VBAエキスパート対策
シートの操作

Excel VBAエキスパート対策です
最終更新日:2019-08-25

シートの操作


・シートを挿入する
・シートを削除する
・シートに関連する基本的な操作


【ここでのポイント】

シートの操作は、実務では頻繁に使われるものです。
頻繁というより、必ず何らかの形でシート操作が必要になります。

従って、試験問題としても必ず出題されてくるだろうとは思います。
しかし、シートの操作自体は極めて簡単なものなので、他の事と合わせて出題されることも予想されます。
つまり、応用的な使い方を問われる可能性もあるのではないかという事です。

応用力を付けるには、まずはしっかりと基本を学ぶことです。
ここの内容は、全ての項目について漏れることのないように学んでください。

シートを挿入する

シートを挿入するには、
Worksheetsコレクション
または、
Sheetsコレクション
Addメソッドを使います。


WorksheetsコレクションSheetsコレクションの違いは、
ワークシート以外のシートを含むかどうかになります。

Worksheetsコレクションは、ワークシートだけのコレクションです。
Sheetsコレクションは、全てのシート(グラフシート等を含む)のコレクションです。

Sheets.Addメソッド、Worksheets.Addメソッド

Sheets.Add Before, After, Count, Type

Worksheets.Add Before, After, Count, Type



Before 指定したシートの直前に、新しい シートを追加します。
After 指定したシートの直後に、新しいシートを追加します。
Count 追加するシートの数を指定します。既定値は 1 です。
Type ワークシートの種類を指定します。
既定値は xlWorksheet です。
xlChart グラフ
xlDialogSheet ダイアログ シート
xlExcel4IntlMacroSheet Excel バージョン 4 International Macro シート
xlExcel4MacroSheet Excel バージョン 4 マクロ シート
xlWorksheet ワークシート

戻り値
新しいワークシート、グラフ シート、またはマクロ シートを表すオブジェクト型 (Object) の値

Before、After
ともに省略すると、アクティブシートの直前に挿入されます。

Count
複数シートを同時に追加すると、その後のマクロが書きづらくなりますので、
複数シートを追加する場合でも、1シートづつ追加するようにした方が良いでしょう。

使用例.
Sheets.Add

アクティブシートの直前にワークシートが追加されます。

WorkSheets.Add After:=WorkSheets(WorkSheets.Count)

ワークシートの最後にワークシートが追加されます。

シートを削除する

シートを削除するには、
Worksheetオブジェクト
Deleteメソッドを使います。

Worksheet.Deleteメソッド
式.Delete

式は、WorkSheetオブジェクトです
Sheets(インデックス)
Worksheets("シート名")
オブジェクト変数(Worksheet型)
等になります。

使用例.
Worksheets(1).Delete

先頭のシートが削除されます。

しかし、シートを削除すると、
以下のメッセージが表示され、マクロが中断します。

MOS VBA 画像

このメッセージはマクロ実行時には邪魔になります。

Application.DisplayAlerts = False

これを入れる事で、このメッセージが出なくなります。

Application.DisplayAlerts = False
Worksheets(1).Delete

このように使います。

Application.DisplayAlerts = Falseは、
Worksheets(1).Deleteより前に実行されれば、場所はどこでも大丈夫です。

シートに関連する基本的な操作

シートの名前変更

シートのオブジェクト.Nameプロパティ
シートのオブジェクト.Name = "名前"

シートのオブジェクトは、
Sheets(インデックス)
Worksheets("シート名")
オブジェクト変数(Worksheet型)
等々になります。

使用例.
Worksheets(1).Name = "名前"

公式テキストでは、同一シート名があるかについて、かなりのスペースを割いていますが、
以下のVBAコードが読めれば大丈夫でしょう。

Dim i As Long
For i = 1 To Worksheets.Count
  If Worksheets(i).Name = "test" Then
    MsgBox "testシートは存在します。"
    Exit For
  End If
Next


コピー・移動

コピー
式.Copy Before, Afte

移動
式.Move Before, After
式は、WorkSheetオブジェクトです。
Sheets(インデックス)
Worksheets("シート名")
オブジェクト変数(Worksheet型)
等になります。



Before コピーしたシートを特定のシートの直前の位置に挿入するときに、そのシートを指定します。
ただし、引数 After を指定すると、引数 Before を指定することはできません。
After コピーしたシートを特定のシートの直後の位置に挿入するときに、そのシートを指定します。
ただし、引数 Before を指定すると、引数 After を指定することはできません。

備考
引数 Before と引数 After の両方を省略した場合は、

新規ブックが自動的に作成され、シートはそのブック内にコピー・移動されます。

エクセルの操作で、シートの「移動またはコピー」で、新規ブックを選んだ事と同じです。

使用例.
Worksheets(1).Copy

Worksheets(1)だけの、新規ブックが作成されます。

Sheets("シート名").Move After:=Sheets(Sheets.Count)

Sheets("シート名")が、シートの最後に移動されます。


シートの非表示

Worksheet.Visibleプロパティ

設定値

xlSheetHidden ユーザーがメニューで再表示できるワークシートを非表示にします。
xlSheetVeryHidden オブジェクトは非表示になります。
このプロパティに再び xlSheetVisible を設定しない限り、オブジェクトは表示されません。
また、ユーザー側でオブジェクトを表示することはできません。
xlSheetVisible シートを表示します。

xlSheetHidden
通常の非表示です。

xlSheetVeryHidden
通常の操作では、表示する事が出来なくなります。
ユーザーに、絶対に触れてほしくないシートの場合に使用します。

xlSheetVeryHiddenに設定したシートは削除できません

シート削除するには、
xlSheetHiddenまたはxlSheetVisibleに設定する必要があります。

注意
ブックが保護されている場合は、Visibleプロパティの変更はエラーとなります。

使用例
ThisWorkbook.Unprotect
Worksheets(1).Visible = xlSheetVisible
ThisWorkbook.Protect

ブックの保護を解除してから、
シートを表示し、
またブックを保護に戻しています。


以下は、出題範囲に明記されていませんが、
この章で学んでおいた方が良いと思われるものになります。


WorkSheetオブジェクトのメソッドとプロパティ

WorkSheetオブジェクトには、多数のメソッドとプロパティがあります。


WorkSheetのプロパティ、メソッド、イベント一覧

どのくらい沢山あるかを知る意味で、一度見るだけは見ておくと良いでしょう。

試験範囲にも、公式テキストにも書かれていないもので、極めて重要なものがあります。
それは、印刷です。
印刷自体は、WorkSheetオブジェクトだけにあるものではありませんが、
普通に考えて、印刷する時はシートをしていして印刷することがほとんどなはずです。

第71回.印刷(PrintOut)
シートの内容をマクロVBAで印刷する場合は、PrintOutメソッドを使用します。このPrintOutメソッドが使える対象オブジェクトは複数あります、ブック、シート、セル、それぞれにPrintOutメソッドが存在するので、印刷範囲によって使い分けてください。
第72回.印刷プレビュー(PrintPreview)
VBAで印刷プレビューを表示するにはPrintPreviewメソッドを使用する方法とPrintOutメソッドを使用する方法があります。PrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドが使える対象オブジェクトは複数あります。ブックシートセルそれぞれにPrintPreviewメソッドとPrintOutメソッドが存在します。

印刷と、印刷プレビューについては、一通り目を通しておいてください。
試験の出題としては、
PrintOutメソッドのPreview指定と、PrintPreviewメソッド
どちらでもプレビューできるという事は押さえておいた方が良いでしょう。

【業務改善の実務】

実務では、ワークシートの操作とセルの操作は避けて通れません。
と言いますか、その為にマクロを書いているといっても良いでしょう。

試験にでる内容だけでは実務ではかなり不足します。
その為に、試験に受かっても実務で使えないという事の原因にもなっています。

第88回.並べ替え(Sort)
並べ替えは、データ処理の基本中の基本です、乱雑なデータを並べ替えることは、データ処理の第一歩です。マクロVBAで並べ替えを実行するには、シート操作の「並べ替え」の機能を使用することになります。そもそもデータを並べ替えるという事は、そのデータのキーが何かを考えるという事です。
第89回.オートフィルタ(AutoFilter)
オートフィルタはExcelのデータベースとしての非常に強力な機能を提供してくれていますVBAで必要なデータだけに絞り込んで他のシートにコピーしたり不要なデータを一括で削除したりする場合はとても高速に処理することができます。VBAでオートフィルタを操作するには以下のメソッド・プロパティおよびオブジェクトを使用します。

このあたりは、試験としては出しづらい内容なのですが、
実務では必須になりますので、必ず学んでおいてください。

【本サイト内の関連ページ】

第37回.ブック・シートの指定
ここまでのVBA入門ではアクティブブックのアクティブシートだけを扱ってきました。アクティブブックのアクティブシートとは一番手前に表示されているブックの選択しているシートで通常手作業で操作しているシートの事になります。手作業ではアクティブブックのアクティブシートしか扱えませんが(作業グループで複数のシートに同時に操作するのは別の話として) アクティブブック…
第65回.シートの追加、名前の変更(Add,Name)
VBAでシートを挿入(新規追加)したり名前を変更する場合の解説です。シートを挿入すれば大抵の場合はシート名も変更することになりますのでシート挿入→シート名変更この一連のVBAをセットで覚えておきましょう。シートの挿入 VBAでシートを総に優するにはSheets.AddメソッドWorksheets.Addメソッドを使います。
第66回.シートのコピー・移動・削除(Copy,Move,Delete)
シートをコピーや移動をしたりまた削除する場合の説明ですVBAでは雛形シートをコピーして使ったり不要なシートを削除することは頻繁にあります。シートのコピー・移動にはWorksheet.CopyメソッドWorksheet.Moveメソッド これらWorkSheetオブジェクトのメソッドを使用します。
第68回.シートの保護、ブックの保護(Protect)
せっかく作ったExcelシートを間違って壊してしまったり、Excel操作に慣れない人が壊してしまったりしたら困ります。無用な改変、意図しない変更からシートを保護するには、ワークシートを保護します。ただしシートの削除は、シート保護では守れません、シートの保護に対応するには、ブックの保護が必要です。
第69回.シートの非表示(Visible)
ユーザーが操作・閲覧する必要のないシートは非表示にする事で使い易いExcelブックにします。マスタ情報やマクロでのみ使用するデータが入っているシート等で通常使用者が変更することがなく見る必要もないのであればシート保護をするより非表示にしてしまった方がユーザーにとっては使いやすいものとなります。

第17回.セルにブック・シートを指定する
VBAで自動化する時にシートが1つという事はむしろ稀で多くの場合は複数のブック複数のシートを扱う事になりますそこでどのブックのどのシートのセルかを指定する必要が出てきます。RangeやCellsでセルを指定するだけではどのブックのどのシートか分からない… RangeやCellsだけを書いた場合には
第18回.シートをコピー・挿入・削除する
VBAで同形式のシートを大量に作るときは事前に雛形としてのシートを作成しておきそれをコピーして複数シートを作成しますまた新規シートを挿入したり不要になったシートを削除したりとシートを操作することが結構多くあります。■シートのコピー シート名を右クリックするとここで「移動またはコピー」このダイアログ画面での指定方法により

シートの追加・削除(Add,Delete)
マクロでいろいろ処理する場合に作業用のシートを追加しこのシート上で処理した結果を他シートに反映させる等は良く使うテクニックです。以下シートの新規追加です。先頭に新規シートが作成されます。最後に新規作成する場合はSheets.AddAfter:=Sheets(Sheets.Count) となります。
シートの複数選択(Select)
複数のシートの選択方法です。シート名は、「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」とします。まずは、マクロの記録と同じように。シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。
複数シートの印刷(PrintOut)
複数シートの印刷方法です。シートは、ワークシートが「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」があり、その他で、グラフシートもあるとします。ワークシートのみ印刷する場合です。シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。

VBAエキスパート公式テキスト

2019/5/30発売リニューアル版


2019/7/26発売リニューアル版

こちらは必須として購入した方が良いでしょう。
ちょっと高いなーとは思いますが、
書籍を購入することで、学習用データが提供されています。
・サンプルブック
・VBAエキスパート模擬問題
これらが使えるようになります。
このシリーズでは、テキストを読みながら学習していることを前提とします。



同じテーマ「VBAエキスパート対策」の記事

セルの操作
ステートメント
ブックの操作
シートの操作
デバッグデの基礎
マクロの実行
VBAベーシック試験対策まとめ
プロシージャ
イベント
ステートメント(スタンダード)
関数


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

文字列結合&でコンパイルエラーになる理由|VBA技術解説(9月19日)
Byte配列と文字コード関数について|VBA技術解説(8月20日)
PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • シートの操作

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ