VBAサンプル集
シートの複数選択(Select)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2020-04-16

シートの複数選択(Select)


複数のワークシートを選択方法です。
いわゆる作業グループになります。


手動では作業グループはかなり注意が必要ですが、
VBAではシートのコピーや印刷等で必要になる場合もでてきます。

複数シートの印刷(PrintOut)
・マクロの記録と同じようにArrayに固定文字で ・シートを順次印刷していく ・シート名の配列を作成して一括で印刷する ・Worksheet.Selectメソッド ・全てのシートを印刷するなら

以下では、シート名は、「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」として、VBAサンプルを記載しています。


マクロの記録と同じようにArrayに固定文字で

まずは、マクロの記録と同じように、Array関数に固定シート名を指定する場合。



Sub sample1()
  Sheets(Array("Sheet1", "Sheet2", "Sheet3")).Select
End Sub

シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。

シート名の配列を作成する

Sub sample2()
  Dim selSht As Variant
  Dim i As Long
  ReDim selSht(1 To Sheets.Count)
  For i = 1 To Sheets.Count
    selSht(i) = Sheets(i).Name
  Next i
  Sheets(selSht).Select
End Sub

上記VBAでは、全シートのシート名を配列に入れています。

selShtは意図的にVariantにしています。
Dim selSht() As String
これでも、この場合は大丈夫ですが、
Arrayはバリアント型を返す関数なので、同じデータ型にしたということです。

※バージョンによっても違いが出てきそうですが、シート以外のSelectではVariantにしないとエラーになる場合があります。

シートのSelectメソッドの引数にFalseを指定する

シートのSelectメソッドには引数があります。

Selectメソッドの構文

Worksheet.Select (Replace)

Replaceは省略可能です。
省略値はTrueです。
Trueを指定した場合は、選択範囲を置き換えます。
Falseを指定した場合は、選択範囲を拡張します。



Sub sample3()
  Dim mySht As Variant
  For Each mySht In Sheets
    mySht.Select Replace:=False
  Next
End Sub

.Select False
これは、それまでの選択を有効に(選択を拡張して)して、Selectします。
手動の場合に、Ctrlを押して選択した時の動作になります。

従って、特定のシートを選択する場合は、
最初のSelectには、Falseを指定しないようにします。

ちなみに、
オートシェイプのShape.Selectにも、このFalse指定は使えます。
ただし、残念ですが、Rangeには使用できません。

全シートを選択するだけなら

Sub sample4()
  Sheets.Select
End Sub

これだけで全シートが選択できます。

コレクションと呼ばれる、○○○sのように最後にsが付くものは、
通常は、○○○s(1)のように指定します。
そして、コレクション全体を指定する場合は、()を省略します。
ただし、その指定でSelect出来るかどうかは、それぞれのコレクションに依存します。



同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

連続セル範囲の選択
1行置きにする行挿入(Insert)
シートの追加・削除(Add,Delete)
シートの複数選択(Select)
複数シートの印刷(PrintOut)
重複削除してコピー(AdvancedFilter)
ブックを安全確実に開く方法(Open)
ブックを閉じる(Close)
他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application)
罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

数字(1~50)を丸付き数字に変換するVBA|VBA技術解説(2022-11-15)
TEXTAFTER関数(テキストの指定文字列より後ろの部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTBEFORE関数(テキストの指定文字列より前の部分を返す)|エクセル入門(2022-11-14)
TEXTSPLIT関数(列と行の区切り記号で文字列を分割)|エクセル入門(2022-11-12)
LAMBDA以降の新関数はVBAで使えるか|VBA技術解説(2022-11-11)
WRAPCOLS関数(1次元配列を指定数の列で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
WRAPROWS関数(1次元配列を指定数の行で折り返す)|エクセル入門(2022-11-08)
EXPAND関数(配列を指定された行と列に拡張する)|エクセル入門(2022-11-07)
TAKE関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を取得)|エクセル入門(2022-11-06)
DROP関数(配列の先頭/末尾から指定行/列数を除外)|エクセル入門(2022-11-06)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.RangeとCellsの使い方|VBA入門
3.変数宣言のDimとデータ型|VBA入門
4.繰り返し処理(For Next)|VBA入門
5.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
6.Excelショートカットキー一覧|Excelリファレンス
7.並べ替え(Sort)|VBA入門
8.エクセルVBAでのシート指定方法|VBA技術解説
9.マクロって何?VBAって何?|VBA入門
10.ExcelマクロVBAの基礎を学習する方法|エクセルの神髄




このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


記述には細心の注意をしたつもりですが、
間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
掲載のVBAコードは動作を保証するものではなく、あくまでVBA学習のサンプルとして掲載しています。
掲載のVBAコードは自己責任でご使用ください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。



このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
本文下部へ