ExcelマクロVBAサンプル集
シートの追加・削除(Add,Delete)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2013-05-14

シートの追加・削除(Add,Delete)


マクロでいろいろ処理する場合に、作業用のシートを追加し、


このシート上で処理した結果を、他シートに反映させる等は良く使うテクニックです。


以下、シートの新規追加です。


Sub sample1()
  Sheets.Add

  ActiveSheet.Name = "新規シート"
'  ・・・いろいろな処理

  Application.DisplayAlerts = False

  Sheets("新規シート").Delete

  Application.DisplayAlerts = True

End Sub


先頭に新規シートが作成されます。


最後に新規作成する場合は、

Sheets.Add After:=Sheets(Sheets.Count)
となります。


ActiveSheet.Name = "新規シート"
シート名の変更です。

作業用のシートなら、特に名前の変更は必要ありません。


Application.DisplayAlerts = False

シートを削除するときに出るアラートメッセージの表示を止めています。


Sheets("新規シート").Delete

シートの削除です。



オブジェクト変数を使用すると


Sub sample2()
  Dim NewSht As Worksheet
  Set NewSht = Sheets.Add

  NewSht.Name = "新規シート"

'  ・・・いろいろな処理

  Application.DisplayAlerts = False

  NewSht.Delete

  Application.DisplayAlerts = True

End Sub


こちらの方がスマートでしょうかね。


新規シートを最後に追加する場合は、


Set NewSht = Sheets.Add(After:=Sheets(Sheets.Count))

引数を()の中に入れる必要があります。


オブジェクト変数に直接入れる場合は、このように記述します。


これは、


Sheets.Add After:=Sheets(Sheets.Count)
Set NewSht = ActiveSheet


これと同じことになります。





同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

連続セル範囲の選択

エクセルのVBAでは連続セル範囲の選択は頻繁に行われます。以下ではいろいろな記述方法を紹介します。このような表でデータ部(B3~D7)を選択または消去する方法になります。Subtest1()Range(Cells(3,2),Cells(2, 2).End(xlToRight).End(xlDown)).Select End Sub B3~B2
1行置きにする行挿入(Insert)
A列に連続データが入っているとします。これを1行置きにします。Subsample1()DimiAsLongFori=Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).RowTo1Step-1Rows(i).InsertNextiEnd Sub ポイントは下から行うことです。
シートの追加・削除(Add,Delete)
シートの複数選択(Select)
複数のシートの選択方法です。シート名は「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」とします。まずはマクロの記録と同じように。Subsample1()Sheets(Array("Sheet1","Sheet2","Sheet3")).SelectEnd Sub シート名がわかっていればこれで良いですが
複数シートの印刷(PrintOut)
複数シートの印刷方法です。シートはワークシートが「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」がありその他でグラフシートもあるとします。ワークシートのみ印刷する場合です。Subsample1()Sheets(Array("Sheet1","Sheet2", "Sheet3")).PrintOutEndSub シート名がわかっていれば
重複削除してコピー(AdvancedFilter)
重複データを排除して別シートにコピーする場合です。以下の表で説明します。フィルターオプションを使います。Subsample1() Worksheets(_Sheet1_).Columns(_A:B_).AdvancedFilter Action:=xlFilterCopy,
ブックを安全確実に開く方法(Open)
マクロVBAの中で、他のブックを開く事はよくあります、ブックを開く時、ブックが存在しているか、既に開いてないか これらのチェックをせずに開いてしまうと、マクロがエラー停止してしまいます。ここでは、これらのチェック方法についての具体的なVBAコードを紹介します。
ブックを閉じる(Close)
ブックを閉じる時の処理方法です。まずは、保存して閉じる場合。Subsample1()ThisWorkbook.SaveThisWorkbook.CloseEnd Sub これは、次のように書くこともできます。
他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
他のブックを開いて何らかの処理(転記等)をして閉じる。よくあるパターンですね。簡単にサンプルのみ掲載します。Subsample1()DimstrBookNameAsStringWorkbooks.Open "ブックのフルパス"strBookName= ActiveWorkbook.Name…処理Workbooks(strBookName).Close S…
ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application)
「ブックを開かずにセル値を取得」に関する検索が非常に多いですおそらくExecuteExcel4Macroに関連しているとかもしくは大量のファイルがある為時間がかかってしまうと言うものでしょう。ExecuteExcel4Macroについての簡単な解説は「ExecuteExcel4Macroについて」サンプルを通して
罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)
エクセルでは、罫線を引く事が多いです。この罫線は、以外に処理時間もかかりますし、やり方によっては、VBAの行数も多くなります。とにかく、簡単に罫線を引く方法です。以下の表を作成する場合です。罫線を引く順番等、いろいろありますが、とにかく短いコードにしてみます。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

PowerQueryの強力な機能をVBAから利用する方法|VBA技術解説(8月4日)
練習問題31(セル結合を解除して値を埋める)|VBA練習問題(7月30日)
練習問題30(マトリックス→リスト形式)|VBA練習問題(7月25日)
Applicationを省略できるApplicationのメソッド・プロパティ一覧|VBA技術解説(7月22日)
コレクション(Collection)の並べ替え(Sort)に対応するクラス|VBA技術解説(7月20日)
CSVの読み込み方法(ジャグ配列)|VBAサンプル集(7月15日)
その他のExcel機能(グループ化、重複の削除、オートフィル等)|VBA入門(7月14日)
オートフィルタ退避回復クラスを複数シート対応させるVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
オートフィルタを退避回復するVBAクラス|VBA技術解説(7月6日)
IfステートメントとIIF関数とMax関数の速度比較|VBA技術解説(6月23日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数とデータ型(Dim)|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門
9.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
10.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説



  • >
  • >
  • >
  • シートの追加・削除(Add,Delete)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ