ExcelマクロVBAサンプル集
シートの複数選択(Select)

ExcelマクロVBAの実用サンプル、エクセルVBA集と解説
最終更新日:2013-05-14

シートの複数選択(Select)


複数のシートの選択方法です。


シート名は、「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」とします。


まずは、マクロの記録と同じように。


Sub sample1()
  Sheets(Array("Sheet1", "Sheet2", "Sheet3")).Select
End Sub


シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。



その場合は、


Sub sample2()
  Dim selSht As Variant
  Dim i As Long
  ReDim selSht(1 To Sheets.Count)
  For i = 1 To Sheets.Count
    selSht(i) = Sheets(i).Name
  Next i
  Sheets(selSht).Select
End Sub


上記では、全シートを選択しています。


selShtは意図的にVariantにしています。

Dim selSht() As String

これでも、この場合は大丈夫です。

しかし、

Arrayはバリアント型を返す関数なので、同じにしています。

(バージョンによって、シート以外のSelectではエラーになる場合があります)



こんな方法もあります。


Sub sample3()
  Dim mySht As Variant
  For Each mySht In Sheets
    mySht.Select False
  Next
End Sub


.Select False

は、それまでの選択を有効にして、追加でSelectします。


そうですね、Ctrlを押して選択した時の動作になります。


従って、特定のシートを選択する場合は、


最初のSelectには、Falseを指定しないようにします。


余談ですが、


オートシェイプのShape.Selectにも、このFalse指定は使えます。


ただ、残念ですが、Rangeには使用できません。



しかし、単純に、全シートを選択するのなら、


Sub sample4()
  Sheets.Select
End Sub


これで全シートが選択されます。


コレクションと呼ばれる、○○○sのように、最後にsが付くものは、


通常は、○○○s(1)のように指定します。


そして、コレクション全体を指定する場合は、()を省略するのが基本です。




同じテーマ「マクロVBAサンプル集」の記事

連続セル範囲の選択

エクセルのVBAでは、連続セル範囲の選択は頻繁に行われます。以下では、いろいろな記述方法を紹介します。このような表で、データ部(B3~D7)を選択または消去する方法になります。B3~B2、Ctrl+→、Ctrl+、の範囲になります。
1行置きにする行挿入(Insert)
A列に連続データが入っているとします。これを1行置きにします。ポイントは下から行うことです。上からやると、どんどん下に追いやられてしまいます。(Step2とするのもありですが、普通は下からやりましょう) Cells(Rows.Count,1).End(xlUp).Row これで、最終行を取得しています。
シートの追加・削除(Add,Delete)
マクロでいろいろ処理する場合に、作業用のシートを追加し、このシート上で処理した結果を、他シートに反映させる等は良く使うテクニックです。以下、シートの新規追加です。先頭に新規シートが作成されます。最後に新規作成する場合は、Sheets.AddAfter:=Sheets(Sheets.Count) となります。
シートの複数選択(Select)
複数シートの印刷(PrintOut)
複数シートの印刷方法です。シートは、ワークシートが「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」があり、その他で、グラフシートもあるとします。ワークシートのみ印刷する場合です。シート名がわかっていれば、これで良いですが、シート名が不明な場合は困ります。
重複削除してコピー(AdvancedFilter)
重複データを排除して、別シートにコピーする場合です。以下の表で説明します。フィルターオプションを使います。このマクロは、この指定と同じになりります。似たような方法ですが、コピー部分を自分で記述する場合です。
ブックを安全確実に開く方法(Open)
マクロVBAの中で、他のブックを開く事はよくあります、ブックを開く時、ブックが存在しているか、既に開いてないか これらのチェックをせずに開いてしまうと、マクロがエラー停止してしまいます。ここでは、これらのチェック方法についての具体的なVBAコードを紹介します。
ブックを閉じる(Close)
ブックを閉じる時の処理方法です。まずは、保存して閉じる場合。これは、次のように書くこともできます。Subsample2()ThisWorkbook.CloseSaveChanges:=TrueEnd Sub では、保存しないで閉じる場合。
他ブックを開いて閉じる(Open,Close)
他のブックを開いて、何らかの処理(転記等)をして、閉じる。よくあるパターンですね。簡単にサンプルのみ掲載します。Subsample2()DimwbAsWorkbookSetwb= Workbooks.Open("ブックのフルパス")…処理wb.CloseSaveChanges:=FalseEnd Sub 保存が必要な時は、
ブックを開かずにセル値を取得(ExecuteExcel4Macro,Excel.Application)
「ブックを開かずにセル値を取得」に関する検索が非常に多いようです。おそらく、ExecuteExcel4Macroに関連しているとか、もしくは、大量のファイルがある為、VBAの処理時間がかかってしまうと言うものでしょう。ExecuteExcel4Macroについての簡単な解説は、「ExecuteExcel4Macroについて」サンプルを通して、
罫線を簡単に引く(Borders,BorderAround)
エクセルでは、罫線を引く事が多いです。この罫線は、以外に処理時間もかかりますし、やり方によっては、VBAの行数も多くなります。とにかく、簡単に罫線を引く方法です。以下の表を作成する場合です。罫線を引く順番等、いろいろありますが、とにかく短いコードにしてみます。


新着記事NEW ・・・新着記事一覧を見る

VBAでのCSVの扱い方まとめ|VBAサンプル集(11月9日)
VBAにおける変数のメモリアドレスについて|VBA技術解説(11月8日)
空文字列の扱い方と処理速度について(""とvbNullString)|VBA技術解説(1月7日)
Errオブジェクトとユーザー定義エラー|VBA入門(11月5日)
シングルクォートの削除とコピー(PrefixCharacter)|VBA技術解説(11月4日)
ユーザー定義型の制限とクラスとの使い分け|VBA技術解説(11月3日)
クリップボードに2次元配列を作成してシートに貼り付ける|VBA技術解説(11月1日)
VBAクラスを使ったイベント作成(Event,RaiseEvent,WithEvents)|VBA技術解説(10月31日)
VBAクラスのAttributeについて(既定メンバーとFor Each)|VBA技術解説(10月19日)
VBAの用語について:ステートメントとは|VBA技術解説(10月16日)


アクセスランキング ・・・ ランキング一覧を見る

1.最終行の取得(End,Rows.Count)|VBA入門
2.セルのコピー&値の貼り付け(PasteSpecial)|VBA入門
3.RangeとCellsの使い方|ExcelマクロVBA入門
4.Range以外の指定方法(Cells,Rows,Columns)|VBA入門
5.変数宣言のDimとデータ型|ExcelマクロVBA入門
6.繰り返し処理(For Next)|ExcelマクロVBA入門
7.マクロって何?VBAって何?|ExcelマクロVBA入門
8.ひらがな⇔カタカナの変換|エクセル基本操作
9.空白セルを正しく判定する方法(IsEmpty,IsError,HasFormula)|VBA技術解説
10.セルに文字を入れるとは(Range,Value)|VBA入門



  • >
  • >
  • >
  • シートの複数選択(Select)

  • このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。


    記述には細心の注意をしたつもりですが、
    間違いやご指摘がありましたら、「お問い合わせ」からお知らせいただけると幸いです。
    なお、掲載のVBAコードは自己責任で使ってください。万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。




    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。
    本文下部へ