまり、
Addressプロパティの引数ReferenceStyleには、XlReferenceStyle列挙を指定できるという事です。

このようにして、オブジェクトブラウザーを使う事で、
目的のオブジェクト・メソッド・プロパティについての詳しい情報を得る事が出来ます。

オブジェクトブラウザーの最後に

マクロVBAで、エクセルのオブジェクトをいろいろと扱っていくと、
そのオブジェクトの情報をより詳しく知りたくなる場合が多々出てきます。
オブジェクトブラウザーは、そのような時には必須の道具となってきます。
オブジェクトの探索方法|ExcelマクロVBA技術解説
VBAを書き進めて行くと、どうしてもオブジェクトの扱い時に分からないことがでてきます、何が分からないかというと、オブジェクトの中の目的の要素をどのように指定したら良いのかということです、オブジェクトの中を探索して、目的の要素にたどり着く方法を説明します。ローカルウィンドウを主体に説明します。

イミディエイトウィンドウローカルウィンドウウォッチウィンドウとともに、しっかり使えるようになっておきましょう。



同じテーマ「VBA入門」の記事

VBEの使い方:VBE画面の全体説明
VBEの使い方:ツールのオプション設定
VBEの使い方:ツールバー
VBEの使い方:右クリックメニューとヘルプ
VBEの使い方:ショートカットキーとコード編集
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー
VBEの使い方:デバッグ


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

SQL関数と演算子|SQL入門(12月1日)
データの取得:集約集計、並べ替え(DISTINKT,GROUP BY,ORDER BY)|SQL入門(11月30日)
データの取得:条件指定(SELECT,WHERE)|SQL入門(11月29日)
データの挿入:バルクインサート|SQL入門(11月28日)
データの挿入(INSERT)と全削除|SQL入門(11月26日)
テーブル名変更と列追加(ALTER TABLE)とテーブル自動作成|SQL入門(11月25日)
テーブルの作成/削除(CREATE TABLE,DROP TABLE)|SQL入門(11月24日)
データベースに接続/切断|SQL入門(11月23日)
SQLiteのインストール|SQL入門(11月22日)
SQL入門:VBAでデータベースを使う|エクセルの神髄(11月22日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|VBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作



  • >
  • >
  • >
  • VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
    掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ