VBAサンプル集
シートの追加・削除(Add,Delete)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-05-18

シートの追加・削除(Add,Delete)


マクロVBAでいろいろ処理する場合、
作業用のシートを追加し、
そのシート上で処理した結果を他シートに反映させる等は良く使うテクニックです。


このような場合に使う、シートの追加と削除についてのVBA例文です。

シートの追加・削除の基本および文法については、以下を参照してください。

第65回.シートの挿入、名前の変更(Add,Name)|VBA入門
・シートの挿入 ・シートの名前変更 ・シート挿入、名前変更の実践例
第66回.シートのコピー・移動・削除Copy,Move,Delete)|VBA入門
・シートのコピー・移動 ・シートの削除

シートの追加・削除のVBA

以下のVBAは、
シートを新規追加し、その後に追加したシートを削除しています。



Sub sample1()
  Sheets.Add
  ActiveSheet.Name = "新規シート"

  '・・・いろいろな処理

  Application.DisplayAlerts = False
  Sheets("新規シート").Delete
  Application.DisplayAlerts = True
End Sub

ブックの先頭に新規シートが作成されます。
ブックの一番後ろに新規作成する場合は、
Sheets.Add After:=Sheets(Sheets.Count)
としてください。

ActiveSheet.Name = "新規シート"
追加したシートのシート名の変更です。
作業用のシートなら、特に名前の変更をする必要もありません。

Application.DisplayAlerts = False
シートを削除するときに出るアラートメッセージの表示を止めています。

Sheets("新規シート").Delete
シートの削除です。

オブジェクト変数を使用したシートの追加・削除のVBA

Sub sample2()
  Dim NewSht As Worksheet
  Set NewSht = Sheets.Add
  NewSht.Name = "新規シート"

  '・・・いろいろな処理

  Application.DisplayAlerts = False
  NewSht.Delete
  Application.DisplayAlerts = True
End Sub

こちらの方がスマート、と言いますか、より良い書き方と言えるでしよう。
なるべくActiveSheetは使わずにVBAを記述したほうが好ましいです。

新規シートを最後に追加する場合は、
Set NewSht = Sheets.Add(After:=Sheets(Sheets.Count))
この場合のVBAの書き方として注意するのは、引数を()の中に入れる必要がある事です。
オブジェクト変数に直接入れる場合は、このように記述します。

これは、以下と同じことを1行のVBAで書いたものになります。
Sheets.Add After:=Sheets(Sheets.Count)
Set NewSht = ActiveSheet

オブジェクト変数の使い方については、以下を参照してください。
第52回.オブジェクト変数とSetステートメント|VBA入門
・オブジェクト変数 ・個有のオブジェクト型とは ・Setステートメント ・Setステートメントの使用例 ・WithとSetの使い分け方 ・Setステートメントの実践的な使い方 ・Is演算子によるオブジェクトの比較 ・最後に

Withステートメントを使用したシートの追加・削除のVBA



Sub sample3()
  With Sheets.Add
    .Name = "新規シート"

    '・・・いろいろな処理

    Application.DisplayAlerts = False
    .Delete
    Application.DisplayAlerts = True
  End With
End Sub

Withステートメントを使う事で、オブジェクト変数を定義する必要もなくなります。
ただし、当然の事ですが、End Withまでしか使えませんので、
新規シートをあちこちで使用する場合には適しません。

オブジェクト変数との適宜使い分けが必要です。

Withステートメントの使い方については、以下を参照してください。
第51回.Withステートメント|VBA入門
・Withの構文 ・Withを使った時と使わない時の比較 ・Withの使用例 ・Withのネスト ・Withを使ったときに気を付けるべき書き方 ・Withの使いどころ ・サイト内の参考ページ



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

連続セル範囲の選択
1行置きにする行挿入(Insert)
シートの追加・削除(Add,Delete)
シートの複数選択(Select)
複数シートの印刷(PrintOut)
重複削除してコピー(AdvancedFilter)
ブックを安全確実に開く方法(Open)
ブックを閉じる(Close)
他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application)
罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ