ExcelマクロVBA入門
第123回.APIについて(Win32API)

ExcelマクロVBAの基本と応用、エクセルVBAの初級・初心者向け解説
最終更新日:2019-07-22

第123回.APIについて(Win32API)


一般的にはAPIは、アプリケーションプログラミングインタフェースのことです、
ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様です。


ここでは、Windows標準のWin32APIについて解説します。
APIを使用するには、
まず、Declareステートメントで宣言が必要となります。

Declare ステートメン

ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) の外部プロシージャへの参照を宣言します。
モジュール レベルで使います。

構文 1
[ Public | Private ]Declare****Sub名前Lib"libname" [ Alias "aliasname"] [([ arglist ])]
構文 2
[ Public | Private ]Declare****関数名前Lib"libname" [ Alias "aliasname"] [([ arglist ])] [ **** 型]


構文を見ても、結局何をどうしたら良いのか分からないと思います。
APIごとに引数の指定が違いますし、つまりは引数の指定方法が知りたいはずです。
使いたいAPIのサンプルを書籍やネットで探して、基本的にはそのまま使えば良いでしょう。

Excel 64Bit版の場合
PtrSafe キーワードが必要になります。
ネット等のサンプルは、ほとんどが32Bit版ですので、適宜PtrSafeキーワードを追加します。
また、
アドレス参照(ポインターおよびハンドルを格納する場合) の引数は、
32Bit版では、Long型ですが、
64Bit版では、LongPtr型 または Longlong型になります。

LongPtr型について
32 ビット環境と64 ビット環境で それぞれ以下に変換されます。
32ビットシステムでは、符号付き32ビット (4 バイト) の数値
64ビットシステムでは、符号付き64ビット (8 バイト) の数値
Longlong型について
Longlongは、64ビットでのみ有効な宣言型で、64ビット (8 バイト) の符号付き数値になります。
APIの中には、LongPtr型ではなくLonglong型を指定しなければならないものもあるようです。


Excel2010以降では、32BitでもPtrSafe キーワードを入れることができます。
つまり、2010以降でしか使わないのであれば、
PtrSafe キーワードは必ず入れておけば良いことになります。

APIの使用例

Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)
'64bit版のExcelの場合は、以下のようにPtrSafeを付けて下さい。
'Declare PtrSafe Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)

Sub untilReady(objIE As Object)
  Dim starttime As Date
  starttime = Now()
  Do While objIE.Busy = True Or objIE.ReadyState <> READYSTATE_COMPLETE
    Sleep 100
    DoEvents
    If Now() > DateAdd("S", 10, starttime) Then
      Exit Do
    End If
  Loop
End Sub

Sleepはプログラムを任意の時間だけ待機させることができ ます。
Declare Sub Sleep Lib "kernel32" (ByVal dwMilliseconds As Long)
これで定義し、
Sleep 100
これで、100ミリ秒待機させています。

いろいろなAPIについて

以下のサンプルでは、keybd_eventを使用しています。
全シートの画面キャプチャを取得する(keybd_event)
資料等の作成で、画面キャプチャすることがあると思います。そこで、全シートの画面キャプチャを、新規シートに全て取得するプログラムです。Alt+PrntScrnで、エクセルのウインドウのみキャプチャしています。

マイクロソフトのmsdnで、
よく使われる一部の Windows API をリストし、日本語ドキュメントと英語ドキュメントへのリンクを案内しています。
Windows API リスト
良く使うと書かれていても、膨大な数になっています。
この中から目的の機能を持ったAPIを探すというのは厳しいとは思いますが、いつか役に立つこともあるかと思い掲載しておきます。



同じテーマ「マクロVBA入門」の記事

第120回.OnTimeメソッド
第121回.SendKeysメソッドとAppActivateステートメント
第122回.Shell関数
第123回.APIについて(Win32API)
第124回.Workbookのイベントプロシージャー
第125回.Worksheetのイベントプロシージャー
第126回.入力規則(Validation)
第127回.他のブックのマクロを実行(Runメソッド)
第128回.マクロをショートカットで起動(OnKeyメソッド)
第129回.レジストリの操作(SaveSetting,GetSetting,GetAllSettings,DeleteSetting)
第130回.テーブル操作の概要(ListObject)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAコードの全プロシージャー・プロパィ一覧を取得|VBAサンプル集(10月12日)
VBAでエラー行番号を取得できるErl関数|VBA技術解説(10月12日)
手動計算時の注意点と再計算方法|ExcelマクロVBA技術解説(10月9日)
引数の数を可変にできるパラメーター配列(ParamArray)|VBA入門(10月7日)
VBEの使い方:デバッグ|ExcelマクロVBA入門(10月6日)
VBAにおける配列やコレクションの起点について|VBA技術解説(10月5日)
VBEの使い方:オブジェクト ブラウザー|VBA入門(10月5日)
VBEの使い方:ウォッチ ウィンドウ|VBA入門(10月4日)
VBEの使い方:ローカル ウィンドウ|VBA入門(10月3日)
VBEの使い方:イミディエイト ウィンドウ|VBA入門(10月2日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • APIについて(Win32API)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ